ラグビー部リレー日記

優柔不断

投稿日時:2023/07/17(月) 10:24

ラグビー部が誇る爽やかイケメンの陸人さんからバトンを頂きました1年の広常です。先日はご飯ごちそうさまでした。赤裸々な話をたくさんできて楽しかったです。勉強面は陸人さんを反面教師にして頑張りたいと思います。

 

一昨日の練習、昨日の定期戦帯同をもって1年生はオフに入りました。僕はスタッフでありながらJr.練にも参加させていただきました。特に最初は練習とスタッフの仕事を両立すべく週6でラグビー場に向かう異次元の生活を送っていたので大変でした。流石に自分のキャパを超えている感じがしたので途中からスタッフのシフトから外させてもらって練習に専念することにしたのですがそれでも一般的な大学生よりは忙しい生活を送っていたので、オフまでやりきれてよかったなあという気持ちです。

 

それにしても僕はなぜこんな大変な思いをしてまで練習に参加していたのか。色々な理由があったのですが改めて整理してみました。

 

①同期と仲良くなるため

最初の理由はこれでした。これから4年間という長い時間を共にする上では同期のプレイヤーと早めに仲良くなるのが重要だと思い、練習で彼らに混ざるのが手っ取り早いと考えました。実際彼らとはこの3ヶ月弱でめちゃくちゃ仲良くなったと思ってます。

 

②スタッフの仕事に役立ちそうなため

僕はS&Cや分析をやりたいと思いスタッフとして入部しました。これらはラグビーへの理解が重要な仕事で、これ以外でもラグビー部に所属している以上ラグビーの事がわかっているに越したことはないと思うので実際に練習に参加して学ぼうとしていました。

 

③選手転向の可能性も0ではないため

ほぼ冷やかしで、「体動かすか~」みたいなノリで参加した4月末の練習の時でした。2対1の練習で僕は普通にパスを放ったのですが、ジュニコの國枝さんや廣瀬さんがめちゃくちゃ褒めてくれました。スクールでラグビーをしていた小学生の時はボールを貰ったら自分で突破することしか考えないような脳筋FWだった僕はパスを褒められるなんて思ってなかった上に性格的にもチョロいため、おだてられて調子に乗って「選手でもいけるんじゃね?」などと思うようになりました。また、どうせなら選手やれば?的なことを高校の同期や大学でできた友人に言われることも結構あり、選手という選択肢を日に日に意識するようになっていきました。もちろん本当に選手をやるとしたらフィジカルもスキルも全く不足しているし、怪我のリスクもあるし、試合に出るまでの道のりは長いと思うので悩ましいところではあるのですが…

 

正直なところ未だに決めかねているのが現状です。本当は7月に1年生試合が予定されておりそれを踏まえて決めようと思っていたのですが、延期となってしまい非常に困ってます。合宿までには決めないといけないので時間的にも悩めるタイムリミットは迫ってきているのですが、自分で納得いく決断ができればなと思います。

 

 

次は同期スタッフであるのなちゃんにバトンを渡します。彼女は積極的な仕事ぶりで既に上級生からの信頼を勝ち取っていて尊敬しています。一方僕はスタッフなのに前述のように途中からシフトから外れ練習に入っていたので、のなちゃんはじめスタッフの人たちに迷惑をかけました…反省しています…

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2024年5月

<<前月翌月>>
2024/05/30(木) 13:47
肩 have a good day
2024/05/22(水) 20:22
くるま
2024/05/17(金) 17:50
ふざけたmocky
2024/05/13(月) 20:00
パート2
2024/05/11(土) 20:10
Jora
2024/05/08(水) 18:59
BMI17
2024/05/06(月) 20:37
地団駄を踏む
2024/05/03(金) 17:23
いらすとや4
2024/05/02(木) 12:37
明日走れるかな

アーカイブ

ブログ最新記事