■東京大学ラグビー部の歴史
 
1921年
故香山蕃氏を中心として東京帝国大学ラグビー部誕生。
翌年には正式発足。
1925年 部歌の誕生。
1928年 慶、早、東、明、立の5大学リーグ戦(後の関東大学対抗戦)が始まる。
1930年 日本代表初の海外遠征に監督として香山蕃、選手としても東大から3名が選出される。
1944年 戦争により試合全面中止。
1946年

関東大学戦で明大と慶大と同率優勝。
1957年 関東大学対抗戦がA,Bの2ブロック制に(63年廃止)。
1967年

関東大学ラグビーが対抗戦グループとリーグ戦グループに分かれる。
東大は対抗戦でこの年3勝5敗。
1969年 学生紛争により入試中止、新入部員なし。
1976年 女子マネージャー誕生。
1987年

新部室完成。対抗戦では慶応に勝つなど5勝をあげる。
1997年 関東大学対抗戦が2部リーグ制となる。
2000年
関東大学対抗戦一部で日体大、青学大に勝利し二勝をあげる。
2002年 入れ替え戦に敗北、史上初の二部降格。
2006年
関東大学対抗戦2部リーグに所属。
2006年春に駒場グラウンドが人工芝化。 

※(東京大学ラグビー部70年史より写真転載)