受験生応援企画

<<前へ
rss

受験を振り返って

 written by 橋野 渚 投稿日時:2021/01/17(日) 16:00

いつもラインの一番後ろから頼りになる指示を声を張り上げて出している先輩の甲斐さんからバトンを受け取りました、新2年の橋野です。実は私は出身校のOBOGガイダンスのような企画にまだ呼ばれたことがないので、受験生に向けた企画で文章を書くのがこれが初めてであったりしますが、私の文章が受験生の皆さんの助けに少しでもなれば幸いです。

まず、受験生の皆さん共通テストお疲れ様でした。共通テストが初めての実施である中で、様々な混乱があって大変だったと思います。これからは2次試験の勉強を頑張ってください。私も安富と同じで受験や合格体験記は千差万別、十人十色のものだと思っているので、受験生の時はおすすめの参考書や勉強法などを紹介しているような合格体験記は参考書や勉強法に対する先入観が入らないように読まないようにしていました。そこで、ラグビーと受験どちらにも共通して言えることである心の持ち方を中心として自分の体験を振り返って書いてみたいと思います。

私はラグビーの試合前では笛が鳴る直前まであまり緊張をしない性格なのですが、受験の際もギリギリまで緊張しませんでした。しかし、2次試験の直前で当然と言えば当然なのですが受験勉強の可否がここで決まると思うとその緊張はかなり強く試験前にこのままではいけないと焦ってしまうほどでしたが、幸いなことに試験が始まると適度に落ち着くことができました。これは、本番の問題を見たときこれまで何回も解いてきた過去問を思い出してそれらを解くのと同じようにすればいいと思えたことにあると思います。結果的に適度な緊張のおかげでいいパフォーマンスを出すことができました。このように、意外に緊張は試験が始まると解けることもあるので受験生の皆さんは過度な緊張で焦らずこれまでの自分の勉強を思い返してみてみるといいかもしれません。

また、受験前は体調に気をつけてください。私は2月の前半に風邪を引いてしまい自分が思い描いた通りに勉強を完遂することができませんでした。このようなことがあると学習面よりも精神面にきついものがあるので、現在の社会情勢の面からも体調には細心の注意を払うようにしてください。それでも体調を崩してしまった時でもこれまでの皆さんの努力はきっとそのくらいのことなら裏切らないと考え、最後までやり切ってください。私はそう自分に思い込ませて精神を安定させました。

最後に、皆さんがラスト1ヶ月の受験勉強を最後まで自分を信じて駆け抜けることができることを願います。苦しい時もあるかと思いますが、1つの目標に向けて全力で邁進した経験はこれからの皆さんの糧になるでしょう。4月に駒場で皆さんに会えることを楽しみにしています。

次は新3年生の先輩の五島さんにバトンをまわしたいと思います。五島さんの受験生時代のお話を聞いたことがないので、私も五島さんの文章を読むのを楽しみにしています。

Control the Controllable

 written by 甲斐 豊 投稿日時:2021/01/13(水) 20:59

去年、コロナ自粛中にも関わらず早い時期から入部を決めてくれた安富からバトンをもらいました、新4年の甲斐です。夏、合流直後にも関わらず上級生に混ざり練習についてくる姿に驚き「1年生なのにすごいね」と声をかけたとき、「早く『1年生なのに』がとれるように頑張ります!」と頼もしく返してくれた姿が強烈に印象に残っています。
 

1月9日、今年度の対京都大学定期戦の中止が発表されました。新型コロナの感染拡大や、遠征に伴うリスク、社会的責任などを総合的に考えた上での判断でした。この決断はいまの社会状況をみれば避けられないものだったし、100%正しかったと思います。それでも僕自身、4年生ともっと一緒にプレーしたかったし、楽しみにしてくださりサポートしてくださた家族やOBの方々を思ってもやはり残念なことです。何より、京大戦が引退試合となるはずだった4年生の気持ちは計り知れません。
一方で、こんな状況でも4年生は前を向こうとしていました。大学の指針で課外活動が原則禁止となる1月11日の前日、1月10日に卒部イベントと称して急遽タッチフット大会を企画してくれました。感染状況等の事情で来れない部員もいて全員が揃うことは叶いませんでしたが、シーズン最後の日に楽しいひと時が過ごせたのは、突然引退が決まっても最後まで前を向いて引張ってくれた4年生のおかげだったと思います。
 

