field.png 1.png 2.png 3.png 4.png 5.png 6.png 7.png 8.png 9.png 10.png 11.png 12.png 13.png 14.png 15.png
1,3 プロップ/PR
PRはフォワードのポジションのひとつで、スクラムの時に最前列で組むフロントローのうちの両端の二人の選手です。番号は左側が1番で右側が3番です。 メインの仕事はなんといってもスクラムで、最前列で体を張ってスクラムを押します。 全ポジションで一番重い選手がなることが多く、パワーを生かしたプレーができます。 フィールドでは走り回ることは難しいものの、近場での強いヒットやポイントサイドのディフェンスなどで活躍します。 またラインアウトでは主にリフター(持ち上げる選手)として活躍し、モールの中心のエッジで体を張ります。(2年 川北)
2 フッカー/HO
HOはスクラムを組む時に、最前列/中央で相手フォワードを組み合うプレーヤーで、スクラムハーフが投げ入れたボールを足でかきだす(フッキング)役割を担います。 番号は2番です。 左右プロップと同様にがっしりした体型の人が向いていますが、スクラムをコントロールし、ボールを足で扱わないといけないので、器用さも求められます。 また、ラインアウト時にボールを投げ入れ役(スローワー)となることの多いポジションでもあります。 故にHOはスクラム、ラインアウトと言ったセットプレーにおいて中心的な役割を担うポジションです。 フッカーはフロントローとしての力強さを兼ね備えつつもスクラム、ラインアウトを操る器用さが必要とされる魅力的なポジションなのです!(2年 文)
4,5 ロック/LO
スクラムの二列目でフロントローを押し込むポジション。 フロントローの後ろに位置することから、セカンドローとも呼ばれる。 ラインアウトではボールを確保するためのジャンパーとしての役割を担うことが多く、モールを組む際には核となってフォワードの動きを統率する。 スクラムやモールで体ごと前進していくパワーが要求される。また空中で相手とボールを争奪するため身長が高い選手が向いている。
6,7 フランカー/FL
スクラムでロックの横についてプロップを押すポジション。 スクラムから真っ先に飛び出して、フィールドでのボール争奪に参加する。 スクラムでの組み合いに直接は参加しないため、小柄な選手でも大いに活躍できる。 ディフェンス時にはタックル、アタック時にはバックスのサポートプレーと、攻守にわたってフィールドを走り回る持久力が要求される。
8 ナンバーエイト/NO8
スクラムの最後尾でフォワードとバックスの中継をするポジション。 フランカーと同様にフィールドでのボール争奪を主な役割とするが、スクラムから直接ボールを持ちだして攻撃に参加したり、バックスのキック処理をサポートしたりと、他のフォワードには求められないバックスとの連携も大きな役割となる。 状況を把握しながらプレーを選択する必要があるため、接点で相手に勝つパワーやスピードだけでなく、判断力まで含めた総合的な力が求められる。
9 スクラムハーフ/SH
スクラムハーフはスクラムや接点で確保されたボールを供給するポジション。 パスやキックを駆使して攻撃をコントロールするため、アタックの司令塔と呼ばれる。 キックやパスの高い技術だけでなく、相手の隙をついて自ら走り、ディフェンスラインを突破する走力、次に行うプレーを選択する判断力、エリア全体を把握する広い視野など総合的な力が求められる。
10 スタンドオフ/SO
フィールドで最初にボールを受け取り攻撃の起点となるポジション。 パスやキックを駆使して攻撃をコントロールするため、アタックの司令塔と呼ばれる。 キックやパスの高い技術だけでなく、相手の隙をついて自ら走り、ディフェンスラインを突破する走力、次に行うプレーを選択する判断力、エリア全体を把握する広い視野など総合的な力が求められる。
12,13 センター/CTB
バックスの攻守の中心となるポジション。 アタックの際にはスタンドオフからボールを受け取り、ウイングへのパスを中継するだけでなく、自ら相手のディフェンスラインに切り込んで突破する役割を担う。 ディフェンスの際には相手を突破させない激しいタックルで相手の攻撃を防ぐ。 単純なスピードやパワーだけでなく、相手を翻弄するラン技術、攻撃を継続するパス技術、相手を確実に倒しきるタックル技術など様々なスキルが求められる。
11,14 ウイング/WTB
アタックラインの外側でパスを受け取り、フィールドを駆け抜けるポジション。 スピードだけでなく、巧みなステップや相手の裏にキックする技術を用いてトライを量産する。 ディフェンスではラインの外側から相手の状況を把握し味方に伝達する。 またキック処理も大きな役割の一つである。足の速さはもちろん、視野が広く、器用な選手が向いている。
15 フルバック/FB
チームの最後尾で自陣を守るポジション。 相手からのキックを蹴り返して自陣を挽回するのを主な役割とする。 相手が突破してきた際には最後の砦としてタックルをし、 攻撃の際にはアタックラインに参加して相手ディフェンスラインに間隙を生み出すなど、攻守にわたって高い能力が求められる。 また全ポジション中最も視野が広いため、個人の能力だけでなくディフェンス全体を統率する力も要求される。 ディフェンスが上手く、キック力がある選手が向いている。

お問い合わせ

東京大学運動会ラグビー部   勧誘担当 森下幸志朗

〒153-0041 東京都目黒区駒場3-8-1 

東京大学駒場キャンパス内ラグビー場

E-mail:turfc2017.recruit@gmail.com

236.jpg