ラグビー部リレー日記

乳幼児VS高校球児VSキュアブラック

投稿日時:2023/12/07(木) 17:00

前川から、温かくもどこか人聞きの悪いバトンが飛んできました、四年の関戸悠真です。一緒に井の頭線に乗って帰ったり、夜の井の頭公園を散歩したりとめっちゃ良くしてもらいましたが、二年の終わりに私が引っ越したせいでそこからは前川と遊ぶ機会が少なくなってしまいました。他の理由はありません。断じて。前川は四月に私の実家に来てくれて、一緒に私の近所巡りをしたのも良い思い出です。頭の回転がよろしすぎるせいかクールなイメージがついちゃってるっぽいのですが、同期思いのアツいナイスガイです。プロテイン代返せ。



「サブスクリプションの普及によって、毎年プリキュアのハードルが上がり続けるようになった」という言説があるそうです。思い返せば実家の日曜朝は、妹がいるため毎週プリキュアの時間でした。私は、最後の晩餐には荷が重いでお馴染みのコーンフレークを流し込みながら流し見程度にしか見ていませんでしたが、女の子が日曜朝に見るものなんてプリキュアの一強独占状態。公正取引委員会に睨みを利かされながらのオンエアであるとばかり思っていました。そんな意識の高さが求められる業界になっちゃったとは初耳です。一体どんな理由なのでしょうか。

huluやらU-NEXTやらに入っていると、歴代のプリキュアがたちどころに観賞できてしまうわけで、最近新しくプリキュアを見始めた〇〇ちゃん(4)が、「パパ、むかしのプリキュアもみてみたい」となるのは自然な流れです。しかし、問題はここから。〇〇ちゃんの感想が「ほーん、20年前のプリキュアいうてもまあまあ見れたもんやな。おもろいやんけ。」でとどまれば良いのですが「いまやってるプリキュアよりもおもしろい。こっちのほうみる」なんて言い出す事態になったら大変です。視聴者がサブスクに吸われることで現在放送中のプリキュアの視聴率が低下し、今後のシリーズ展開が滞ってしまいかねません。加えて、変身グッズあたりの売れ行きも伸び悩むとなるとプリキュアのビジネスモデルそのものが揺らぐ一大事です。何より厄介なのは、シリーズ物であるためにターゲット層が丸かぶりしていること。他作品との競合ではそこまで視聴率層を奪い合うことはなかったかもしれませんが、シリーズ物の過去作となると丸々パイの取り合いになってしまいます。大ピンチです。

故に、プリキュアの製作陣は、常に歴代最高のプリキュアを目指し続ける必要があるのだとか。地上波で放送中のプリキュアが真に倒すべきは、平和な日常を脅かす嫌な怪物でも、世界転覆を企む巨悪組織でもありません。キュアスカイの敵はキュアブラックであり、キュアホワイトなのです。プリキュアの諸先輩方は幾度となく死線をくぐってこられた強者揃いであると推察しますが、その偉大な先人に追いつこうとするその断固たる向上心には、ただ頭の下がる思いです。

今年の春先、我が楽天イーグルスの春季キャンプ映像をチェックしていたら、中心選手である松井裕樹が「今年の目標は現状維持です」などとプロ野球選手としてはぶっちゃけありえない発言をしていました。おいおい、プリキュアの皆さんの向上心を見習うべきだろ、なんて思っていたら昨11月、彼は米国メジャーリーグへの挑戦を表明してしまいました。新人時代に投げては打たれてを繰り返し、当時の星野監督に「高い授業料だな」なんて言われていたころを思い出すと少し寂しくもなりますが、彼もプリキュアを見て大切な何かを思い出したのでしょう。何よりです。

同じことは他のシリーズ物にも言えます。現在放送中の仮面ライダーが倒すべきは仮面ライダークウガであり、カブトであり、電王です。
相棒シリーズでいうと、2023年の水谷豊が倒すべきは10年前の水谷豊であり、20年前の水谷豊なのです。
相棒 全22シーズン分、計22人の水谷豊が殴り合っている所を想像するとあまりにもシュールですが、そんな紅茶沸き肉踊る大乱闘があるならば、ぜひ見てみたいものですね。
 

