ラグビー部リレー日記

自分で判断することの楽しさ

投稿日時:2021/01/16(土) 19:00

部活が一緒じゃなかったらおそらく僕の人生で交わることがなかったであろう、キラキラ女子大生の木下からバトンを受けとりました、4年の山本です。部活が一緒になってしまったが故に、意外と結構仲良くなりました。彼女の物事に対するエネルギッシュな姿勢と、周りへの気遣いを欠かさない繊細さは非常に尊敬しています。友達の多さにも納得です。今度分けてください。
 

ラグビー部を引退して、もうすぐ1週間が経つ。緊急事態宣言も発令されており、引退したからといって外で遊びまわったりすることができない分、東大ラグビー部での4年間をぼんやりと振り返ることができている。
 

どの1年も印象深いものばかりだったが、その中でも特に印象に残っているのは2年生の時である。

1年間ずっとジュニアで練習してきたので、高いレベルの先輩方と一緒に練習できることは非常に光栄であったし、刺激になった。一方で、練習や試合では毎回萎縮してしまい、周りに言われるがままにプレーしていた。

当時、ラグビーをすることが全く面白くなく、ラグビーが好きで入部した僕にとっては部活にいる意義を完全に見失っていた。
 

3年生になり、上級生となったタイミングで、主体的にプレーすることを目標に掲げた。言われたままにプレーするのではなく、自分で判断することを常に心がけた。これが果たして正解かは分からなかったが、当時の僕は何かを変えなければまずいと思ったのだろう。

SHというポジション柄、判断力を試される機会には一切困らなかった。

練習で腕試しを行い、練習ビデオを見ながら自己採点と復習を行う。

受験シーズン真っ最中ということもあり、受験勉強に喩えてみるが、模試みたいなものだろう。

手応えの良かった時は、早く解答を見て、自己採点をしたくなるし、逆に悪かった時は現実から目を背けたくなるものだ。それでも、問題を解いた以上、答え合わせをして復習をしないと意味がないから、しっかりと向き合わなければならない。

2年生までもビデオは見ていたが、かける時間は何倍にも増えた。その日のビデオだけでなく、昔のビデオを遡ったりもした。これは自分でも気持ちの悪い話だが、自信がなくなった時や試合前のイメージ作りの際に何度も見返したせいで、 3年生以降の練習・試合のビデオで満足のいくプレーができたシーンは日付どころか時間までしっかり覚えてしまった。

STAFFの方々、本当に毎日毎日素早くビデオをアップロードしていただきありがとうございました。これ以外にも感謝していることは多々ありますが、僕はここに一番感謝しています。
 

こんなことを練習・試合の度に繰り返していると、判断力の精度が上がっていくこともさることながら、ラグビーが楽しいという感情を取り戻すことができた。

決して上手なプレーヤーにはなれなかったし、常に一歩先には垣内がいたが、上級生としての2年間はラグビーが楽しかったし、ラグビー部に入ってよかったなと思えた。
 

大西さんや深津さん、川出さんをはじめとして、東大ラグビー部には素晴らしいコーチの方がついてくださっている。ラグビーに関することも、ただ指示するのではなく、僕たちがわかりやすいようにロジカルに丁寧に教えていただいた。コーチ陣の方々だけでなく、部員同士でも先輩・後輩問わずアドバイスをもらえる素晴らしい環境が東大ラグビー部には確かにある。

だからこそ、判断の際に「◯◯がこう言っていたから」みたいに、他人からのメッセージをそのまま理由にするべきではないのだと思う。他人の指示に従い、他人に責任を負わせるのは簡単なことだが、失敗しても心のどこかで責任転嫁をしてしまうし、成長の最大の養分となる失敗に真正面から向き合うことができない以上、成長速度も遅くなる。そして何より、人が言っていることをただコピーして実行することは、それはそれで難しいかもしれないが、楽しくはない。

少なくとも僕は、外部から学び得たものを自分の引き出しの中にしまいこんで、全責任を自分に負わせた上で、自分で判断し続けることで、向上心もラグビーの楽しさも取り戻すことができた。

本来、僕はガチガチの受け身人間であり、今でもどちらかというと受け身寄りの人間であることには変わりはないだろう。正直、やるべきことを指示されてそれをただひたすらこなすという方がやりやすい。

それでも、東大ラグビー部での4年間を通して、自ら判断して、それを実行していくことの楽しさを知ることができた。東大ラグビー部ではあまりに多くの経験をすることができたが、その中でも特筆すべき財産の一つだと思っている。
 

無事卒業することができれば、この春から社会に出ることになる。

東大ラグビー部で4年間を過ごしたことで、少しではあるが確実に大きな変化への第一歩を踏むことができた。

この4年間で培った経験を無駄にすることなく、主体的な人間へと進化を遂げることを今後の長い人生の目標としたい。
 

最後になりましたが、このようにラグビーを楽しむことができたのは沢山の方々に支えていただいたおかげに他ありません。

大学に入っても勉強そっちのけでラグビーを続けることを応援してくれた両親。

ラグビーの世界に引き込んでくださった武藤先生。

多くの活動を様々な形でご支援してくださったOBの方々。

ラグビーに限らず、多くのことを教えていただいた青山監督やコーチ陣の方々。

部活内外問わず可愛がっていただいた先輩方。

慕い、最後までついてきてくれた後輩たち。

そして、この4年間一番長い時間を過ごした同期のみんな。

この他にも沢山の方々にお世話になりましたが、本当に今までありがとうございました。今後も何らかの形でご縁が続くかと思いますので、何卒宜しくお願いいたします。
 

次は、4年間を通して一番印象の変わった矢野にバトンを渡します。1年生の時は威圧感が凄すぎて同期ながらビビっていましたが、今ではもう完全にゆるキャラです。威圧感すら可愛いです。彼は怪我が非常に少なく、強いコンタクトを武器に常に安定した仕事ぶりを発揮していたイメージがあります。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2021年2月

<<前月翌月>>
2021/02/25(木) 18:10
トップリーグ開幕
2021/02/22(月) 16:00
縄跳びの教え
2021/02/20(土) 23:17
”型”をつくる
2021/02/18(木) 01:28
TURFC2021 Start!

アーカイブ