ラグビー部リレー日記

<<前へ
rss

七夕

 written by 寶島 立之助 投稿日時:2020/07/07(火) 17:41

よく考えてみると共通点があんまりなくポジションも全然違うのに何かと接点が多い杉浦からバトンを受け取りました。4年の宝島です。彼もここ最近はずっと笑顔でとても幸せそうです。何かいいことでもあったんでしょうか。

今日はタイトルにもある通り七夕で77日ということですが、318日に部活動が急に活動中止になってから実に3ヶ月半もの間集まれていないという状況が、今年も豪雨で会えそうにない織姫と彦星の関係と似通っているように感じます。彼らはなんでこんな梅雨時を選んでしまったのか気になります。また、例年であればこの時期は春シーズン最後の追い込みの時期で、シーズンの集大成としての九大戦に向け当たり前のように練習していたかもしれないと考えると結構な時間が経ってしまったんだと実感します。この3ヶ月半の間にも、季節は春から夏へと確実に移り変わりつつあり、世間でもコロナウイルスの流行に対して何でもかんでも自粛が推奨され、外出や人と会うことなんてもってのほかといった考え方から、次第に最大限の感染対策と個人のそれぞれが注意を払うことを前提とした新しい生活様式を取り入れ、徐々に生活を取り戻していこうといった考え方にシフトしつつあるように感じます。しかし、新しい生活への兆しが見え始めているようにも感じられる一方で、実際のところテレビでは依然として毎日100人近く、最近は100人を超える感染者数が報じられ、警戒を怠らないよう叫ばれ続けていますし、大学でも授業は当たり前のようにオンラインで行われ、もちろん部活動も以前のように駒場にみんなで集まり、一緒にラグビーをすることは叶っていません。
こんな状況ですが僕自身はというと、最近は日々のトレーニングに加えて卒論に向けた準備や院試のための勉強などが始まったおかげで、思ったよりも多忙な日々を過ごせています。今回のリレー日記では、そんな中で感じた、今までの自分の行動や物事の選択と周りの環境の関係について書こうと思います。

突然ですが、道端で他人が荷物をぶちまけてしまっている状況を想像してみてください。この時、一緒に拾ってあげるか無視するかというのはもちろん個人の性格やその時の忙しさなどにもよるけれど、一般的な人が実際にその状況に遭遇してその人の荷物を一緒に拾ってあげるかどうかは、周りに他の人がどれくらいいるかで結構変わると思います。つまり、周りの人が多ければ多いほど自分が拾わなくてもいいかという気持ちが大きくなり、無視する人が多いはずです。

これは集団心理の一つで傍観者効果と呼ばれるもので、ある事件に対して周りに人がいると率先して動かなくなる現象です。同じような例は他にもあり、例えば、人が倒れていて周りに人がたくさんいるにもかかわらず誰も救急車を呼んでいなかったり、迷子で泣いている子に周りの大人が誰も救いの手を差し伸べず都会は冷たいなどと言われたりすることがこれにあたります。

この現象が起こる理由は、周りに人がいることで「自分がしなくてもいいか」とか「自分だけが行動して浮くのはやだしみんなと合わせるか」といったような感情が芽生えるからで、これはつまり、自分の行動選択の正当性を、他の大多数が同じことをしているという事実に委ねるということになります。このような効果が起こる例をみると、他人を助けるといった自分自身の将来にあまり関係のない選択においてばかりです。しかし、自分の今までを振り返ってみると自分自身に関係する結構大事な選択の場面においても、このような効果が理由の中で多くの部分を占め、選択を左右する要因となってしまっていることに気づきます。

高校でラグビーを秋まで続けた選択も、当時は春に不甲斐ない負け方をしてそのまま辞めたくはなかったからといって選んでいたはずだが、実際は同期が全員続けるという環境があったからであって、もし仮に誰も続けないとなったら自分もおそらく続けていないと思います。また、同期が全員受験勉強に専念するより部活を続ける選択をした理由も、秋まで続けたほうが本当に自分の利益になるかどうか考えたというよりも、それまで見てきた先輩方が全員秋まで続けていたのを見てきたというのが大きなはずです。さらに、浪人する決意をしたのも、一年余分にかかっても東大を目指したいと考えたからというより、実際は卒業生の半分ほどが浪人する旭丘の風潮があったからというのが大きいです。また、大学で今現在院を目指して勉強しているのも理系は修士まで行ってナンボといったような風潮に流されてしまっているように感じます。