時々、同じことを私でも考えたりします。ルールは下の通りです。

2001年末から2023年末まで各年の年末の自分が23人集まって、バトルロワイヤル形式で戦闘を行う。最後に勝ち残ったのが勝者。

今回で22回目を迎えるこの一人バトロワですが、これまでは、常に一番最新の自分が優勝し続けてきました。そして、それは今年も恐らく変わりません。今年の私は去年の私と戦ったら恐らく勝てるし、去年の私は一昨年の私にも勝てたはずです。言い換えれば、今までの私は世界も救ってテレ朝も救う、完全無欠のプリキュアだったのです。
しかし、それも今年まで。引退したら筋肉も大きく落ちるでしょうし、来年以降の自分が今年の自分に勝てるとは思えません。こうして、今後私が死ぬまでの一人バトロワは、22歳の私の独壇場へとなりはてるしかないのです。

もう無理だ。22歳の自分には勝てっこない。そんなこんなで諦めかけていると、どこからともなく声が聞こえるのでしょう。「諦めないで!まだやれることはあるはずよ!」と。そうだったね。大切なことを忘れていたよ。ありがとう松井裕樹。

てっきり勝負は決まったものと思っていましたが。まだ手は残っています。フィジカルでは敵わなくとも、おっさんになったら格闘技のジムに通って、関節技でギブアップを狙うとか、無力無害なジジイのフリをして後ろから奇襲とか、「未来の有馬記念の結果教えてやるから俺には攻撃しないでくれ」って22歳の自分に頼むとか。やれることはあるはずです。なんとかして今年の私を倒したいと思います。頑張ります!

 

伝える機会があまり無さそうなので、お世話になった部員ではない皆さんへ

 

OB/OGの皆様へ

一部員として活動する中で、様々な折に触れて皆様のご支援、ご指導の温かさを感じてまいりました。本当にありがとうございました。今後も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

 

リレー日記へ

ペラペラ中身無し文章しか残せませんでしたが、リレー日記を書くのがとても楽しくて、大好きでした。書きたかったことの大部分は書かないままに最後を迎えてしまいましたが、いつか将来、私がリレー日記を読み返す時があるかもしれません。その時まで、大学時代のマヌケでアホな私をとっておいてもらえると嬉しいです。
 

パーフェクト超人工房の皆さんへ

ホームページ、特に会長のブログはちょこちょこ覗いていました。在籍時にお教えいただいたことは今でも強く覚えていますし、皆さんのニュースを見るたびに嬉しい気持ちになっていました。ありがとうございました。

 

高校同期の皆さんへ

遊びに誘ってくれたり、試合を見に行きたいと言ってくれたり、めっちゃ嬉しかったです。選出されるかどうかはギリギリですが、もしも一高野球部が21世紀枠に選ばれたら、一緒に厚先生の甲子園デビューを拝みに行きましょう。

 

若生へ

あなたとのLINEがちょっとした楽しみでもあり、ちょっとした支えでもありました。本当にありがとう。どうかこの先も、私のよい友達でいてください。

 

家族へ

手紙を書くので読んでください。

他にも多くの皆様に支えていただきました。ありがとうございました。
そして部員の皆さんには、自分の口から直接感謝を伝えさせてもらえればと思います。


次は、何度も怪我を乗り越えて四年間やりきった岩下にバトンを渡します。長いDL生活からの復帰初日、一発目のメニューの一歩目で足首を骨折するなど数多くの怪我を経験し、「この世のすべての怪我を経験したのではないか」「今までのテーピング代でベンツが買えるのではないか」などなどさまざまな噂が飛び交う彼ですが、その度に折れることなく復帰し続けてきた不屈の男です。そのおでこは広いだけで、侵食はしていないとのことですが、真相は闇の中です。数年後同期で集まったら、おでこの見せ合いっこしましょう。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2024年2月

<<前月翌月>>
2024/02/25(日) 15:02
愉快な1ヶ月
2024/02/23(金) 19:00
神様仏様、文才が欲しい
2024/02/19(月) 11:18
オヌヌメ。
2024/02/18(日) 17:00
体重増えた?
2024/02/14(水) 19:29
はなとわたあめ
2024/02/12(月) 12:22
ぜいたくは敵だ
2024/02/09(金) 23:59
自然
2024/02/05(月) 14:47
自信に根拠を。
2024/02/02(金) 22:00
1/4

アーカイブ

ブログ最新記事