“control the controllable”という言葉があります。ざっくり意味を説明すると、「世の中には自分の力ではどうにもならないこともあるが、大切なのは自分の力で制御できる部分とどう向き合うかである」といった感じでしょうか。新型コロナの流行により、世の中には自分の力ではどうにもならないことがたくさんあることを私たちは嫌という程思い知りました。新型コロナで練習ができなくなったとき。目標としていた入替戦がなくなってしまったとき。京都大学との定期戦が中止になったとき。それでも、今年の4年生は常にそのときできることにフォーカスしてチームを導いてくれました。グラウンドで活動できた時間が短かったのにも関わらず例年以上に充実したシーズンが過ごせたのはまさに”controlled the controllable”を体現してくれた4年生の力が非常に大きかったです。本当にありがとうございました。
 

さて、受験生のみなさんは週末に共通テストを控え、勉強もいよいよラストスパートに差し掛かろうとしている頃でしょうか。今年の受験生はセンター試験の終了、共通テストの導入、新型コロナによる不安など、自分が大学を受験した3年前とは比較にならない困難に直面していることと想像します。しかしこのような状況でこそ、自分にコントロールできる部分に集中し、踏ん張れた人が合格を勝ち取ることができるのだと思います。最後まで諦めずに頑張ってください。4月、駒場の何処かで、願わくばラグビー場で、皆さんに会えることを願っています。
 

「受験生応援企画」にも関わらずほとんどを受験と関係のない話をしてしまいすみませんでした。次は小柄ながらもスピードと鋭さで上級生FWにも劣らないパワーをみせる新2年の橋野にバトンをまわします。受験を去年終えたばかりの彼ならもっと「受験生応援企画」にふさわしい文章を書いてくれることでしょう。

受験体験記

 written by 安富 悠佑 投稿日時:2021/01/09(土) 18:11

明けましておめでとうございます。新2年の安富悠佑です。本年も東大ラグビー部の応援をよろしくお願いいたします。

東大ラグビー部は、受験生応援企画として、約2か月間受験生の皆さんへの文章を投稿します。東大ラグビー部には様々な種類の人物が在籍しているので、きっと読者の皆さんの気に入る文章があると思います。勉強時間の合間にでも読んでいただけましたら幸いです。



このような場所では合格体験記を書くのが鉄板です。しかし、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉通り、そこに書いてあることは千差万別で、個人的に好きではありません。ということで、現役時の不合格体験記を書こうと思います。


①部活と勉強がどっちつかずになってしまった
 私の高校のラグビー部は、基本的に春の関東大会で3年生が引退する人が多いです。私も初めは春で引退するつもりでした。しかしラグビーをまだやりたいという思い、チームの人数がギリギリ足りない状況などから、週に2~3回部活に参加するという何とも中途半端な事になってしまいました。今思えば、どうせならフルで部活に出て最初から浪人覚悟で臨むべきでした。もっとも、その場合浪人しても受験に失敗するかもしれませんが、それもまた良い経験になったことでしょう。

②睡眠時間不足
 特に睡眠時間を削ってまで勉強する、という殊勝なことはしませんでしたが、高校生の時は平均6時間睡眠(昼寝抜き)でした。そのせいで授業中に睡眠をとることが多くなったり、部活のパフォーマンスに影響が出たりと悪いことづくめでした。しかし、これは人それぞれの体質によると思うので、四当五落(睡眠時間が4時間の人が受かり5時間の人が落ちるという意味の四字熟語)の精神で頑張るのもよいと思います。

