受験生応援企画

rss

合格体験記?

 written by 笹俣 凌 投稿日時:2020/01/14(火) 15:20

 
榎園琴音さんから日記を引き継ぎました、新2年の笹俣凌と申します。彼女から長々と紹介文をいただき、テンションMAXの今日この頃であります。榎園さんは朝練がある日は朝4時に起床する上、自身でお弁当まで作って登校するそうで、自己管理の徹底した才色兼備womanという印象です。惰眠と暴飲暴食を貪り尽くす私も是非見習わなければと思います。 



 さて、私は何かと合格体験記?を書かせていただく機会が多いのですが、浪人してなお紙一重で東大に合格した私の使命は、ひとえに受験生を勇気づけることなのだと思います。この場では、私がいかに成績不振であったかや、受験勉強の心得等について、主に3点触れます。



【浪人時の成績】

実戦・OP :BBDD

センター試験:776点/900点

本試:258点/440点(文科3類)



正直、自分の成績を晒すのはラグビー部の同期にも見られてしまうのであまり気が進まないのですが(笑)、受験生の皆さんを勇気づけるべく載せました。本試はまずまずの出来ですが、他はお世辞にも良いとは言い難いですね。しかし、当然、私も取りたくてこの点数を取ったのではなく、これが努力をした結果です。しかしその努力が間違った方向に向かっていたのではないかと今になって思います。ここで言いたいのは、成績を上げるには「正しい」「努力」が必要なのだということです。いわば数学におけるベクトルのように、「方向」と「大きさ」が揃うことではじめて大きな成績上昇が期待できるのだと思います(伝えたいことその①)。皆さんも今一度、自身の勉強の質と量を見つめ直すと良いかと思います。



さて、現在センター試験を約1週間後に控えており、皆さんはセンター対策に注力していることと思いますが、去年の私も例外ではありませんでした。しかし、本番は英数国全てでコケてまさかの776点…。当然、センターリサーチはぶっちぎりのE判定でした。この時点でモチベーションはだだ下がりし、かろうじて惰性で勉強していた私ですが、2次試験は火事場の馬鹿力で合格。ここでは、センター試験は足切り点さえ越えれば単なる景気づけでしかないことをお伝えします(伝えたいことその②)。東大は2次試験が勝負であることはよく言われますが、現実にセンター試験でこのような点数を取ってしまうと、なかなか立ち直り難いものです。しかし、少し理性的に考えてみれば、776点は他の平均的な受験生と比べればたった5点のビハインドに過ぎません。リスニング3問で軽く跳ね除けることができます。センター試験は良ければ良し、悪くても全く気にせずに切り捨てるべきでしょう。



最後に、私が2次試験で力を発揮できた理由を述べたいと思います。それはずばり、勉強以外の面で気を遣ったからなのだと思います(多分)。食事、睡眠の質は無論、起こりうることを想定して些細なことまで入念に準備しました。万全の準備は心の整理にも繋がるようで、不安感も払拭できるのではないでしょうか。世界史で解答用紙を間違えて第2問を全て書き直す羽目になった時も、冷静に対応することができました。合不合は必ずしも本人の実力のみが物を言うわけではなく、当日の調子にも大きく左右されるのかもしれません。また、その調子はある程度自制することができます(伝えたいことその③)。



以上、ありがちな合格体験記?になりましたが、参考になれば幸いです。皆さんと一緒にラグビーをできる日を楽しみにしています。



次は、筋肉兄貴こと、同期の三方優介君に日記を引き継ぎたいと思います。彼は、今年の花園で好成績を残した浦和高校の出身で、まさにラグビーエリートといった感じです。そのせいか未経験の私によくマウントを取ってくるので、困ったものです。ヤレヤレ…。
























 

雲のあなたは

 written by 榎園 琴音 投稿日時:2020/01/14(火) 15:17

あけましておめでとうございます。新2年スタッフの榎園琴音です。本年も東大ラグビー部の応援をよろしくお願いいたします。

 

さて、最後のセンター試験まで残すところもわずかとなりました。東大ラグビー部は、シーズンインまでの約1ヶ月の間、受験生の皆さんを応援するリレー日記を繋ぐことにしました!書くのは主に新2年生となります。読んでいる受験生のモチベーションが上がるような内容となるよう一同頑張りますので、勉強時間の合間にでも読んでいただけましたら幸いです。

 

 

塾で大変お世話になった先生のお気に入りで、それに感化されてわたしも大好きになった短歌に、次のようなものがあります。

 

 

冬ながら 空より花の散りくるは 雲のあなたは 春にやあるらむ

 

 

古今和歌集に収録されていて、清少納言の曽祖父である清原深養父という人が詠んだものです。

 

空から降ってくる雪を花に見立て、空に重苦しく広がる雲の向こう(=あなた)は、花咲きみだれる暖かな春なのかなあ…?と、春への憧れをうたったものだそうです。

 

この歌を皆さんにご紹介したかった気持ちもさることながら、今回は、実際にわたしがたどり着いた春について詳しく書かせていただこうと思います。


 

