ラグビー部リレー日記

自分にとってのラグビー

投稿日時:2021/01/04(月) 18:50

試合中のスクラムでは後輩でありながら4年生を引っ張ってくれて本当に頼りになる、3年の斎藤からバトンを受け取りました。4年の吉村です。


皆さん、あけましておめでとうございます。部としては新年一発目、そして自分の中ではこれが最後のリレー日記となりますので、大変プレッシャーを感じています。

何を書こうか迷いましたが、今シーズン感じたことを書き連ねようと思います。


4年間振り返ってみると、とにかく怪我が多かったです。特に脳震盪には悩まされ続けました。1.2年生では無我夢中で相手にぶつかって行くことが至極の楽しみだったのですが、脳震盪を続けてしまいドクターストップで戦線を離脱することがありました。またコンタクトプレーに恐怖心が芽生え、抵抗を持つようにもなりました。そんな中でも暖かく迎えてくれた部員達には感謝してもしきれません。同期、後輩がむしゃらに頑張ってる姿、そして怪我のサポートをしてくれるマネージャーには何度も何度も励まされました。本当に人に恵まれながら、4年間やってこれました。本当にありがとうございました。


そして怪我も完治して脳の心配もなく練習に集中できるようになったのは4年生になってからでした。しかも今年大西さんのハイレベルな指導の元でできたことが本当に運が良かったなと心から感謝しています。コロナ禍 ということもあって大西さんの元では半年ほどしか学ぶことができませんでしたが、それは対抗戦に臨む自分にとっては大きな自信となりました。


そんな中で臨んだ対抗戦では結果グループ6位という不甲斐ない結果ではあり、かなり悔しいのですが、後悔というものはありません。正直4年間の中で一番頑張った年が4年生の年だったと胸を張って言えますし、どれだけ相手が強くても負ける気がしなかったのは初めてでした。今シーズンは本当に楽しかった。ラグビーもとても好きになれた。


中学1年生の時に軽い気持ちで始めたラグビーがここまで自分の中で大きなものになるとは思いませんでした。練習以外の実生活の中でもラグビーの精神は自分の中で生きているととても実感しています。ラグビーを始めてくれた中学1年生の自分を褒めてやりたいです。



今シーズンは京大戦で終了を迎えるのですが、今年になってからでもコロナの猛威は収まることなく、いつシーズンが終わってもおかしくない状況です。悔いのないよう、残り少ない時間を全力で東大ラグビー部に捧げようと思います。皆さま、引退までどうか応援のほどよろしくお願いいたします。

同期、部員のみんなも残り少ない時間ですが、一緒にラグビーを思う存分楽しみましょう。


最後になりましたが、様々な形で支援してくださったOB・OGの方々、監督、コーチ、本当にありがとうございました。


次はジュニアの時代からは想像もできないくらい体が大きくなって、めちゃくちゃうまくなって、本当に頼りになる4年の松井にバトンを回します。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2021年2月

<<前月翌月>>
2021/02/25(木) 18:10
トップリーグ開幕
2021/02/22(月) 16:00
縄跳びの教え
2021/02/20(土) 23:17
”型”をつくる
2021/02/18(木) 01:28
TURFC2021 Start!

アーカイブ