ラグビー部リレー日記

<<前へ
rss

仲間がいること

 written by 松永 迪之 投稿日時:2017/08/17(木) 12:06

フレッシュさの中に最近頼もしさを感じる朋香ちゃんからバトンを受けました四年松永です。
合宿も始まりから二週間が経ち、遂に山中湖最終日を迎えております。

先にも数人が書いておりましたが、私自身も合宿中に院試の勉強をすることを強いられているうちの一人です。首脳陣ということもあり、今までにないほど密度の濃い夏の時間を過ごしています。院試部屋というシステムは偉大なもので、一人ではまず勉強などできないであろうというときであっても、同じ部屋で同じく院試を受ける同期の勉強する姿をみると、少しでも勉強しようと思えます。この少しの進歩がやがて身を結ぶことを信じて今は頑張りたいと思います。

この院試の勉強を通して改めて仲間がいることの良さを感じました。ありきたりですが、人間なかなか一人では困難に立ち向かうことはできません。しかし仲間がいれば、ときには仲間に励まされ、ときには仲間に負けまいと踏ん張り、そしてそんな仲間のために身を捧げる、といったことができるようになります。この時、個々は己の弱さに打ち勝ち、持てる力以上のものを発揮することができると思います。ラグビーという、高度なチームスポーツを行う一員として、このように他を高め、自分を高められるようなチームでありたいと思うものです。

拙文失礼致しました。ここからの菅平合宿も全力で駆け抜けたいと思います。
次は作曲家としての意外な一面ももつ今年院試 1 番乗りの同期、菅家くんに回します。

初合宿で気がつくこと、できること、

 written by 木下 朋香 投稿日時:2017/08/13(日) 21:37

その太陽のような笑顔でいつも部を照らしてくれる小寺さんからバトンを受け取りました。1年生マネージャーの木下です。

合宿もようやく半分が終わり、山中湖での生活も終盤に差し掛かりました。

 

先日1年生にとって東大ラグビー部での初めての試合であるOB戦がありました。プレーヤーも様々な気持ちで迎えたと思います。

私自身も試合で初めて1人で仕事につきました。今まで同じ仕事をしている先輩方の姿は見てきて、練習の段階から自分がどう動けばいいのかシミュレーションしていたつもりではあったけれど、実際にその場に立ってみて1番感じたことは自分の視界の狭さでした。活動中の先輩方のグラウンド全体へのアンテナの張り方は一朝一夕に真似できるものではありません。

今まではシフト制で週3日部活に参加していた私たち1年生マネージャーにとって、マネージャー全員で集まる機会がなかなかありませんでした。しかし合宿期間中は先輩方がこなす仕事を間近に見て今まで見えなかった部分まで、部全体における先輩方が担う役割とその大きさを実感するようになりました。

4年生の先輩が引退してしまうとマネージャーはほぼ半分の人数になってしまいます。先輩方が引退するまでに吸収できるものは全部学んで、さらに自分たちで改善点を見つけたり新しく何かできることを見つけたりしてより豊かな活動で部を支えられる存在になりたいという実感を合宿中に強く持ちました。

そのための第一歩としてまずこの長い合宿期間を、たくさんのプレーヤー達と積極的に関わることで日常生活でも信頼関係を築いていくいい機会と捉えて、仕事だけでなく様々な面での発見ができるチャンスを逃さないようにしたいです。

 

次は筋骨隆々で主将として部でも信頼の厚い一方で野うさぎのようなチャーミングな笑顔で親しみやすい松永さんにバトンを回します。

「群れ」で頑張る

 written by 小寺 祐輝 投稿日時:2017/08/09(水) 14:00

 お調子者の虎之介からバトンを受け取りました。4年の小寺です。合宿も3分の1ほど経過しました。今回私は3週間を院試部屋という部屋で過ごしています。

 院試部屋は院試を控える4年生がその住人です。一言で院試を控えるといっても、院試まであと1週間ほどの人もいれば4か月先の人もいますが、みんなで励ましあいながら隙間時間に勉強に励んでいます。人間1人ではなかなか怠けたくなるものですが、ルームメイトが勉強する姿に触発されてなんとかみんな勉強のほうも頑張っています。

