ラグビー部リレー日記

これまでとこれから

投稿日時:2013/12/06(金) 22:23

こんにちは。一年のスピードスター近藤君からバトンを受け取りました、同じく一年の宇野です。

秋のテストマッチも残すところ香港対ベルギーのみとなり、2013年の終わりを身近に感じる今日この頃です。しかし時の流れとは速いようで遅いもので、矢のように過ぎたと思っても私はまだまだ一年生。ラグビー人生もまだ三年目の未熟者です(私がラグビーをしていた愛光学園は高校二年で引退だったので)。世の中にはセルジール・ピーターセンのように同い年でスーパーラグビーに出る人もいるというのに。そんな私も一応は経験者として東京大学ラグビー部に入ったのですが、経験者らしいところはスクリューパスが投げられるぐらいで試合経験はほとんどなく、公式戦は7人制しか出たことがありませんでした。それでも一年生試合で二度ゲームキャプテンをさせてもらって15人でするラグビーの魅力を感じ、6,7月にはB戦にも何度か出させてもらって勝利の喜びを味わうこともできました。しかしその後、高校三年のときに骨折して足首に入れていた金属を抜くために入院し、8月は運動ができず、9月もグラウンドに出ることができませんでした。そこで9月中はひたすら筋トレだけをしていたのですが、それが功を奏し、10月に復帰したときに相手が軽く感じ、自分のパワーが上がっていることを実感しました。しかしテクニックは当然上達しているはずがなく、パスの精度も質もいまいちのままでした。

現在では復帰当初より多少はパスも上達したかと思いますが、8,9月にしっかり練習できていたらと思うと高校三年のときに怪我したことが悔やまれます(怪我の原因はソフトボール)。しかし悔やんだところでどうにもなりません。私にできるのはこれからとにかく強くなるために考え、行動することだけです。まずは残り二週間の練習と冬オフの間に力をつけ、二年生になってA戦に出るという目標を達成するべく頑張ります。その後は少しでもチームに貢献できるよう強さを追い求め、大学の四年間で一歩でも尊敬するマット・ドーソンやバイロン・キャラハーに近づけるよう精進していこうと思います。

次のリレー日記は私の高校からのラグビー仲間であるマエケンこと前田君にお願いします。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

アーカイブ

ブログ最新記事