ラグビー部リレー日記 2013/9

<<前へ 次へ>>
rss

前へ!

 written by 猪熊 裕人 投稿日時:2013/09/19(木) 20:10

 一昨年、2011年9月11日の学習院大戦。僕は5番ロックで出場しました。多くの人の期待を背負って、分からないなりにも懸命にプレーをしていました。している「つもり」だったのかもしれませんが。敵陣ゴール前5m、マイボールラックからクリーンアウトしたボールをピック。相手のDFは薄く、まさに絶好のチャンス。自分は迷わずトライを狙いにいきました。...


 先輩方によく言われる「後悔のないシーズンにしてくれ」という言葉。4年生となった今、その言葉の重みを本当に感じています。それだけに先日の初戦を落としてしまったことの落胆、後悔は非常に大きいです。 しかし過ぎてしまったことはどうしようもなく、もう一度9月8日に、もっと前に戻りたいと思っても戻ることは出来ません。私たちは前を向いて進むしかありません、その記憶を無駄にせずに。


 ...あの時のグラウンディングで自分がノックオンをしなければ、という一昨年の後悔。多くの人の期待を裏切ってしまったこと。その記憶を決して無駄にすることなく取り組んできました。何が何でも今年の結果で償いたいと思います。自分は現在はプレーが出来ない身なのでサポート役となりますが、チーム一丸となって前へ進んで行きます。


次は同期の永田武君にお願いします。

生活改善

 written by 山田 令 投稿日時:2013/09/18(水) 21:43

夜分に失礼します、バトンを受け取りました3年の山田です。

今週末はいよいよ成城戦。初戦を学習院、次戦を成城と戦うというのは2年前と同じであり、その時も試合の入りの悪さで学習院に敗れてしまった。また成城相手にも苦戦を強いられることになった。
夏合宿から入りを意識して試合に臨んできたし、日々の練習でも始めに100%の力を発揮して行うコンタクトフィットネス、ベーシックスキルをやってきたが、それでも学習院戦は失敗してしまった。
試合中のギアチェンジは経験に基づく判断も必要になると思うが、試合の入りで、それも意識してギアを上げようとしているのにうまくいかないようでは問題だと思う。
理由はいろいろあるかもしれない。部員全体としての試合経験が足りていないからかもしれない。日々の生活にメリハリがないため、練習でも100%のつもりが実はそうではなく、それが試合にでているのかもしれない。
残りの数日間、生活面からもっと変わっていこうと思う。まずはこれを書き終えたら早く寝よう。

次は4年の猪熊さんにお願いします。



負けないために

 written by 鉄本 大樹 投稿日時:2013/09/17(火) 18:50

成城戦まで1週間をきった。
昨年は、FWに転向してすぐに大けがをしてしまいスイカを1枚ももらえなかった自分にとって、今年対抗戦に出してもらい、グラウンドで戦えてるというのは本当に幸せなことだと感じる。

最近、Aチームの試合に出るということは、いろいろな代表として出ているのだということをよく思う。同期の3年生の代表・ロックの代表・今、東大ラグビー部に10人いる灘高ラグビー部出身組の代表、そしてもちろんチームの代表である。
そして、それと同時にその代表として出られるほどの実力をつけなければならないとも強く思う。実力不足は不安を呼び、不安はプレーの消極性につながってしまう。自分も好きだったはずのアタック参加に消極的になってしまっている。それを克服するには練習して実力をつけ自信を持つしかないのであろう。
自分の好きな漫画に「どうやったら勝てるかというのは理論的に説明できない。だが、負けるというのは容易に説明できる。あらゆるマイナス要素が負けに直結する。練習は勝つためじゃなく負けないために練習するんだ」
というセリフがある。試合にのぞむには、個人としてもチームとしても考えられる限りの不安要素をつぶしていかないといけないのである。
次の成城戦、負けないために最高の準備をして勝って喜びたい。 もう2週間前みたいな思いはしたくない、