 炎天下のグラウンドで練習することに比べれば、扇風機にあたりながら避暑地で勉強することは簡単です。こうした感覚が我々運動部の強みだと思います。しかしラグビー部は日ごろから仲間のために体を張る、といったことを教え込まれてきたためか、いざ自分の将来のために勉強しよう!と思ってもなかなかエンジンがかからない人が多いように思います(浪人が多いのもそのためでしょうか)。どうしても「自分のために」と言われてもなかなか頑張れないのです。そうした我々にとって「みんなで頑張ろう」と励ましあえる院試仲間が近くにいることの存在は大きいです。

 以前我々の学年は学年紹介文を先輩方のアルバムに寄稿する際、自分たちのことを「目のないスイミーである」と表現しました。個々人の主張が強くなく、どこに行くにもみんな一緒。なんとなくみんなしているから自分もしよう...といった具合です。もちろんあまりポジティブな意味でこの表現が用いられているわけではありませんが、このスイミーに正しい「目」をつけることができれば、いい方向に導くことができればみんな揃っていい結果を手にすることができるのではないでしょうか。進行方向から外れる小魚たちをみんなで集団に引き戻しつつ、いい方向に向けて頑張っていければと思います。

 まとまりのない文章になってしまいましたが、合宿中ということでご容赦ください。次は1年生として初めての合宿を頑張っている木下朋香ちゃんにお願いしたいと思います。

 

アホみたいな長さ

 written by 原 虎之介 投稿日時:2017/08/07(月) 21:40

部が誇る敏腕美人マネージャー、城戸さんから受け継ぎました、1年生の原です。

 

幼稚園からラグビーを始めてましたが、合宿は最長でも4泊5日、高校では1日2時間の練習だったため、20泊21日というアホみたいな長さに最初は不安と絶望でいっぱいでしたが、合宿を始めてからは、ジュニアコーチの言うことを素直にきいていると着々と上達しているように感じ、始めてラグビーが楽しく感じました。しっかりと先輩やコーチの言うことをきき、同ポジションの目標となる森下さんを目指し、まずはシニアにあがれるよう努めていきたいと思います。

 

次はイケメン、マッチョ、九州男児と三拍子揃った小寺さんにバトンを渡します。

合宿中のオフ

 written by 城戸 彩花 投稿日時:2017/08/07(月) 20:34

FWとして日々大きくなっているユーモア溢れる前原くんからバトンを受け取りました、3年マネージャーの城戸です。

 

他の部員も日記に書いているように夏合宿真っ最中ですが、昨日は厳しい練習の束の間のオフでした。一部の選手は湖で泳いでリカバリーをしていて気持ち良さそうでした。今までこのような山中湖の活用の仕方はしていなかったので、3年目にして新たな発見ができてよかったと思います。山梨名物のほうとうも具沢山で大変美味しく、寮では食べられないものなのでリフレッシュに繋がりました。

 

長い合宿期間において、選手は練習や試合で最大限の力を発揮できるようにリカバリーや気分転換に努めることが重要ですし、マネージャーも元気にサポートできるようにオフは大切にしていきたいと思います。

まだまだ合宿は続きますが、秋に向けて部員一同成長して東京に帰れるよう充実した日々を送りたいです。

 

次は、会うたびに挨拶してくれる、同期に愛されているであろう原くんにバトンを回したいと思います。

«前へ

2017年8月

<<前月翌月>>
2017/08/17(木) 12:06
仲間がいること
2017/08/13(日) 21:37
初合宿で気がつくこと、できること、
2017/08/09(水) 14:00
「群れ」で頑張る
2017/08/07(月) 21:40
アホみたいな長さ
2017/08/07(月) 20:34
合宿中のオフ
2017/08/06(日) 18:45
個性と役割
2017/08/06(日) 17:45
両立
2017/08/05(土) 13:25
夏合宿
2017/08/02(水) 23:24
夏合宿直前

ブログ最新記事