こういう理由付けは正直複雑な問題について深く考えずに理由付けでき、責任も人数が多いほど少なくなるような気がするのでとても選びやすいため、自然と有力な理由の一つに数えてしまうように思われます。しかし、これを繰り返してしまうと自分が本当は結局何をやりたいのかということに対する答えがいつまでも出ず、重要な問題を後回し後回しにするだけで、何も解決しないまま事が進んでしまいます。
大学生になり、こういう複雑な問題のうちラグビーに関連していることに関しては、今までチームビルディングや4年生ミーティングなど様々なところで何度も話し合い深めていくプロセスを踏んでこれていて、コロナ禍でも部活を続けるモチベーションの基盤になっています。しかし、ラグビーにはあまり関係のない自分の将来の部分に関してはいまだに深く考えることはできていません。

コロナ生活でほぼずっと家で一人でいることで自分の内面に意識が向き始めていることや、スモブラで最近似たような話をして将来について考えることがあったこと、さらに研究室に配属された後で自分の研究を進めていったり、院試に向けての勉強を進めたりしている中でこのようなことを考えるようになりましたが、これをいい機会にし、生活のほとんどを占める一人の時間を利用してしっかりと自分の意志や将来について考えていこうと思います。

さて、文頭に書いたなぜこんな梅雨時に七夕が行われているかという事ですが、実は七夕が昔から伝統的に祝われていたのは新暦の7月7日ではなく、旧暦の77日であるため、本当はこんな梅雨時ではないそうです。旧暦に基づいて考えると今年の本当の七夕は825日ということになるらしいですが、その頃には晴天の下で部活も再開し、織姫と彦星もめでたく会えるようになっていることを願い、短冊に書きとめ掲げておきたいと思います。


次は、若者の街渋谷が産んだ超絶パリピ人間の玉代勢にバトンを回します。僕は彼のブラックジョーク的な笑いがとても好きです。
 

人生を豊かに

 written by 杉浦 育実 投稿日時:2020/07/03(金) 20:00

 グラウンド外では笑いで、グラウンド内では激しいコンタクトと巧みな戦術眼でチームを引っ張る前原さんからバトンを受け取りました。3年の杉浦です。

 世間では少しずつ日常を取り戻しつつありますが、大学では部活動はもちろんのこと、依然として対面の授業もできていません。そのような日々ではありますが、練習再開に向けて今出来ることに精一杯取り組んでいます。今回は、満足にラグビーができない中、モチベーションを保つために思案した、自分が東大ラグビー部に所属している意義に関して書こうと思います。最後までお付き合いいただければ幸いです。

 私がラグビーを始めたのは、家族の影響である。父がラグビーをしており、その関係で兄も幼少期からラグビースクールに通っていたため、物心ついた時から楕円球がすぐそばにあった。3歳から20歳の今に至るまで、人生の大半をラグビーに費やしてきた。その17年間の中でも東大ラグビー部で過ごしている時間にはとりわけ大きな価値を感じている。この価値を生み出している源は、東大ラグビー部の目的意識にあると考える。

 私なりの解釈ではあるが、東大ラグビー部の目的意識とは、「ラグビーに真摯に取り組むことで人生を豊かにする」というものであると考えている。高校時代まで「花園出場」といった具体的な目標は持っていたが、ラグビーをすること自体に深い目的や意義は持っていなかった。1年生の時、新歓をされる中でこの言葉を耳にして、とても強く私の中に響いたのを今も覚えている。

 「ラグビーに真摯に取り組むことで人生を豊かにする」という言葉には、ただラグビーをやっていれば良いわけではなく、その先にある何かをつかまなくてはいけないという意味がある。確かに、いくらパスやキックが上手くなったところで、実生活に役立つとは言えない。むしろ、ラグビーが上手いことを鼻にかけて、横柄な態度をとろうものならラグビーをやっていることはマイナスに働くだろう。

