ラグビー部リレー日記

新チーム始動にあたって

投稿日時:2015/01/17(土) 22:32


リレー日記をご覧の皆様
明けましておめでとうございます。
新チームの副将を務めさせていただきます新4年の木下魁です。
今年も東京大学ラグビー部をよろしくお願いいたします。
 
森主将をリーダーとする東京大学ラグビー部2015年のチームは先日プレシーズンミーティングを行い、現在は2月8日の本格始動に向けて、WTでのフィジカル強化、ポジション毎でのスキルアップに取り組んでいます。
                                              
今年は私たちにとって勝負の年です。先輩方の残してくれた財産を土台に、さらに強いチームを築き、過去2年の4勝3敗という成績を越えて、目標である「入れ替え戦出場」を達成しなければなりません。
4年生にとっては最後の1年であり、今年の新4年生18人はチームを入れ替え戦に導くべく、1年間必死で努力を続けていく所存です。しかしながら私たちの代は、松木さんの代のような強力なリーダーシップも、川島さんの代のような深いラグビー理解や高いスキルも持ち合わせていません。4年生が1年を通して成長し続け、チームを引っ張ることは当然ですが、目標達成のためには多くの方々に力を貸していただく必要があると考えています。監督・コーチ陣、トレーナーの方々、下級生、そしてOBの方々をはじめとする東大ラグビー部を応援・支援してくださるすべての方々に、2015年のチームにお力添えをいただけますようこの場を借りてお願い申し上げます。
 
特に下級生にはグランド内外で力を貸してもらわなければなりません。4年生の私たちが今年を勝負の年と捉えていることは当たり前です。しかし下級生の中のどれだけが今年のシーズンに対して同じ認識を持っているでしょうか。私たちの代でも「これまでの3年間、1年1年が勝負だと思って本当に必死で努力してきたか?」と聞かれれば、自信をもって首を縦に振れない人間も多いと思います。ただそれでは東大は強くなれません。ライバルたちよりもスタートラインが低い東大は、全員が「1年1年を勝負の年と認識して必死で努力し、それを4年間積み重ねる」ことで初めて他校の背中に追いつき・追い越すことができるのです。今年は昨年以上に下級生の力が必要になると思います。自分たちができなかったことを要求するのは心苦しいですが、今年の目標達成のため、そして継続的に強い東大をつくりあげるために、下級生にも“必死さ”を求めていかなければならないと考えています。
 
前置きが長くなりましたが、皆様にお力添えをいただくための第一歩として、「4年生の思い」というものを発信していくべきだと考え、シーズンイン前ではありますがリレー日記を更新することといたしました。私たち新4年生には“これまで3年間の思い”“今年にかける思い”“自分の決意”“チームメイトに求めること”など語るべきことは山ほどありますが、それを凝縮してリレー日記という形でお届けします。2月8日までに新4年生全員が更新いたしますので、目を通していただき、私たちの“本気”を感じていただけたらと思います。
 
なお、私自身の思いは森主将の思いとともに、特集記事 VOICE:2015(PC版トップページ左端のバナーからご覧いただけます)に記してありますので、そちらをご覧ください。
 
それでは新4年生が熱い思いを乗せてバトンをつなぐリレー日記。
最初は昨年とは違うポジションで新シーズンに臨む川口峻悟にお願いしたいと思います。
 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2024年5月

<<前月翌月>>
2024/05/22(水) 20:22
くるま
2024/05/17(金) 17:50
ふざけたmocky
2024/05/13(月) 20:00
パート2
2024/05/11(土) 20:10
Jora
2024/05/08(水) 18:59
BMI17
2024/05/06(月) 20:37
地団駄を踏む
2024/05/03(金) 17:23
いらすとや4
2024/05/02(木) 12:37
明日走れるかな

アーカイブ

ブログ最新記事