ラグビー部リレー日記

深み

投稿日時:2022/12/10(土) 19:00

鵜飼からバトンを受け取りました、4年の玉代勢です。

鵜飼がマネジメントや分析の部門で活躍してくれたおかげで、ラグビーのプレーに集中できて、僕も活躍することができました。ほんとにありがとう。

また鵜飼とは今年同じスモブラで、つい先日も昼ごはんに行きました。後輩たちに頼まれているので今度は夜にスモブラ飯行きましょう。

 




 

最後のリレー日記なので、ありきたりですが僕のラグビー人生について振り返ろうと思います。
 

僕がラグビーを始めたのは高校からで、兄が同じ高校でラグビーをしていたこともあり、当時の監督から勧められてラグビーを始めました。高校での3年間は、正直楽しいという気持ちより、辛い、大変という気持ちの方が大きかったです。コンタクトスポーツに挑戦するのが初めてで、体をぶつける肉体的な痛みもありましたが、タックルなどのコンタクト自体は嫌いではありませんでした。それ以上に自分の実力不足で試合に負けてしまったり、ミスして怒られたりするのが精神的に辛かったからです。

 

高校の時に見たラグビーのコラムに、「ラグビーは深く、重く、ちょっぴり痛く、どこまでもまとわりつく」と書いてあったのですが、僕にはそのちょっぴりの痛みがどうしても激痛の間違いに感じられました。



 

一年浪人してから大学に入って、ラグビーはもうやらないと思っていたのですが、他にやりたいものもなく気づいたら入部していました。大学でラグビーを再開してからは、ラグビーの楽しさに少しずつ気づいていきました。だんだん練習やウエイトが楽しいと思うようになりました。

 

ありがたいことに一年生の時からスイカジャージを着る機会にも恵まれ、大きな怪我もなかったおかげで、たくさんの試合を経験しました。印象に残ってる試合が多すぎて、ここに書こうにも書ききれないので省略しますが、試合ごとに様々な感情を味わいました。勝って涙が出た試合、無力感を感じて泣いた試合、成長を感じられた試合、自分のせいで負けて情けなさを感じた試合、味方の「魂」を感じた試合。いろいろな経験をする中で、大学3年目のシーズンが終わる頃には、ラグビーというスポーツが好きになるまで成長しました。




 

 

特にラストシーズンでは、ラグビーから多くのものを学ぶことができました。

今年のシーズンが始まる時、チーム目標を入替戦出場ではなく、対抗戦全勝での入替戦出場にしたこと、シーズン初めから行ったCCやBBCなどのトレーニング、新たに取り入れた戦術など、僕は今までと違うものが導入された時に、毎回疑いを持って初めから信じることができませんでした。
 

しかし、シーズンを終えようとする今、掲げた目標やトレーニングが間違っていなかったと自信を持って言えます。

これは、自分の決めた選択が正しかったというより、その選択が正しくなるように進んだ結果だと思います。

体は一回り以上大きくなり、目標だった全勝入替戦は達成できなかったが、対抗戦3位となったこと。これらはもし最初に決めた選択が違っていたら全く異なる結果になっていたはずです。
 

「選んだ道を正解にする」
 

と、よく聞く言葉はまさにこのことだと思いました。



 

あと2週間で引退になりますが、幸いなことにまだ2試合残されています。自分がラグビーを始めた選択が正しかったと言えるように、どちらも納得できる勝ち方をして完全燃焼したいと思います。



 

最後になりますが、ラグビー部の仲間や、関わってくださった関係者の方々、本当にありがとうございました。

家族のみんな、ラグビー部での活動を支援してくれて、見守ってくれてありがとう。

 




 

次は4年間常にオールアウトしてきた内藤にバトンを渡します。

内藤とは同期の中でも仲良くさせてもらいましたが、彼とのいい距離感が僕はとても気楽で楽しかったです。お互い普段からよく考えて話すタイプなので、いつからか「カタ」と「ステイ」の2単語だけで会話出来るようになりました。そんな深みのある内藤のリレー日記が楽しみです。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2024年6月

<<前月翌月>>
2024/06/20(木) 19:00
はり
2024/06/16(日) 22:51
キッカー右足!
2024/06/11(火) 22:10
僕はシナモン
2024/06/08(土) 21:25
常識力が欲しい
2024/06/05(水) 18:45
ラグビーについて

アーカイブ

ブログ最新記事