結局人それぞれという元も子もないことを書いてしまいましたが、部活動が好きな人は、①の事例のように中途半端な事をすると結果がどうであれ後悔する、ということは多くの人に当てはまると思います。私も今後の人生ではやり切れるよう頑張りますが、受験生の皆さんも何事であれ思いっきりやり切ってください。そうすれば、結果如何にかかわらず終わった後残るものは大きいでしょう。

次は、グラウンドの内外問わず非常に頼りになる先輩である甲斐さんにバトンを回します。甲斐さんは来年度最高学年ということもあり、この受験生応援企画でも素晴らしい文章を書いてくださること間違いありません。
 

控室から舞台袖へ

 written by 財木 一多 投稿日時:2020/02/24(月) 00:39

どうもイキリの天才こと財木一多です。笑
ほかの部員に「イキってんな~」と言われるより、普段物静かな内藤に「財木イキっとんな…笑」とボソッとニヤニヤしながら言われる方がよっぽど堪えますが、彼の悪い笑顔はなんだか憎めず、それがより一層腹立たしいです。内藤が親しみを覚えてくれていると好意的に解釈して毎日自分を抑えています。

内藤の紹介通り、僕がこの受験生応援企画の締めくくりを務めることとなりました。
この企画の締めくくりに相応しい風の文章が書けていたら幸いです。
 

受験生の皆様、そして保護者の皆様、まずはこの一年間お疲れ様でした。
この一年間の受験期間もひとまずは明日・明後日の二日間で終わります。

当たり前のことですが、受験期、受験生は皆「学力」という一つの指標でのみ測られてしまいします。
どんなに運動が得意でも、どんなに絵が上手くても、勉強ができなければ意味がない。
勉強以外のことをするにしても罪悪感が付きまとう。
そんな世界で一年間も戦うのは物凄くストレスで(逆にこの上ない多幸感を得る人も一部いるとは思いますが)、ようやくその緊張に終わりが見えた今、少々の高揚感と不安で勉強に手がつかない人が多いのではないのでしょうか。
今思うと、現役の時も、一浪のときも2月24日ほど勉強に手がつかず、ただ机の前で無為に時間を過ごしていた日はありませんでした。
その長く辛かった受験期も、今日を入れてあと三日で終わってしまいます。

受験生活を通じて学んだことの一つに「辛いこともいつかは終わる」というものがありました。
受験期間に入る前、誰しもが一度は「こっから一年も勉強しなきゃいけねえのかよ…」などと思ったのではないでしょうか。
僕自身、浪人が決まったとき、周りはバラ色の大学生活を送るというのに僕はもう一年間も参考書とにらめっこしなきゃいけないのか、と気が遠くなるような思いを抱きました。
今では、勉強以外なにもしなくていいという環境はとても恵まれていたのかな(もう一度経験するのは懲り懲りですが。笑)、とも思えますが、当時の僕にはそんな結論に至るほど余裕が無かったことは言うまでもありません。
辛い時間をも楽しめれば幸せなのでしょうけれど、そう上手く行かないと思います。
なので「終わらせる」ことを第一に残り少し踏ん張ってみてください。


そして保護者の皆様、この一年間、というより、今までの育児生活おつかれさまでした。
明日明後日が無事終わり、春に大学生となると、もう早起きしてお弁当を作ることも、なかなか連絡を返さない子供たちに合わせて夕飯やお風呂を用意したりすることも無くなるかと思います。
大学生活が始まると生活のリズムが変わってしまうため、実家暮らしでも会話は少なくなってしまいます。
一人暮らしを始めてしまったら尚更です。
東大合格が決まった際の、涙ぐんだ母親の、「育児終わっちゃったんだ…」という呟きは今でも痛いほど覚えています。
保護者の皆様、僕が言うのもなんですが、残りあとわずかな時間、最後の子育てを楽しんでいただけたら、と思います。笑


