ラグビー部リレー日記

菅平

投稿日時:2019/08/17(土) 16:04

大きな四頭筋を使ったキレキレのステップで相手を抜き去る藤井さんからバトンをいただきました一年の曽根です。



東京大学ラグビー部は山中湖と菅平で夏合宿を行います。もう山中合宿は終えて残るは多くの試合が組まれている菅平合宿のみとなりました。僕は高校からラグビーを始めたので菅平に行くのはかれこれ4回目となります。初めて菅平に行く前、なんとなくラグビーの聖地であることは認知していましたが、いざ行ってみるとそこは想像以上にラグビーの街でした。街中を歩くのは農家の方かいかつい体をしたラグビー関係者しかいません。また、少し高台に立つと眼下に広がるラグビー場の数に圧倒されます。真夏の8月9月に全国のラグビーチームが菅平に集結するのです。よく考えたら不思議なことです。サッカーや野球にこのような聖地は存在するのでしょうか。僕の知る限り存在しないと思います。今回は菅平がラグビーの街となった経緯について調べたので紹介したいと思います。



菅平のラグビーの歴史は昭和6年から始まりました。観光目的として建てられたホテルは冬季以外に利用方法がありませんでした。そのことについて上田丸子電鉄専務取締役柳沢健太郎さんが当時の法政大学ラグビー部部長に相談したことを機に法政大ラグビー部の合宿地が菅平となりました。その後、早大ラグビー部を筆頭にさまざまな大学が菅平にやってくるようになります。足りなくなったグラウンドを補うように、いくつかの大学が旅館と専属契約をしてグラウンドを作り始めました。それに付随するように他の旅館も専用グラウンドを作り始め現在に至るそうです。自分が菅平におけるラグビーの歴史の一点になると考えると感慨深いものです。



次は不気味なスマイルを浮かべ完全復帰が近いたくろうさんです。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2020年7月

<<前月翌月>>
2020/07/12(日) 13:19
多面的に考える
2020/07/11(土) 13:22
明日の足し算
2020/07/09(木) 12:44
好きな食べ物は
2020/07/07(火) 17:41
七夕
2020/07/03(金) 20:00
人生を豊かに

アーカイブ

ブログ最新記事