ラグビー部リレー日記

<<前へ

東大ラグビー部での日々

 written by 伊藤 慎 投稿日時:2024/07/22(月) 20:00

ニコニコスマイルみつきさんからバトンをもらいました、1年スタッフの伊藤慎です。みつきさんは最近今までよりもニコニコ度合いがアップしたのですが、何か良いことでもあったのでしょうか??みつきさんはニコニコしているのでとても話しかけやすく、いつも頼りにさせてもらっています。これからもよろしくお願いします。でも話しかけすぎると誰かに怒られてしまうかもしれませんね。

まず、「いとしん」と呼ばれている理由から説明しましょう。東大ラグビー部には、「いとうくん」と「しんくん」が存在していたため、名前を合わせて「いとしん」と呼ばれるようになりました。最近気づいたのですが、伊藤慎をローマ字で書くと「itoshin」になるため、結果的に「いとしん」という呼び名がぴったりだったのかもしれません。


大学生活が始まって数ヶ月が経ちました。想像以上に多忙で、毎日が矢のように過ぎ、講義や課題、予習に復習、そしてアルバイトの合間に、時間は蜃気楼のように消えていきます。一人暮らしということもあり、孤独を感じることも少なくありません。


そんな中でも、ラグビー部のスタッフとしての活動は私の心のオアシスです。選手たちと共に汗を流し、チームの一員としての役割を果たす瞬間が、私にとっての至福の時です。ラグビー部のメンバーは皆、情熱を持ち、一つの目標に向かって努力する姿が眩しいです。彼らと過ごすことで、自分の中に眠っていた情熱が湧き上がってくるのを感じます。


ラグビー部での活動においては、自分自身の体力はとても重要です。しっかりとした食事を摂り、ウエイトトレーニングにも励んで身体を大きくすることでトレーニングのサポートに説得力を持たせることができます。そして、何よりも、選手たちよりも自分が大きくなれば、選手たちも自分に対抗意識を持ち、より一層大きくなってくれるでしょう。


ですが、身体が大きいだけではスタッフの仕事は務まりません。日々の業務で覚えることは膨大であり、テーピングを巻くなどの器用さも求められます。このままでは脳筋スタッフになってしまう恐れがありますので、他の仕事も華麗にこなせるように努力していきます。


ラグビー部の同期と共に食事をし、バカをしあう時間は大学生活の中で最も楽しいひとときです。日々の喧騒の中で心が折れそうになる時も、ラグビー部の情熱と笑いが私を支え、前に進む力を与えてくれます。今後大きな壁にぶつかることもあると思いますが、スクラムのようにプレイヤー、スタッフ一丸となってタックルしていきたいと思います。


次は4年生のニノさんにバトンを渡します。この間練習終わりにボトルを洗っていたら、スッと横に来て洗うのを手伝ってくれました。とてもポイント高いです。試合前の準備も率先して行う素晴らしい先輩です。これからもよろしくお願いします!

実家

 written by 二重 美月 投稿日時:2024/07/21(日) 15:33

長い脚を生かしたキレキレなプレーが魅力的なスターこと小野さんからバトンをもらいました、2年の二重です。肌が白くてスタイルもよくて優しい小野さんこそ王子様にぴったりだと思います。いつまでも幸せでいてほしいです。考えてみると確かにあんまりしっかり話したことがなかったのでわたしもお話したいです。



ちょうど夏オフで帰省していたので、今回は帰省で思った実家のいいところを書きたいと思います。この日記も東京に戻る新幹線のなかで書いています。実家大好き人間なので正直いまものすごくさみしいです。

・家族がいる
当たり前のことですが一人暮らしをしていると家族が家にいることがどれだけ嬉しいことかを実感できます。離れてから大切さに気づく、というやつです。書いていたらまた会いたくなるのでもう次にいきます。

・大きいテレビがある
一人暮らしの家には小さいテレビしかないので、テレビが大きいだけで嬉しいです。冷房の効いたリビングでソファーに寝転んで大画面でネトフリを見るのが幸せです。家にいるときはほぼずっとソファーにいるので、兄にいつまでそこおるねん、といわれますが帰省の1週間の間だけなので許してください。

・食べ物がいっぱいある
一人暮らしだと、自分で買わないと食べるものがないし、冷蔵庫も調味料だけでさみしいけど、実家は常に冷蔵庫がいっぱいでお菓子もいっぱいなので幸せです。また、帰省の間に食べたいものを全部食べさせようと、お寿司、焼き肉とおばあちゃんがいっぱい外食にも連れて行ってくれるので毎日の食が幸せです。ただ、こうなると帰省したら必ず太ります。幸せ太りです。戻ってからはダイエットです。



他にもいろいろありますがこの辺にしときます。
ここまで実家愛を語りましたが、一人暮らしだととにかく自由だし好きなように過ごせるので一人暮らし最高と思うこともあります。東京に来た最初のころ毎日ホームシックで死にかけになっていたのが懐かしいです。一人暮らしをさせてくれて、また実家に帰ったときには温かく迎えてくれる家族に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも一人暮らしと実家のいいとこどりをさせてもらおうと思います。



次は1年スタッフのいとしんにバトンを渡します。1年生ながらS&CセクションとしてFTを仕切ったりウエイト頑張ったりしていて頼もしいなと思います。個人的にいとしんの独特な空気感がツボなのでこれからも変わらずそのままでいてほしいです。なんとなく頼りないと思われてるかもですが一学年差ということで長く一緒に部活していくと思うのでこれからも仲良く頑張ろう!
 

