ラグビー部リレー日記 2014/3

<<前へ
rss

ラグビーは好きですか?

 written by 鉄本 大樹 投稿日時:2014/03/31(月) 12:29

3年の田中翔太からバトンを受け取った4年の鉄本です。

昨日、東工大戦の翌日であることに加えていよいよ慌ただしい新歓活動がはじまるということでチームはOFFとなった。
練習があるから遊べない!とよく文句を言っているにも関わらず、急遽決まったOFFというものはかえってやることが見つからず、時間を持て余す。twiiterをながめていると香港セブンスが無料配信されていることを知り、とりあえずだらだら観戦する。
勉強しなければとパソコンの電源を落とすも、ジャパンの試合の時間には再びパソコンの前に帰ってくる。
OFFとはいっても生活にラグビーが染みついているのだなーと実感した1日だった。

小学生でラグビーをはじめて16年。 ずっとラグビーが好きでたまらなかったわけではない。むしろ、小学生の時は練習に行くのがあまり好きではなかった。
でもどんなに練習に行くのが嫌になっても本屋にいけばラグビーマガジンを手にとっていたし、テレビ欄にラグビーの文字があると嬉しかった。今でもyoutubeにいくととりあえずラグビーと検索してしまう。
いつから好きになりはじめたのかはっきりとは覚えていないが、中高の時にはもう完全にラグビーにはまっていた。小学生の時からアンドリュー・ミラーに憧れていた私にとって、中学の時にはじめたSOというポジションは本当に楽しかった。足が遅く自分で抜くことはできないが、自分のパスで味方が抜けていくのは快感だった。FWにコンバートした今でも1番好きなプレーはパスだ。
また、灘校のラグビーはいい意味でも悪い意味でも自由だったので、どう攻めるかなどといった戦術やサインプレーはほとんど自分たちで考えることができた。今考えると全然使えないサインプレーばっかりだったが、自分たちで考えたサインプレーを試合でためす面白さに魅了されていった。

今の東大ラグビー部はラグビーの面白さを伝えきれているのだろうか?1年生の未経験者が「ラグビーの面白さがなかなかわからない」などと言っているのを聞くと悲しい気持ちになる。ラグビーは楽しく面白いスポーツなのだ。決してつらいことをするためのツールなんかではない。ラグビーが好きじゃないとしんどい練習なんかのりきれるわけがない。好きだからこそ好きなもので勝てるようにつらいことも我慢できるのだ。
今年のチームはプレーヤー・マネージャー含めてラグビーを好きな集団である!と胸を張って言えるようなチームにしたい。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次は、自由なラグビーの灘校がうんだ逸材プレーヤーの上田君にお願いしたいと思います。



 

上級生になるにあたり

 written by 田中 翔太 投稿日時:2014/03/26(水) 21:57

 井上君からバトンを受け取りました田中翔太です。まず始めに更新が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

 チーム松木として今年度始動して、早くも2ヶ月が経とうとしている。井上君のリレー日記にも書いてあったが、4月にはきっとフレッシュな新入生がラグビー部に新しい風を吹き込んでくれるだろう。そういったことを考えていると大学からラグビーを始めた自分も先輩より後輩の数が多くなり、いよいよ上級生になるのだと実感する。そして上級生になるにあたり改めて自分自身のことを見直さなければいけない。フィットネス中に上級生が手を抜いていると後輩も手を抜くだろうし、掃除などを適当に行っていると後輩もそれでいいのだと思うだろう。だからこそ私は自分に厳しく、後輩にかっこいいと思ってもらえるような上級生になりたい。

 さてそんな上級生になるためには私生活でも自分に厳しくするとともに、やはりプレーでチームを引っ張っていけるようなプレーヤーにならなければいけない。ちょうど今週の土曜日には今シーズン初の練習試合が組まれている。昨年の秋に何度も怪我で離脱してしまった自分にとっては本当に久しぶりの試合であり、すでに今でも試合のことを考えるとドキドキしてくる。この気持ちを練習試合に思いっきりぶつけ、この2ヶ月フォーカスしてきた「個の強さ」を見せつけたいと思う。また私はちょうど1年前のこの時期にもリレー日記を書いている。その内容はラグビー部のスーパースターになりたいというものだったが、なかなかスーパースターへの道は険しいようだ。だが諦めるわけにはいけない。自分の背中を多くの後輩が見ているのだ。自分のポジションであるロックは人数も多く、競争も激しいが誰にも負けたくない。強くなりたい。上級生になるにあたり心からそう思う。

 少しまとまりのない文章になってしまったが、上級生になるにあたって自分の気持ちを書いてみた。次のリレー日記は同じポジションでプレー、私生活ともに尊敬できる鉄本さんにお願いしたいと思う。どうぞよろしくお願いします。

一年前

 written by 井上 啓太 投稿日時:2014/03/21(金) 10:59

入部当初からずっとお世話になっている平松さんからバトンを受け取りました、新2年の井上です。


気付けば私が入部してからもうすぐ1年が経とうとしています。
そこで今回は自分の一年前を振り返りたいと思います。



2013年3月、無事に東京大学に合格した私は、大学で何をするかあまり計画を立てておらず、高校で弓道部に所属していたため、「やっぱ弓道続けるのかな」程度にしか考えていませんでした。


そんな中迎えた4/1の諸手続きの日のテント勧誘。私はラグビー部のテント勧誘に捕まることなくテント列をくぐり抜けたのですが、全てのテントを抜けた先に待ち構えていたのは、ラグビー部の先輩と一緒にいた高校も同じで今も部の同期である梶村くんでした。「飯おごり連れてってもらえるらしいから行こうぜ!」と梶村くんに言われるがままのこのこと付いて行きました。

