ラグビー部リレー日記

気持ちの問題

投稿日時:2016/06/25(土) 18:47

いつも明るく部をサポートしてくれる竹村からバトンを受け取りました、3年の萩原です。
 
長かった春シーズンも終盤になり、残る定期戦は、九州戦のみとなりました。
今年の春シーズンは去年に比べて中々忙しい日々を過ごしています
工学部の授業が始まり平日の練習は最後まで参加することができませんし、毎日、夕方まで実験や演習が行われ、その後にウェイトトレーニングをし、帰宅したらレポートに取り組む、といった感じです。
毎日が夏休みのように暇だった二年生の頃が恋しくて仕方ありません。
 
しかし、忙しいのはやらない言い訳にはなりません。
 
こんな日々をどう乗り切ろうか考えた時に、高校の顧問の先生の事を思い出します。
先生は口癖のように「気持ちの問題だ」とおっしゃっていました。
「気持ちの問題だ」という言葉は便利なもので、ほとんどどんな状況にも適用できる魔法の言葉です。
フィットネスや、ウェイトトレーニングで最後まで追い込めるか、追い込めないか。タックルに入れるか入れないか。試合で最後まで走りきれるか、そうでないか。
だいたい気持ちの問題です。
 
同じように、練習、授業、WTを、どれも本気で取り組めるかどうかも「気持ちの問題」だと思い、過ごすようにしました。
やらない為の言い訳なら幾らでも見つかりますが、とりあえず本気でやってみることも楽しいと、この春シーズンで思い始めました。
 
これから九州、合宿、対抗戦と続きますが、更に気持ちを入れて頑張っていきたいと思います。
 
次は、全国各地の広告で見かける、3年の菅家にお願いしたいと思います。
 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

アーカイブ

ブログ最新記事