ラグビー部リレー日記

新年度

投稿日時:2013/03/30(土) 09:49

こんにちは。
兵庫県西宮市出身の4年永田武です。

昨日の試合では思うような結果が出ず残念でしたが、今回浮き彫りになった課題を修正して次に臨みたいと思います。
当然ながら自ら気付いた反省点も多くありますが、今年はバックスコーチ及びアドバイザーが学生とは違った視点で改善点を指摘してくださるので、試合や練習からより多くを学べるようになったと感じています。
昨日は平日の昼にも関わらず、休みをとって指導に来てくださいました。感謝の念に堪えません。

さて、今日は3月30日です。
新チーム始動から、初めの2カ月を締めくくる試合が昨日終わり、間もなく新年度が始まります。
新年度の始まりに伴ってやってくるのは新歓期です。
今年もOBの方々の支援に対する感謝を忘れずに、多くの新入生を受け入れることができるように尽力したいと思います。

新入生を勧誘するにあたり、毎年強く感じることが一つあります。
大部分の新入生に共通していることは、大学生活を通して様々な経験をしたい、と考えていることであり、運動会に所属してスポーツに取り組むこととはトレードオフの関係にある、と誤解していると感じます。
「運動したいですけど、それなりに勉強しないといけないし、バイトで稼がないといけないし、やっぱり遊びたいし、いろんなことをしたいので…」という言葉は新入生の口からしばしば聞かれます。
サークルと運動会との間に大きな壁を感じて、「運動はサークルでいいです」と言って僕達を避けようとします。
しかし、実際部員の生活はラグビー一色ではなく、勉強に取り組んで学科で表彰されたり、部員で集まって旅行に行ったりしていますし、バイトで金の亡者の如く稼いで、稼いだ金で成金のような生活を送る部員もいます。(極端な例ですが)
普通の部員はもう少しバランスよく生きていますが、輝ける大学生活を夢見る新入生に対して、事実として様々な部員の生活を紹介し、ラグビー部での生活をイメージさせてあげることが必要であると、個人的に考えています。
本気でラグビーに取り組んでいるということを伝え忘れてはいけませんが。

今年はどんな新入生が入部してくるのか楽しみでなりません。

最後までお読み頂きありがとうございました。
次回の更新は神戸のブルジョワ、2年の芹沢に託したいと思います。

4年 永田 武

この記事を書いたメンバー

2020年6月

アーカイブ

ブログ最新記事