その日から体験練習に何度か顔を出していたら、ラグビー部の雰囲気に惹かれて、気付いたら入部を決心していました。
部の雰囲気の良さはもちろん、ラグビーの楽しさに気付けたのも、今こうして辛いながらもラグビーを続けラグビーを楽しんでいるのも、去年の先輩方の熱烈な勧誘のおかげでした。



あれから1年が経ち、今度は自分が新入生を勧誘する立場です。
私は新歓委員ではないですが、自分のように一人でも多くの人にラグビーの良さ・楽しさを知ってもらえるように、また、熱意のある新入生に入部してもらえるように勧誘を頑張っていきたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。

次は新歓委員で、いつも元気な田中翔太さんにお願いしたいと思います。


新二年  井上啓太
 

自分の役割

 written by 平松 正大 投稿日時:2014/03/17(月) 22:08

こんにちは。平松正大です。 この春からもう四年生になります。 なります。 今まで、どんなコミュニティでも「その他大勢」の一人であり続けた僕が、今年は何かと役職についています。 まずは、新歓代表。 幸い、就活もないので、4月は死ぬ気で頑張ります。 一人でも多くの新入生にラグビーの楽しさ、ラグビー部の魅力を伝えていこうと思います。 次にフィジカル。 去年一年は怪我で練習に参加できず、ウエイトばかりしていました。入院中に栄養やトレーニングについて調べていたことが評価され、今年から新規加入となりました。 極限まで追い込んで、ペアと共に大きくなっていきたいと思います。 最後に、練習リーダー。 これは、練習を盛り上げる役割です。普段はひたすら話し続けている僕ですが、練習中、特に自分の苦手な練習になると、途端に黙ってしまいます。自分ができていないことを人に注意することはできません。声を出すためにも、自分が苦手な部分を克服していかなければなりません。全ての練習の意図を理解して、練習から、体をはっていきたいと思います。 文才がなく、いつも小学生の作文のような日記となってしまいます。本を読んで、文章を書く能力をつけたいです。最近『嫌われる勇気』という本が流行っているみたいです。是非読んで、参考にしたいと思います。 次は、一見市販されている玉ねぎと区別がつきにくい、オニオンこと井上啓太くんにお願いします。 東大ラグビー部新4年 平松正大

DEVOTION

 written by 松田 尚之 投稿日時:2014/03/14(金) 22:38

ヘラヘラしてそうで、実は真面目な梶村からバトンを受け取りました新三年の松田です。
 イギリス研究コースということで、題名はDEVOTIONにさせていただきました。


献身。


先日、予備校時代の友人から連絡が来た。
「松田この春大阪戻る?」
当然ながら、部活をしている私には実家である大阪に戻る時間は無い。 何の用事か気にしつつも、部活の為大阪に戻れない旨を伝える。すると間も無く返事が来た。
「残念。バイト先の女の子が二人で大阪くんねんけどUSJ行こって言われて男一人は嫌って言ったら誰か友達呼んだらどう?ってなった。ちなみに、かわいいこやで。」
成る程。惜しい事をした。非常に惜しい事をした。 その後、何回かやりとりをしていたのであるが、その中で友人は「部活が悪い」と言った。 果たしてどうなのであろうか。
短いスパンで物事を考えれば、僕は可愛い女の子と遊びに行けるという貴重な機会を逃した。滅多にない機会である。そもそも部活さえしていなければ、そのような機会は幾らでもあったであろう。(語弊があるといけないので断っておくが、単に、遊びに行く機会、という意味である。)
普通の大学生をしていれば、呻きながらバーベルを上げなければ、息を切らし汗を流して限界まで走ることも無いであろう。では、何が私を魅了するのか。
2年前、大学で部活をすることの大変さを知らず、深く物事を考えずに、ノコノコとラグビー場に足を踏み入れてから、何故私は今まで部活を続けているのか。
まだハッキリとは答えは分からないが、結局の所はやはり 楽しいから。 というものに他ならないであろう。なんせ楽しいのである。練習は勿論大変である事は間違いない。あんなものをずっと楽しい楽しいと言ってやっている人は頭がおかしい。吹っ飛ばされて、転けて、血を流して。正直、練習中に何度も、辞めたい、と思ったことはある。
しかし、以前吹っ飛ばされた人に何とか耐える事が出来た時、以前上げれなかった重量のバーベルを何とか上げる事が出来た時、そんな瞬間に、報われる気持ちがするのである。自分の成長を感じられた時、楽しい、と心の底から感じるのである。 瞬間的な、一時的な喜びを求めるなら適当なサークルでもよかったであろう。
だが、もっと長期的な、より洗練された喜びを求めるには、サークルでは無理なのだ。ラグビー部でないと、求めるものは得られないのだ。 だからこそ、僕は喜んで部活に身を捧げるのである。イギリス研究コース風に言うと、DEVOTIONするのである。 他にも私を魅了する様々な要因がラグビー部には秘められているのであろうが、それはこの先、一つずつ解明していく事とする。
とりあえず予備校の友人には、私のいない大阪になんて女の子と遊びに行く価値などない、と伝えておいた。

​次は、高校の同期であり、大学では先輩だったはずであるが、またもや同期になりそうな平松にお願いしたいと思います。
«前へ

2014年3月

<<前月翌月>>
2014/03/31(月) 12:29
ラグビーは好きですか?
2014/03/26(水) 21:57
上級生になるにあたり
2014/03/21(金) 10:59
一年前
2014/03/17(月) 22:08
自分の役割
2014/03/14(金) 22:38
DEVOTION
2014/03/10(月) 21:08
小さな野望
2014/03/07(金) 21:01
筋肉
2014/03/04(火) 17:43
より細かく、より正確に
2014/03/01(土) 16:06
上級生として

アーカイブ

ブログ最新記事