ラグビー部リレー日記

三度目の正直

投稿日時:2019/03/08(金) 17:28

部内では不真面目キャラですが、実は高身長高学歴バイリンガルラガーマンという強スペック人間である2年の永山からバトンを受け取りました、3年男子スタッフ太田です。

明後日3/10は東京大学の合格発表日です。新歓期が近づいてきました。
新歓をしていると、男子スタッフという存在はレアな上に高校までラガーマンだったわけでもないので、ラグビー部の男子スタッフとして入部した理由を聞かれることがよくあります。いつも「膝を怪我して自分はプレーできなかったから」とか「サッカーに飽きたから」とか適当に答えてきましたが、実際のところ自分でもあまり明確にわかっていないというのが本音です。
入部理由は自分の存在意義につながっています。今回はこのリレー日記という場をお借りして自分の入部理由、存在意義について考えてみようと思います。

小学校からサッカーを始め、大好きだったサッカーを続けるためにもちろん中学校でもサッカー部に入りました。しかし、大してサッカーが上手いわけでもなく、毎日顧問に怒鳴られ続ける毎日でした。おまけに2年生の時に膝を怪我してしまい、脚を引きずりながら登下校する日も少なくなかったです。病院に行っても『膝を使いすぎて痛んでいるだけ』と言われ、大した治療もせず練習を抜けることもできずどんどん膝は悪化していきました。チームとしても全然勝てずに何の成績も残せずに引退しました。
サッカーがめちゃくちゃ嫌いになり、高校では違う部活に入ると決心しました。

しかし、高校に入学してから特に新しいスポーツを始める気も起こらず、惰性でサッカー部に入りました。中学校と同様に顧問の先生に怒鳴られる日々が続き、相変わらず膝は痛く、正直辛かったです。それでも、試合に勝ちたいという思いはあり、がむしゃらに頑張りましたが、膝の痛みは強くなり、練習に参加しては離脱し参加しては離脱し、の繰り返しでした。練習に参加しないことに賛同してくれる人ばかりではなく、サボり呼ばわりされることもありました。
最高学年になると、持ち前の真面目さを理由にキャプテンに任命されましたが、高校2年の冬の公式戦で結果を出せず、練習に入って抜けての繰り返しではチームに迷惑をかけると思い、選手をやめてコーチ的な存在として活動することに決めました。それからは怪我人としてフィードバック、コーチングに専念するも、最後まで結果は残せませんでした。情けないキャプテンでした。振り返って出てくるのは後悔と自責ばかりです。

中高ずっと勝てなかった部活人生を歩んだせいなのか、大学に入った時点で運動部にしか興味がありませんでした。新しいスポーツで活躍してやろうと意気込んでいました。しかし、冷静になって考えてみたときに、膝は相変わらず痛く、そのせいで身体のバランスはめちゃくちゃになっていることに気づき、運動部を一度は諦めました。
そこで、「男子スタッフをやってみないか」と声をかけてくれたのがラグビー部でした。それから私は吸い寄せられるようにラグビー部に入部しました。

ここまで自分の部活人生を振り返ってみて、何となく答えが出たような気がします。私がラグビー部に入ったのは「勝ちたい」からです。自分がサッカー選手として成し得なかった夢を、今度はラグビー部のスタッフとして叶えたいのだと思います。
逆に言えば、本気で頑張らなければこの部に入った意味がありません。残り約2年、二度と後悔しないように頑張っていきます。

拙い文章、非常に自己満足的な内容のリレー日記になってしまいましたが、自分のモチベーションアップにつながりました。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次は私の憧れの先輩男子スタッフ4年大石さんにバトンを回します。
今年は男子スタッフの新歓も頑張ります!!!
 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2019年5月

<<前月翌月>>
2019/05/20(月) 21:29
いい顔
2019/05/17(金) 23:25
徒然草
2019/05/15(水) 15:04
活気づく
2019/05/11(土) 22:01
新歓
2019/05/11(土) 14:07
For the team
2019/05/10(金) 23:35
当たり前
2019/05/09(木) 13:09
余裕があることの大切さ
2019/05/04(土) 20:07
中途半端

アーカイブ

ブログ最新記事