受験勉強がつらくなったとき、わたしはよく自分の大学生活を妄想していました。
 

まず、大学生といえば幅広い人脈。広大なキャンパスで知り合うたくさんの友達。様々な人間関係を育み、毎日色んな友達と遊びに行く、そんな大学生活を想像していました。
 

 

確かに、大学生になってから、驚くほど多くの人との出会いがありました。1日でラインの友達が100人近く増えたこともあります。様々なバックグラウンドを持つ個性的な人達の出会いはとても眩しいものでした。しかし、その人たちとの交流が今続いているかといえばそんなことはなくて、せいぜいすれ違った時手を振るぐらいです。大学での人間関係は意外と希薄なものでした。
 

 

受験直前期、社会がまったく間に合っていなかったので、死守していた最低睡眠時間は5時間程度でした。受験が終われば思う存分寝れる!と日々自分を励ましていました。

 

ラグビー部は基本的に朝練なので、神奈川の実家から大学に通うわたしの起床時間は4時!しかも、就寝時間はほぼ変わらなかったので、死守したい最低睡眠時間は4時間に後退しました。受験生の頃の方がよっぽど寝ていました。

 

そして、東京大学の前期教養課程について。1、2年生の間様々な学問に触れ、その上で進む学部を決められるカリキュラムに魅力を感じ、あんな授業やこんな授業を受けてみたいな!とワクワクしていました。
 

 

たしかに前期教養課程では進む学部の専門分野に縛られず、様々なことを勉強できるのですが、進振りは点取り合戦。受けてみたい授業よりもいい点数が出やすいと噂の、正体のよくわからない授業を履修登録してしまうことが、1年を通してよくありました。

 

 

 

なんだか思い描いていたのとちょっとちがっていました。


 

 
 

でも、春は思い描いていた以上のものをわたしにくれました。

 


 
 

広い代わりに思ったよりも希薄なコミュニティの中心部にある、狭くて深い部分。そこで出会った人たちは、高校生の時には想像することさえできなかった高いポテンシャルを持つ、とても魅力的な人たちでした。彼らとの交流の中で、日々刺激を受けているのもまた事実です。東大に来なければこのような人たちに巡り会えたか定かではありません。そして、広すぎるコミュニティを持て余し、日々をなんとなく過ごす時間よりも、限られた人たちとの交わりを大切にし、強い信頼関係の中で笑って、泣いて、全力で生きる。そんな時間の方を愛したいとも思います。
 

 

しんどい早起きをするからこそ、朝早くから充実した意義ある時間を過ごすことができ、そのあとの長い1日の中でたくさんのやりたいことができるのもまた事実。10時にひと仕事終えて、そこからまた1日が続いていくのと、10時にやっとベッドから起きだして1日を始めるのとではだいぶ訳が違います。正直なところ、冬オフ中の今は惰眠をむさぼっていて、起床時間が9、10時になってしまうこともしばしばなのですが、やっぱりわたしは4時起きの自分の方が好きです。
 

 

楽に単位が取れると聞いて、内容もよく把握せずにとりあえず取った、割とどうでもよかった分野の授業になんと大ハマりしました。高校時代に、こんなことが勉強できたら楽しいかもしれない、なんて思っていたことが段々どうでもよくなってきて、急に目の前に現れたその分野を専門とする学部に行くことを考え始めた、なんていうこともまた事実です。これは、初めから学部が決まっていて、自分の学部に関する勉強を1年目から中心的に行う他大学ではきっと起こりえなかったことであって、進振りの意義はこんなところにもあるのかなあと勝手に思っています。
 

 

なんやかんやで、今とても充実しています。東京大学に合格できて、そして入学して良かったと心から言えます。

 

春はすぐそこです。本当に、手を伸ばせば届くようなところまでやって来ています。でも、まだ雲の向こうです。雲があるからまだよく見えなくて、どんなものなのか実態が掴めません。だから、春にたどり着いたとして、思い描いていたのとまったく同じ春になるかはわかりません。
 

 

でも、間違いなくそれは春なのです。素晴らしい春です。長かった受験勉強のつらさを少し忘れてしまうぐらいに、世の中にこんな世界があったのかと感動するほどに、心震えるような暖かい春です。

 

東大に合格したあとに起こる様々な出来事を楽しみにしていてください。わたしは毎日が、「えーーー!」と叫びたくなるような驚きと興奮の連続でした。東京大学は、いい意味で皆さんの期待を裏切ってくれるような、そして、皆さんの想像を上回る収穫を与えてくれるような大学だと思います。


 
 

皆さんが本番で実力を出し切れることを心からお祈り申し上げます。

 

 

次は、同期イチ存在感のある笹俣にバトンを渡します。その大柄な体格と強面がアウトレイジ系であると評判になったり、ある局面で女子スタッフの用心棒役に強制指名されるなど、途中入部にも関わらずエピソードに事欠かない笹俣ですが、話してみるとその優しい声と柔らかな物腰に拍子抜けします。SNSのプロフィール画像はとても可愛らしいワンちゃんです。

2020年1月

ブログ最新記事