ラグビー部リレー日記

ラストチャンス

投稿日時:2016/12/16(金) 18:31

近藤からバトンを受け取りました4年の坂田です。

 

4年間を振り返って気持ちの整理をしようとしても上手くできない。今年僕は対抗戦に出場することができなかった。加えて自分の到達点の低さには愕然としている。チームが勝った瞬間は本当に嬉しかった。しかし、一方の自分はというとチームからの信頼を失い、何の力にもなれていない。その喜びを共有できるような立場ではなかった。自分がいていいのかと毎日が針の筵に座る気持ちだった。一プレーヤーとして、また最上級生としての責任を果たすことができなくて本当に申し訳なかった。

 

4年間を通して怪我ばかりで試合自体にあまり出れなかった。もっと試合に出たかった。何故あのときに怪我をしてしまったのだろう、あのとき怪我せず練習、試合ができていたらもう少し違っていたのかな…。考えても何にもならないのだが、そう思わずにはいられない時がある。自分の取り組みが甘く、プレー中の心身の余裕のなさをかばいきれずに怪我という形になって現われたのだと思う。

 

このまま終わってええんか?なんとかして意地を見せなあかん。残り数か月そう自分に言い聞かせてやってきた。多少伸びたようには思うが、まだ一人前のプレーヤーになりきれていない。残された時間は少ないが、あがき続けて最後の試合くらい自分がいいプレーをして勝って終わりたい。

 

最後に、ラグビーというスポーツに出会いこのチームでプレーできたことに感謝し、プレーするにあたり支えていただいた全ての方々にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。ラグビーの借りはラグビーでしか返せない部分があるとは思うので、自分がこのような結果で申し訳なく思いますが、チームの勝ち負けの原因にすらなれなかったこの悔しさは絶対に忘れず、この4年間を必ず糧にしてこれからにつなげたいと思います。

 

次はHOとして今年のスクラムを支えた難波にお願いします。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

アーカイブ

ブログ最新記事