ラグビー部リレー日記

夏合宿その2

投稿日時:2011/08/23(火) 21:39

小川君からバトンを受け取った田中幸次郎です。
僕は今、コンタクト練習はできないがそれ以外はできるという、「ノーコン選手」なのですが、そうした微妙な立場からの合宿について書こうと思います。

僕が今現在のような状況になったのは、今年の四月に肩の手術を受けたからです。左肩の脱臼癖が少々ひどいことになっていたので、タイミング的にこのときしかないと、トレーナーの印牧さん等と相談しての結果でした。

手術後しばらくはろくに身体も動かせず、なかなかモチベーションが上がらず、精神的に少々参るということも何度かあったのですが、今こうして少しでもラグビーができるという状態まで戻って、本当によかったと思っています。

しかも合宿ということもあって普段以上にラグビーのことが考えられるため、「怪我人」という肩書を捨て、「プレーヤー」に戻りたいという気持ちが一層強くなってもいます。

しかし一方で、今の僕と他のプレーヤーとの間の差も同時に痛感しています。チーム練やユニット練をやっている中で、思ったほど走れないところも出てくるし、速さも落ちているし、キレもないし・・・等です。おまけに今僕の身体も少々余計な脂肪がついていて、だらしないものになってしまっています。

こんなことではお話にならないので、しっかりとリハビリに励み、筋トレなども精力的に取り組み、「プレーヤー」に戻るときには、強靭な体幹力(今はちょっと強いぐらい)・屈強な下半身を身につけ、スイカジャージを着られるようにがつがついきたいと思います。

駄文ですが最後まで読んでくださってありがとうございました。
次のリレー日記は、同じポジション、未経験でラグビーを始め、出身高校も姉妹校同士という、なにかと共通点の多い一年の夏川君に頼もうと思います。

2020年6月

アーカイブ

ブログ最新記事