 では、「人生を豊かにする」ために「ラグビーに真摯に取り組む」とはどういうことなのだろうか。ここでの「ラグビー」は、競技シーンのみではなく、東大ラグビー部としての活動全体を指しており、グラウンドでのプレーが上達する以上に、東大ラグビー部という組織の中で人間的に成長することが「人生を豊かにする」ことにつながるのではないだろうか。

 今、私たちはラグビーをプレーすることは出来ない。だが、東大ラグビー部に所属している限り、人間的成長の機会はまだまだたくさん残されている。活動を再開したときに、胸を張って成長した姿を見せられるよう、今出来ることに真摯に取り組もうと思う。

 お読みいただきありがとうございました。次は、スモブラや練習チームで大変お世話になっている宝さんにバトンを回します。先日、幼少期の写真を見せてもらいましたが、今と変わりない素敵な笑顔でとてもかわいかったです。
 

東大ラグビー部の理念/有意義な自粛期間

 written by 前原 一輝 投稿日時:2020/06/30(火) 23:52

 関西人らしからぬ都会的なツッコミに定評のあると言われる内藤から紹介を受けました4年の前原です。今年度リレー日記2周目の1発目なので長文で真面目に書こうと思います。



 2020年は誰も予測し得なかった年になっています。新型コロナウイルスの世界的な広がり、BLM運動、オリンピック延期のみならず、世界的な蝗害やオーストラリアの森林火災などの大規模な環境問題もありました。特にコロナウイルスとBLM運動に関しては、世界史上で現代と位置付けられていた我々の生活様式や価値観を転換させうる力となっています。例えば、世界中で働き方が変わりつつある。それに伴い都市部一極化解消に向けた動きもちらほらと見られるようになった。移動を伴うグローバル化の波に陰りが見える。産業化の環境への悪影響が浮き彫りになる。フィンランドが経済と安全は二項対立で処理できない問題であることを体現する。アメリカでは国民国家の矛盾が表面化している。暴力装置が機能不全に陥り、ウェーバー以降の主権国家の前提に綻びが見える。我々はまさに歴史の転換点にいるのだという実感を情報の海の中でひしひしと感じます。



 これらのことはメディアを通じニュースとして知るところとなっていますが、我々学生の身としても肌で様々なことを感じ、考えさせられました。

 

 例えば授業でも多くの変化がありました。私は今学期の授業の殆どは愛知の実家で受けました。試験の形式についてはまだ具体的に公表されていませんがこれで単位取得、学位授与が認められるならば大学の所在地付近に住み、キャンパスに通う意味の重要な部分が否定されます。日本全国どこからでも同等の教育にアクセス出来ることになるからです。拡大して考えると、海外の大学教育へのアクセスも従来と比べ非常に容易になる可能性もあります。このように、特に実家が愛知県で東京で一人暮らしをしてきた私にとって、"東大生である"ことや"大学で学ぶ"ことはどういうことなのかについて深く考えさせられました。



 部活についてはここに書き切れないほど、特に4年生は自らの存在や組織の存在について観想したと思います。そのような中で私は、この期間は東大ラグビー部の"理念"を見つめ直すいい機会だったと感じます。

 4年生は今シーズン始動前、何度も何度もミーティングを重ねました。その中で何度も議論の種になったのは"目標"と"理念"でした。



 目標は結果ベースの具体的、定量的な指針であり、今年度は入れ替え戦出場を掲げました。これはその具体性からイメージし易く、それぞれの意見の相違こそあれ、最終的に合意を導くまでの筋道は全員が共有できるものでした。     



 それに対して理念は、抽象的で長期的な指針であって定義すらも曖昧で、それを言語化する必要性に疑問を持つ者もおり議論は難航しました。議論に際しこれまでの東大ラグビー部約100年の歴史を振り返り、青山監督やOBの方々から貴重なお話をお聞きし、外部の方々の力もお借りしながら思索を深めました。そして自分たちが何故東大ラグビー部に所属しているのか、東大ラグビー部という組織は何の為に存在しているのかという問いを立て、我々なりに不器用ながらなんとか答えを出しました。このホームページの「AboutUs」から「理念」のページに飛べますが、そこには我々が時間をかけて言語化した東大ラグビー部の理念が書かれています。勿論これはこの先何百年と続いていくであろう東大ラグビー部の歴史の刹那における解釈に過ぎず、これから何度も修正されていくことを願っています。

