ラグビー部リレー日記

規格外

投稿日時:2013/10/31(木) 23:30

 加藤なつきさんからバトンを受け取りました、一年の上田崇貴です。

 今日は私に特有のちょっとした悩みについて書きたいと思います。その悩みとは足が大きすぎて自分が履けるスパイクがなかなか見つからないことです。普通の人はサイズは勿論のことデザインや値段などを見てスパイクを決めると思うのですが、私の場合サイズのみで決まってしまうのです。その上、まず自分のサイズのスパイクが店で売っていないことがほとんどで、ラグビーショップに行くときにどうせ自分が履けるものは多分ないのだろうなと思って行く人は私ぐらいしかいないと思います。自分のスパイクを履きつぶしてしまったのに、新しいものが見つからずにビニールテープで何重にも巻いて練習していた時もありましたが、今では海外のネット通販を使ってなどして調達しています。

 そんな規格外の足を持った私にはある目標があります。それとは、規格外に素晴らしいプレーが出来る選手になることです。この間初めてA戦にしかもスタメンで出場させていただき、自分では試合中のプレーにはある程度満足しています。しかし規格外に素晴らしいプレーはおろか素晴らしいプレーが出来たとは到底言えません。今は未熟ですが、いつか自分の目標を達成できるように日々の練習を積み重ねて成長していきたいと思います。

 稚拙な文章を最後までお読み頂きありがとうございました。次は、同じポジションで尊敬する二年の木下魁さんに回したいと思います。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2020年2月

アーカイブ

ブログ最新記事