ラグビー部リレー日記

東大ラグビー部員の一日

投稿日時:2019/02/01(金) 23:27

 この間2人で一緒に浅草花やしきや上野動物園をデートした同期の石田からバトンを受け取りました、新2年の吉田です。



 センター試験も終わり、受験生の皆さんは地に足がつかないような気分で日々を過ごしている頃でしょうか。そんな受験生の皆さんに、僕のある一日を等身大の東大生の日常としてご紹介しようかなと思います。軽く流しながら読んでください。



 



 朝、5時30分起床。高校時代は毎朝チャイムと格闘するほど朝は弱かったのですが、今ではアラームをかけなくても5時30分に勝手に目が開きます。そして7時から全体練習が始まります。一年生は、最初のうちはジュニアコーチと一年生だけで基礎的な練習をします。この日は、パススキル練習などを行いました。練習は9時ごろまで行われますが、この日僕は8時半から始まる1限の数学に出席するために8時過ぎに練習を抜けました。もうちょっと練習していたかったなぁと思いながら、部室に備え付けの温かいお風呂(6、7人入れるくらい大きいです!)に入りさっぱりしてから授業を受けます。東大の授業は1コマ105分もあるのでずっと集中し続けることは大変ですが、途中で大胸筋を交互にピクピクさせて気分転換(ラグビー部あるある?)しながら数学の講義を聞きました。



 続いて、2限は空きコマだったので、この時間はキャンパス内にあるトレーニング室で筋トレをしました。空きコマを有効活用できるととても気持ちが良いですね!筋トレをしてお腹が減ったのは12時頃でしたので、ラグビー部同期と食堂でうどん大盛り、鶏の照り焼き、鯖の塩焼き、冷奴、ブロッコリーとトマトの青じそドレッシングサラダという吉田スペシャル脳筋定食を食べました。乳製品が足りなかったので後から購買でヨーグルトを買って食べました。お腹いっぱいになって幸せです。



 筋肉細胞を再生しながら3限はALESAの授業を受けました。ALESAとは英語で論文を書いてプレゼンをする文系用の授業で、理系はALESSと言います。英語が苦手な僕は優しいネイティブの教員や友人に助けを求めながら何とかやっていました。大学での授業は助け合いが大事ですね。ラグビー部のみんなはとても親身に助けてくれるのでありがたいです。



 さらに続いて4限は囲碁の授業でした。この授業では、ゼロからプロ棋士の方が囲碁を教えてくださいます。最終的にはちゃんと囲碁が打てるようになるのでとても楽しいです!こんな授業があるのも大学のいいところですね。



 16時50分に4限が終わり、5限は授業を入れていなかったのでこれでこの日の授業は終わりですが、この後東大ラグビー部OBの方が運営しているラグビースクールのコーチのアルバイトをやりました。僕は小学1年生の子達のクラスを担当しているのですが、子供達とラグビーを通じてコミュニケーションを取るのはとても楽しいです!教える立場ながらも子供達から教わることも多く、毎回新たな発見があります。



 アルバイトを終え、帰宅したのは19時過ぎになりました。晩飯や家事を済ませ、フリーな時間ができたので趣味の映画鑑賞をしました。この日は、『世界の中心で、愛を叫ぶ』を観ました。当時17歳くらいの長澤まさみがとにかくかわいかったです。森山未來になりたいと思いました。若かりし長澤まさみに心洗われたところで23時に布団へ入り就寝。楽しい一日を過ごせました。



 



 大学生活はとにかく楽しいです!受験生の皆さんは、あと少しの間頑張りきればその分楽しい大学生活が待っています。楽しい大学生活を想像してラストスパート!頑張ってください!!



 次は坊主・歩き方・名前が全てイカツイ同期の甲斐豊にバトンを回します。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2019年4月

<<前月翌月>>
2019/04/25(木) 11:21
対抗戦セブンス
2019/04/19(金) 23:12
Roots
2019/04/16(火) 18:31
コンタクトにおける吉村メソッド
2019/04/15(月) 23:18
恩師
2019/04/07(日) 19:07
絶念
2019/04/03(水) 18:51
折り合い

アーカイブ

ブログ最新記事