最後に、幸せとは相対的な評価でしかありません。
受験期が辛いのは充実していた自分の高校生活と比較して単調で彩りが無い日々を過ごしたからです。
浪人が辛いのは周りの友達と比較して自分の置かれている境遇が惨めで味気ないからです。
今後の人生においても、受験期の一年ほどモノトーンな日々はそうそう無いんじゃないかなと弱冠二十歳はぼんやりと思っています。笑
そしてこの一年間を乗り越えた受験生であれば明日明後日の試験も、今後待ち受けている色々な試練もきっと乗り越えられるのだと僕は強く思います。

受験生の皆様、明日明後日、最後のひと踏ん張りです。
「百里を行く者は九十を半ばとす」ともいうように最後の最後まで気を抜かず戦ってきてください。
上手くやろうとしてなくていいと思います。いつも通りで。
皆さんが合格し、笑顔で2020年の春を迎えられることを切に願い、
そして皆様のキャンパスライフに僕たち東大ラグビー部が彩りを加えられたらと心から思います。
 

心の持ち方

 written by 内藤 晴紀 投稿日時:2020/02/19(水) 23:28

 筑駒時代は、体育祭で黄組団長、文化祭でディレクター、サッカー部で初代シャワー室長などたくさんの役職をこなして青春を過ごした國枝からバトンを受け取りました、新2年の内藤です。彼は練習中いつも声を出し周りを盛り上げ、私も見習いたいと思います。
 
 
 花粉で目薬が必須となり、少しずつ気温も上がって練習中ウィンブレを脱ぐ時間も長くなりつつある今日この頃、二次試験まで一週間を切りました。このリレー日記を読んでくれている受験生はきっと、志望校合格に向けたラストスパートをかけていることでしょう。自分の信じる勉強法で挑んでください。今回の私のリレー日記では二次試験まで残りわずかということで、受験本番までの心の持ち方について書こうと思います。
 
 
 人間、ポジティブな性格の人もネガティブな性格の人もいるように、受験生にも自分は絶対に受かると思う人と、自分はどうせ落ちると思う2種類の受験生がいると思います。ちなみに私は後者でした。
 
 この2種類の受験生は、性格は違えど同じだけ努力すれば同じだけ成長できます。努力は報われる、とよく言いますが、より努力したものが最後に勝ちます。これは受験だけでなくスポーツの世界でも同じですよね。私は受験本番までの心の持ち方次第で、努力できる量が大きく変わると思います。
 
 自分は絶対に受かると思っている人は精神的にも安定できて、正直言って有利です。ポジティブな人はスポーツの練習中でも失敗を恐れず果敢に挑戦して上達も早くなります。この考え方は私の見習うべきところです。ポジティブ受験生に私が伝えておきたいことは、油断をしないことです。絶対受かると考え油断して努力を怠ると、周りの受験生に追い抜かれ、本番でも集中力にかける危険があります。
 
 自分はどうせ落ちると考えてしまう受験生には、決して努力をやめないように考えてほしいです。適当にマークしたらたまたま全部合ってたり、見たことある問題が出たりするかもって考えてもいいです。三方くんのリレー日記のように、浪人して来年受けるときのために努力しようでも構いません。ちなみに私はひねくれた性格だったので、報われない努力だってあることを証明してやる、と思ってだれにも負けないくらいに勉強しました。
 
 最後に受験生の方、体調だけは気をつけてください。大学生になったら1日にプロテインを5杯も6杯も飲むような生活が待っているかもしれませんが、今だけは暴飲暴食せず健康面を気遣ってください。
 
 
 忙しい中、最後までお読みいただきありがとうございました。次はイキりの天才財木にバトンを渡します。彼なら受験生応援企画を締めくくりとしてふさわしい風の文章を書いてくれるはずです。
 
«前へ

ブログ最新記事