ラグビー部リレー日記

先輩

投稿日時:2016/12/02(金) 20:49

先日、イケメン東大生として雑誌に掲載されていた江崎からバトンを受け取りました、二年の鎌田です。
彼のルックスに関しては羨ましい限りです。

前回(7月)のリレー日記では後輩について書かせていただいたので、今回は四年生の先輩方について書こうと思います。


今年の四年生は偉大でした。

四年生の誰しもがチームのことを思い、最前線で体を張っていました。
私はスイカのジャージをもらい、一緒に戦うメンバーでありながらも、何度も感動させられたことをよく覚えています。
対抗戦に加え、定期戦や練習試合での雄姿は鮮明に残っています。
思えば、普段の練習も、きついとき、苦しいときに声を出していたのは四年生でした。
私たちは無意識に四年生に頼りきっていたのかもしれません。

そんな四年生とともにラグビーができる時間も、気づけば残り三週間となってしまいました。

残された時間で私たちができることは何でしょうか。
先輩方への感謝、来年は自分たちが上級生になるという自覚。
挙げればきりがないことかもしれません。
あまりにも駆け足で過ぎ去ってしまった対抗戦シーズン中、考えることができなかったこと。
残された短い時間の中、時間の限り考え続けたいと思います。

次回からは四年生が一人ずつ書くそうです。まずは稲垣さんにお願いしたいと思います。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2020年6月

<<前月翌月>>
2020/06/04(木) 19:33
怪我の功名
2020/06/01(月) 18:05
虹はかかるか

アーカイブ

ブログ最新記事