ラグビー部リレー日記

早五ヶ月

投稿日時:2017/05/06(土) 22:54

常に明るく、愉快な後輩の濃野からバトンを受け取りました、3年の吉村です。
因みに僕は彼が"nono"なのか、それとも"nohno"なのか、気になっています。

昨年の11月末、武蔵大戦の前半10分。タックルされ倒された、その足に激痛がはしった。左中足骨を3本折っていた。
いまだに復帰は出来ておらずDL(けが人パート)としてトレーニングを続ける日々だ。

怪我人と言うものは、現在のチームに貢献するプレーは出来ない。当然だ、ラグビーが出来ないのだから。
故に、常に怪我が治った後、未来のチームのためを思って、体を鍛え続ける。
現在のチームを見て、己の現状を見て、臍をかみ続ける。

時というものは、意外と早く過ぎるもので、事実怪我をしてから今まであっという間であった。
ゆえに、だからこそ、自分は無為に日々を過ごしていないか、常に問い続けなければならない。
果たして自分は、全力でこの5ヶ月を過ごせたのだろうか。
あと、残りわずかなDL生活(であると信じている)を、全力で過ごすためには何をすべきか。
己にそう問い続ける。

本日はいよいよ東北大戦である。今なお願うことしか出来ぬ身であるが故に、伝統あるこの定期戦での勝利を祈念して、筆を置くこととする。

拙文失礼いたしました。次は、今一緒にDLとしてトレーニングを頑張っている、同期の荒木にバトンを渡したいと思います。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2020年6月

<<前月翌月>>
2020/06/04(木) 19:33
怪我の功名
2020/06/01(月) 18:05
虹はかかるか

アーカイブ

ブログ最新記事