ラグビー部リレー日記

後悔のない選択とは

投稿日時:2020/02/24(月) 17:15

僕と同じ千葉出身で、三鷹寮から追い出されかけていた斎藤さんからバトンをもらいました、新二年の小笠原です。

僕は今正直焦っています。このリレー日記を書く2日前に、脛の疲労骨折が発覚し、また怪我をしたからです。僕は斎藤さんの紹介にもあった通り途中入部であり、しかも怪我持ちの状態で入部したので昨シーズンは結局試合に出られませんでした。経験者とは言えただでさえスキルもフィジカルも未熟な状態で、今シーズンから怪我も完治し皆に追いつこうとしていたところ、また怪我をし2ヶ月弱のリハビリが確定してしまいました。そんな中初めてのリレー日記を書く機会が周り、改めてラグビー部に途中入部した経緯を自分なりに考えてみました。

僕は大学に入学した際、大学生活を後悔のないようにしようと、当時の自分なりに熟考してラグビー部は諦めました。家が遠く朝練の日に練習に出るのがしんどすぎたことや、部活に勤しむ毎日よりも、長期留学等をしてみたいと考えたからです。それでも頭の片隅にラグビー部に入らなかった事実が常にありました。結局、部活というしんどい選択から逃げただけなのではと思うこともありました。そして結局、余計なことは考えずラグビー部に入ってしまえばいいのではと思い入部を決めました。これは入学時と違い、余計に悩まずに正直勢いで決めた選択です。今の自分は怪我ばかりで部に何の貢献もできていないですが、この選択は大学生活で一番の後悔のない選択だと思います。

また怪我をしてしまい、周囲からの信頼も駄々下がりなのも自覚しています。だから、今シーズンはもう後悔をしないように目の前のことに全力で取り組みたいです。今はまずリハビリ、筋トレに全力で取り組み、もう怪我のないよう復帰に備えたいです。また、深津さんが納会で、変えるべきところはまず変えて、無駄だったらまた戻せばいいと仰っていましたが、今シーズン何かに迷うことがあれば例えしんどくても色々なことにチャレンジしていきたい。そして、今シーズン終わりにはラグビー部に入部したことを後悔のない選択だったと言い切れるようなシーズンにしたいです。

このリレー日記を書きながら考えたことは、後悔のない最良の選択など、その選択をした瞬間だけで決まるのではないということです。その選択をした後に、どれほど自分の選択に自信を持ち努力をできるかも大事だと思います。新歓期、色々なことを考えすぎて自分を見失っていた自分に、後悔のない選択などその時期だけで決まるものではないから、第一に自分の気持ちに従うべきだと教えてあげたいです。

手始めに、僕の疲労骨折を招いたであろうめちゃくちゃなランニングフォームをupdateします。多くの同期や先輩から指摘されているので復帰までにまともな走り方を学びます。流石にこれは後悔のない選択になると思います。

駄文となりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。次は、いつも優しい雰囲気が溢れている新四年の川端さんにバトンを渡します。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2020年7月

<<前月翌月>>
2020/07/07(火) 17:41
七夕
2020/07/03(金) 20:00
人生を豊かに

アーカイブ

ブログ最新記事