 しかし、理念を考えるなどといい、自分たちなりに格好の良い言葉を紡ぎはしたけれども、その意味を心の底から考え、理解出来ていた人は誰一人いなかったのではないかと思います。それが今、幸か不幸か我々の置かれている状況によってある種強制的に、考えざるを得ない事態に置かれました。当たり前過ぎてその重要性にすら気がつかなかった、「部員が集まって練習する」ということが禁止されました。存在が当たり前だった対抗戦、入れ替え戦が本当に実施されるのかも定かではありません。目標が、予想だにしなかった要因により根本から否定されうるという危うい状況に立たされています。それでもなお、私たちは誰一人辞めることなく東大ラグビー部に所属し続けており、いつになるか分からない再会の日を夢見てトレーニングや部員間の交流を続けています。その理由を考えると、自ずと理念に答えを求めるしかないのだろうと思います。

 理念に基づき自分なりに部活での存在意義を発見して、組織の為に個人が出来ることを最大限やりきる。理念は例え目標が揺らぎ、或いは無くなったとしても変わらず根底にあり続ける。だからこそ希望の灯を消すことなく、全員が同じ方向を向き毎日Updateし続けられている。この絶望的な状況により、そのような理念の存在意義を肌で感じることができました。

 補足すると、この考えは甲子園の中止が決まったとき特に強くなりました。ニュース映像をみると、どの監督も「甲子園が全てじゃない」と部員たちに説いていました。この言葉は活動の根底に理念が存在し、組織と個人に浸透していないと理解できない言葉です。理念がないと目標が喪失したときに自分たちの存在意義が一切無くなってしまいます。理念なき目標はそれを達成し得なかった(または目標が喪失した)とき自分たちの積み重ねた過去をも否定することになりかねません。東大ラグビー部には100年もの間脈々と受け継がれる理念があるからこそ困難にも立ち向かえているのだと感じます。

 書き始めたら長々と書いてしまいましたが、コロナにより部が窮地に立たされたことで、従来見逃されがちであった理念の存在意義を見直すきっかけになりました。その意味で、この先も連綿と続く東大ラグビー部という組織において非常に有意義な期間だったと感じています。むしろ、この歴史的経験を通じて、組織の存在意義や理念についてもう一度考え直すべきかもしれません。



 また、話は変わりますが個人としても非常に有意義な時間を過ごせました。従来のラグビー漬けの生活から離れることで自分の興味や将来について探求できました。特に就職活動を通じ自分を分析し、自己の存在を言語化する中で自分を深く理解できました。

 さらに、時間的・体力的余裕が出来たため、新しいことに色々挑戦するチャンスもありました。免許取得以来機会のなかった車の運転を何度も行いました。また、Queenや乃木坂の曲をピアノで計10曲ほどカバーしてみたり、長年やろうとしつつも手を出せなかったギターを購入して始めたりしました。この期間は暇さえあれば音楽に触れていました。今までラグビーに注いでいた熱が一気に音楽に流れ込みました。熱は音楽のみならず隠れていた知的好奇心にも広がりました。この3ヶ月で新書、文庫、専門書など30冊以上を読み、授業での学び以外に英語やドイツ語なども熱を入れて学習しました。トレーニングについては、自宅と公園でしか出来ないので、従来疎かにしがちだったディップスや懸垂などの自重トレーニングの重要性を発見しました。また、幼稚園入園以来最長の2ヶ月という外出予定の無い長期間を家族や可愛いペットと過ごすことが出来ました。

 このように、これからの人生で二度と無いほどの自由な時間を自己の再発見と、新たな挑戦・学びにあてることができました。



 この歴史的局面において、組織としても個人としても二度と経験出来ないような有意義な時間を過ごすことが出来たと思います。東大ラグビー部としては、これら組織/個人の経験が再開後に100%の力を出す糧になると信じて、部員全員で今出来ることに全力で挑み続けます。



