ラグビー部リレー日記

湯けむりの里

投稿日時:2016/07/21(木) 21:49

 春シーズンお疲れコンパ後のビリヤードですごい腕前を披露してくれた浦山さんからバトンを受け取りました1年の大石です。今回は慌ただしい春シーズンを終えた後の夏オフの一日を書こうと思います。
 起き慣れた5:30に起床。DNSのプロテインを牛乳にしっかり溶かし、朝食をとりながら今日のスケジュールを確認。よし、今日は待ちに待った”仙川湯けむりの里”だ。家を出ると快晴、今日はいい1日なると予感する。フランス語小テストの結果を恐れつつ、なんとか午前が終了。そのまま13号館でいつもの420円のチキンカツ弁当を買う。無料でMonsterのエナジードリンクが付いてくるのが僕のお気に入りだ。グラウンドを慣れた足取りで進み部室へ直行する。最近は、天敵であるカラスも少なくなったみたいでスゴイ心地よい。扇風機の風に当たりながら弁当を軽く平らげ、午後の授業に向かう。スポ身の最終授業を終え、第二体育館で部員とウェイト。あそこは灼熱地獄だ。莫大な研究費にお金を費やすのもいいが、第二体育館に扇風機5台でも設置する方が筋トレ民は幸せに感じるはずである。しっかり自分を追い込んだ後、グラウンドに18:00頃部員4人が無事集合した。駅に向かおうとするも、夕食の事を考え行きつけの店、菱田屋に入る。とても美味な”豚と玉子とキクラゲの定食”をさっと食べた。いうまでもなく大盛りだ。入部直後は、食後が大変なことになっていたが、体重が7kg増えたせいかもう余裕だ。そして店を出ようと外を見たら、とてつもない豪雨ではないか。すばやくYahoo天気アプリで確認すると、55mmと何もないかのように表示された。
 私は温泉行きが渋いという意見を主張するも3人の勇敢なラグビー部員は違った。この雷雨の中、行くというのである。仕方がないため、彼らにひきずられるようにして駅に到着。この時、一人の部員はシャツがびしょびしょに濡れており上半身はスケスケだったが、そのまま井の頭線・京王線を使い、帰宅時の少し汗臭いサラリーマンに囲まれながら無事仙川駅に到着した。
 仙川駅の改札をでて、我々は驚嘆した。お、お洒落な街ではないか。古びた街を想像していた我々を裏切り、いくつくものガラス張りのカフェがラグビー部員の前にはばかる。無事それらを突破した我々は、目的地“仙川湯けむりの里”にたどり着いた。入浴料を払い、ロッカーを開けると私は致命的な事に気づいてしまった。ウェイト後のシャワーでタオルを使ってしまっていたのだ。しぶしぶ、タオルの購買機に向かうとそこには衝撃の金額が記されていた。入浴料とほぼ同じ金額だったのだ。“これはトュッシ”とぼやき、私は素早く100円のフェイスタオルを購入。小さいフェイスタオルというタフチョイスをここでもこなした。温泉の感想はいうまでもなく最高であった。やはり、先輩たちの行きつけと聞いていただけはある。とてもいい湯だった。かくして体をしっかり癒した後は、どこか汚さを感じさせるサイゼリヤで軽食を取り、帰宅。
 家に着いた途端眠気が襲うのはいつものことで、多分就寝は帰宅して数分後だっただろう。起きているほんの少しの間はやはり、美しい温泉の光景が頭をよぎった。しかし、まどろみの中で最後に頭に浮かんだのは明日の宇宙科学のレポートのことだった。
 駄文を最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。次は、巷で話題のPOKEMONで言えばミュウツーレベルに幻な太田先輩にバトンを渡したいと思います。よろしくお願いします。
 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2020年4月

<<前月翌月>>
2020/04/03(金) 20:10
僕はラグビーが大好きだ
2020/04/01(水) 18:10
新生活のすゝめ
2020/04/01(水) 12:19
上級生

アーカイブ

ブログ最新記事