次は同期の山田君にお願いします。


ラグビーの半沢直樹

 written by 市場 悠稜 投稿日時:2013/09/15(日) 23:27

篠田よりバトンを受け取りました市場です。

今年も対抗戦シーズンが始まりました。
1年前の1年生の時、夏合宿が終わりすぐにやってきた対抗戦初戦。
「対抗戦」というものが、どういうものかわからず、「Aチームの試合」というぐらいの感覚だった。
今年は違う。
冬からどういう思いで、この対抗戦、それも初戦の学習院戦に賭けてきて、4年生を中心にまとまって練習してきたかを去年とは比べものにならないほどわかっている。
だからこそ、勝ちたかった。それ以上にプレーヤーとして、グラウンドに立っていたかった。
終わってしまったことはどうしようもない。 チームが勝つために、自分自身が試合に出るために奮闘する。
最近話題の「半沢直樹」でいうと、福山のようにチャンスをあっさり逃してはならない。
どんな逆境でも結果を出し続ける半沢でなければならない。
その意味で今日の東京農業大との試合がなくなったのは残念だが、切り替えるしかない。

対抗戦もさることながら、京大戦までも100日を切ってしまった。
4年生とラグビーを出来るのも長くはない。 全てに全力で取り組む。

次は高校の先輩でもある鉄本さんにお願いします。

市場悠稜

勝ちたい気持ち

投稿日時:2013/09/14(土) 16:46


同じ12月26日生まれの磯崎さんからバトンを受け取りました2年マネージャーの篠田侑莉子です。


9月に入りついに対抗戦が始まりました。
わたしも今までより一層緊張感をもって日々の練習に取り組んでいます。
先日行われた学習院戦には初戦にも関わらずたくさんの方々が応援に来て下さり感謝の気持ちでいっぱいです!
皆様、お忙しい中本当にありがとうございました。



今年は2度目の対抗戦。初戦を終えた今、自分の中に去年とは違った気持ちがあることに気づきました。
それは「勝ちたい」という強い気持ちです。


もちろん去年も勝ちたいという気持ちでいたことは確かです。しかし去年のわたしの中にあったその思いはプレーヤーに頑張ってきてほしいという応援の気持ちだったと思うのです。
今わたしの中にあるのはマネージャーとして、チームの一員として勝利に貢献したいという気持ちです。
試合が行われる80分間の中でわたしがグラウンドに立ってプレイすることは出来ません。
でも、その80分間のために部員を全力でサポートし、一緒に努力することは出来ます。
来週行われる成城戦までの間、今出来ることはどんどん行動にうつし、そのことが少しでも勝利に近づくことになればと思います。


マネージャーには様々な仕事があります。中でも試合時のサポートは最もミスをしてはいけない重要な仕事でもありますが、わたしが一番好きな仕事でもあります。
日々の練習のサポートや普段担当させて頂いている栄養の仕事も、もちろんやり甲斐のある仕事ですが試合には試合にしかない魅力があります。


例えばいつも笑顔で話す部員の真剣な表情が見れたり、普段とは違った張りつめた空気が流れたりします。
その中にいるとわたしはいつも以上にやる気が出て、頑張れ!と背中を押されているような気持ちになれるのです。
でも、せっかく背中を押してもらってもミスをしてはいけないというプレッシャーのせいか焦ってしまい、そんな不甲斐ない自分に落ち込むこともまだまだ沢山あります。
残りの6試合、1つでも多くの試合で自分に納得のいくような臨機応変な動き、ナイスプレイが出来るように日々努力を続けていきたいです!



次のリレー日記は同期の市場君にお願いします。



2年  篠田侑莉子




«前へ 次へ»

2013年9月

<<前月翌月>>
2013/09/29(日) 17:04
先輩
2013/09/28(土) 09:00
ケガなく
2013/09/25(水) 20:53
チーム一丸となって
2013/09/23(月) 21:30
勝利に向かって
2013/09/21(土) 23:23
全ては
2013/09/19(木) 20:10
前へ!
2013/09/18(水) 21:43
生活改善
2013/09/17(火) 18:50
負けないために
2013/09/15(日) 23:27
ラグビーの半沢直樹
2013/09/14(土) 16:46
勝ちたい気持ち
2013/09/12(木) 10:44
戦い続ける
2013/09/09(月) 16:12
チームに必要なプレーヤーになるために
2013/09/08(日) 07:30
ナース松木田
2013/09/04(水) 22:32
自分への課題
2013/09/01(日) 09:59
勝つことへのこだわり

アーカイブ

ブログ最新記事