ラグビー部リレー日記

ラグビーを続けられる理由

投稿日時:2017/09/21(木) 18:00

1年生の中で大人気の3年生、吉村さんからバトンを受け取りました1年の山本です。

 

高3の6月、他の高校ラガーマンより一足先に引退を迎えた時、「もうラグビーはええかな。」と思っていました。中学入学と同時に始まったラグビー生活は、仲間にも恵まれ、楽しい6年間であったことは間違いなかったのですが、自分の中でラグビーが大学に入ってまでやりたいスポーツであるという認識を持っていなかったのもまた事実でした。

しかし、驚いたことに、身体を動かせない受験勉強期間中に1番やりたくなったスポーツは、野球でもサッカーでもバスケでもなくラグビーでした。この時初めて、自分の中でラグビーというスポーツが欠かせないものになっていることに気付かされました。

 

今、自分が大学に入ってもラグビーを続けることができているのは、色々な面で支えていただいているOBの方々、しっかり面倒を見てくださるコーチ・スタッフの方々や優しくて面白い先輩方、そして一緒にいるのが楽しくてたまらない同期のおかげであることは間違いありません。

しかし、それ以上に忘れたくないのは、中学入学まで無縁のスポーツであったラグビーをここまで好きにならせてくれた中学高校のラグビー部の存在です。顧問の先生や中高の先輩・同期・後輩への感謝も忘れずに、いつか東大ラグビー部で活躍する姿をお世話になった方々にお見せすることができるよう、これからのラグビー生活も日々頑張っていきたいと思います。

 

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

次は、半日頑張って考えたのですが欠点が思い浮かばなかった四年生、岡本先輩にバトンを回します。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2019年9月

<<前月翌月>>
2019/09/14(土) 13:03
一事が万事
2019/09/11(水) 14:04
ベスト
2019/09/09(月) 19:35
下剋上
2019/09/07(土) 18:53
いよいよ対抗戦
2019/09/04(水) 23:28
宿命
2019/09/01(日) 22:10
未知の領域

アーカイブ

ブログ最新記事