ラグビー部リレー日記

愉快な1ヶ月

投稿日時:2024/02/25(日) 15:02

スーパー主務よーこさんからバントを受け取りました、3年の領木です。スモブラの班を決める際に争奪戦が起こるほど人気者であるよーこさんとスモブラが一緒になれたのは非常に嬉しく思っております。今年はよーこさんをはじめとする首脳陣が主体性をテーマに掲げ、日々僕たちの見えないところで努力をしてくださっているお陰で練習ができています。その最大の恩返しとして思う存分試合で暴れて結果を出せればなと思っております。

 

さて、正直言って僕は昨日の夜よーこさんからLINEがくるまでリレー日記のことを完全に忘れていました。僕は入部当初から割とリレー日記が好きで、欠かさず全員のを読んできました。また自分の前の前の人まで把握しておいて、きちんと書くことなどを前々から決めてました。そのため、今回完全に把握していなかったことがショックでした。

 

なぜ忘れていたかと言うと、1月と2月が信じられないほど忙しかったからであった。忙しかった理由は主に2つあり、今回はその2つの理由について書いていこうと思う。

 

最初の理由は期末試験である。法学部の期末試験は他の学部と比べて始まるのが遅く、みんなが試験を終える頃に始まるため、本番を迎えようとする時の周りとの温度差は耐えきれなかった。それだけではなく、雪竹くんもリレー日記で書いていたが、法学部の試験は信じられないほど難しいものであった。そもそも帰国子女で漢字の読み書きが苦手なのに、日本語ネイティブの人にとっても難しい単語を頻繁に使う法学部の教授たちの講義の書き起こしを読むのはただただ苦痛であった。そのため、12月にシーズンが終わってから2月の期末まで、毎日6時間以上は勉強していた。大晦日も勉強しており、気づいたら年越ししていた時には心の底から法学部に進学したのを後悔した。それでも撤退しなければいけなかった授業やあまり単位が取れたか自信のない授業もありました。2年生は来年僕のようにならないでください。

 

そして2つ目の理由は引越しである。本郷に通いやすいようにするためと環境を変えるために引っ越すことにした。めんどくさがり屋の僕は基本的に親の力を借り、全部手伝ってもらうと思っていた。だが流石に21歳になり、自分の力で引越しすらできないのはまずいと思い、自分でやることにしたが、予想以上に大変であった。引越し希望日の5日前から業者を探し始めたので予算内で引き受けてくれるところを探すのに一苦労した。そして、ガス・水道・電気・wifiの手続きなどにも時間が掛かってしまった。基本的に午前は練習中で電話に出ることができず何度も折り返しの電話をしていた。無事に引っ越すことはできたが、いまだに前の家から持ってこなければいけない家具や段ボールの整理などをする必要があり、忙しい日々を過ごしている。

 

このように気づいていたらリレー日記の番が回ってきた。忙しい2月も終わったので、3月はラグビーに集中し全力で楽しんでいくつもりである。

 

次は東大ラグビー部の秘密兵器、4年の小野さんにバントンを回します。去年と一昨年は怪我が重なり、悔しかったと思いますが、最終学年で思いっきり暴れてくれることを信じている。また、小野さんは僕が撤退しなければいけなかった授業を全て取っているので本当に天才です。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2024年7月

<<前月翌月>>
2024/07/15(月) 20:13
財布
2024/07/12(金) 16:26
かき氷が食べたい
2024/07/10(水) 21:53
初めまして
2024/07/08(月) 22:41
2024年夏
2024/07/07(日) 18:00
部員みんなの憩いの場
2024/07/02(火) 22:43
カラオケ行こ!

アーカイブ

ブログ最新記事