 リレー日記で初めてこれほどの長文を書いたので少し恥ずかしいです。次はランニング記録アプリの新たな使い方を示してくれた3年の杉浦に回します。

 

風が吹けば

 written by 内藤 晴紀 投稿日時:2020/06/30(火) 14:29

 最近存在感が増しているように感じる副将の山口さんからバトンを受け取りました、2年の内藤です。自分にはにこやかな表情も腹黒さも全くありません。





1月下旬、私は友達に薦められウイニングイレブンというゲームを始めた。最初は全然勝てなかったが次第にコツを掴み今はのめり込んでしまっている。1日がウエイトとウイイレとウイイレのYouTubeを見て終わることもある。



ウイイレをやる中で私はゲームの中の選手が実際に試合してる所も見たくなり、DAZNに加入した。DAZNをテレビで見たくなりスマホの画面をテレビに映す機器も購入した。今では快適に海外サッカーを見れている。



先日プロ野球が開幕した。DAZNに加入したおかげで私は自分のファンチームの試合をイライラしながら見れている。



スマホの画面をテレビに映せるおかげでYouTubeでラグビーの試合なども快適にみれるようになった。



YouTubeよりはテレビのバラエティを見るのが好きだった自分だが、気づけばそれは逆転していた。



何がきっかけで何が起こるかなんて分かりやしない。ひとまず今の状況で自分のできることを全力でやりきるしかない。



最近親知らずのせいか奥歯が痛むことがしばしばある。これがきっかけで何が起こるかなんて誰にも分からない。





近況報告のような形となりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。次はリモートでも常にボケ続ける前原さんにバトンを渡します。

0

 written by 山口 恭平 投稿日時:2020/06/27(土) 22:42

5cm近く身長を鯖読みしていると噂の平岡からバトンを受け取りました、180cmの4年山口です。

平岡くんのようにもともと身長という数字を気にしていた人もいたようだが、コロナ生活が続く中で、普段よりも数字を気にする機会が多くなったと思う。毎日夕方ごろになるとコロナの感染者数が発表され、今日は減ったな、今日はかなり増えたなと一喜一憂するのが日課になっている人もいるのでは無いか。コロナが収束して新規感染者が0になる日が待ち遠しい。


0といえばふと高校の世界史の授業を思い出す。世界史の資料集の中で、古代インドの発明として0という概念を発明したことが紹介されていた。普段何気なく使っている0という数字だが、確かによく考えてみると何も無いという概念を数字で表すということは画期的なことだと思う。0を発明したことによって柔軟な思考ができるようになったインドではその後、飛躍的に数学が進歩し、現代でもインドの数学や計算方法が優れているというのは有名だ。0という何も無い、”無”の状態が起爆剤となって、時には莫大な数字を扱う数学を進歩させたというのは面白い話だなと感じた。


さて、コロナの影響で東大ラグビー部が活動を停止してから3ヶ月以上経った。個人的には去年の12月に手術をしたため半年以上もラグビーをできていない。こんなにも長く生活からラグビー、そして部活というものが無くなるのは初めてである。しかし、ラグビーが無い生活になって初めて気づくこともたくさんあった。ラグビーの楽しさ、当たり前のようにラグビーをできていた環境のありがたみ、そしてそれを可能にしていた仲間や支えてくれた人への感謝。いわばラグビーが”0”になることでかえって見えてきたもの、成長できたことがたくさんあった。


コロナが明け無事にラグビーが再開できたら、ラグビーができること、周りの人への感謝を胸にこれまで以上に真摯にラグビーに向き合いたいと思う。コロナ禍でラグビーができない状況を経験したことを、ラグビーが“0”だったということを今後の東大ラグビー部の起爆剤にしていかなければいけない。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
次は最近にこやかな表情の奥に腹黒さが垣間見える内藤にバトンを回します。
«前へ

2020年7月

<<前月翌月>>
2020/07/07(火) 17:41
七夕
2020/07/03(金) 20:00
人生を豊かに

アーカイブ

ブログ最新記事