ラグビー部リレー日記

慣れと目的

投稿日時:2018/07/27(金) 12:18

髪の毛を切ったことで顔の細さがさらに強調された藤平さんからバトンを受け取りました。2年の宝島です。

春シーズンが終わり、練習のオフ期間が始まると同時に日本各地が異常気象とも言えるほどの酷暑に見舞われ、外に出るだけで汗まみれになる度に夏の訪れを感じています。

今シーズン特に力を入れていると感じるフィットネスやウエイトトレーニングにも春シーズン通してやっているうちに随分と慣れてきました。しかし、オフ期間に春シーズンを振り返ってみると、毎週毎週メニューをこなすだけで満足してしまっていたところがあったのかなと思っています。

思えば高校の時も、今と同じように、毎日のように走り、トレーニングはしていて、それらばかりをしているように感じていたものの、結局秋の最後の試合で負けたときに相手チームに感じたものは、ラグビーの技術でも、チーム力でもなく、一人一人の力の強さでした。高校の自分は日々の練習で繰り返されるランメニューやトレーニングメニューに慣れてしまっていて、これらの本来の目的である、自分の体を強くするということではなく、日々の練習を無難にこなしていくことばかり考えていたような気がします。

ラグビーの様々な練習と同じように、トレーニング系のメニューも、継続して日々続けてこなしていくこともとても大切だと思います。けれども、自分自身の成長を目的として取り組み続けなければ、高校の時と同じように一番最後の大事なところで後悔することになると思うので、忙しい日々の中では忘れてしまいがちなこの目的を意識しながらこれからも取り組んでいきたいと考えています。

よくありがちなことを書いたリレー日記になってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございます。

次は、最近ファンキーな本性を表しつつある一年のいしけん(石田)にバトンを渡したいと思います。


 

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
e9de301b1f30eb56a8bcbccbbf5ad0b8.png?1544451138
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2018年12月

<<前月翌月>>
2018/12/09(日) 22:45
失敗を糧に
2018/12/08(土) 00:00
ステージ
2018/12/06(木) 23:37
東大ラグビー部でよかった
2018/12/05(水) 23:59
仲間と成長
2018/12/02(日) 23:25
ものさし

アーカイブ

ブログ最新記事