サングリア

 written by 小野 光毅 投稿日時:2024/07/20(土) 16:59

サモエドの王子様こと清和からバトンをもらいました四年の小野です。初めてBBQで会った時は普通に静かでおとなしいやつかと思いましたが、全く違いました。これからは王子様らしく、卵を投げるなどクレイジーな言動は控えてほしいと思います。王子様とお姫様に挟まれる形のリレー日記大変恐縮です。


書くことがないので最近ハマっている食べ物について書きたいと思います。

皆さんはカレーすきですか?おそらくほとんどの人が好きと答えると思います。カレーは唐揚げなどと同じく一般的に人気の料理で、お母さんの「今日の夜ご飯はカレーよー」の一言で子供が喜ぶと言う光景は想像に容易いと思います。

でも僕は昔からカレーが苦手でした。僕は食べることが好きで、世間で美味しいとされているものは大体好きなのですが、カレーだけは美味しいと思ったことがほとんどありません。カレーの、べちゃべちゃしていて、口の中に脂が残る感じや、ルーがねっとりしている感じ、ジャガイモやニンジンとの相性も最悪です。僕の父は好きなものの系統が同じなので、父が作るご飯はいつも楽しみなのですが、今日のご飯はなんだろうと楽しみにしていたらカレーが出てきた時にはいつもガッカリしていた記憶があります。また、友達とご飯に行く時も、運悪くカレー屋さんに決まってしまうことがあり、そう言う時も自分はなるべくカレー要素がないメニューを頼むようにし、自分だけカレーを美味しく食べられないことが残念でした。

そんなカレー嫌いの僕ですが、数ヶ月前に転機がありました。バイト先の先輩が、僕に昼ごはんを奢ってくれるとのことで、バイトの事務所の下にあるタイカレーの専門店の弁当を買ってきてくれました。僕は、一瞬「カレーか、、、」と残念に思いましたが、せっかくご馳走してくれたので、先入観を排して食べました。そしたらなんとめちゃくちゃ美味しかったのです。多分カレー嫌いが克服されたというより、僕のカレーの苦手なところが排除されていたと言う方が正しいのですが、僕が食べたタイカレーは、シャバシャバ系のスープっぽい感じで、具材のエビやイカなどシーフード、パプリカ、ナス、オクラなどの野菜の相性も抜群で、味もスパイスやココナッツが効いていて最高に美味しかったです。ルーとライスが分断されているのもグッドポイントです。辛さもかなりあって、僕は病みつきになりました。

それ以降、僕はバイトの日は毎回その店のタイカレーを食べています。結構辛いので食べると汗だくになってバ先の方に笑われるのですが、それでもやめられず、気づいたらお昼休みにそのお店に並んでいます。この文章を書いてるだけでもう食べたくなってきました。

願わくば、このタイカレーを経由して普通のカレーも好きになっているといいなあと思います。何か苦手なものがある人は、それと同種の、ちょっと毛色が異なるものにトライしてみるといいかもしれません。以上、最近の僕の出来事でした。食べてみたい人がいたら一緒にいきましょう!

ラグビーについては、怪我なくプレーできているのが自分でも信じられません。この間の防衛戦の勝利はシビれました。これからも勝てるように頑張ります。

次は笑顔がキュートな美月ちゃんです。最近の美月ちゃんは理由はわかりませんが、以前より笑顔が増えた気がします。いつも朝早くから練習の準備などしてくれて大変感謝しています。あんまり話したことがない気がするので、いつか色々お話ししたいです。
 

財布

 written by 清和 悠芽 投稿日時:2024/07/15(月) 20:13

ふわふわぷりん姫ことゆいちゃんからバトンを受け取りました4年の清和です。ゆいちゃんは忙しいなかでも部活に来てくれて仕事をしてくれています。これからもよろしくお願いします。


 

 


 

例によって書くことがないのですが、最近財布を無くしてしまったのでそのことについて書きたいと思います。普段スマホで決済することが多いので、無くしたことに気づいたときにいつ無くなったのか全く分かりませんでした。心当たりがあるとすればカフェで一瞬目を離したときで、そのときに盗まれたのかと思いました。しかし、どうやら地元の駅で落としていたようで警察署に届いていました。日本の素晴らしさに感動するとともに他人を疑ってしまった自分を恥じました。落とし主は拾ってくれた人に落とした代金の5%~20%支払う義務があります。感謝の気持ちから満額払いたいと思っていたのですが、届けてくれた人はお礼はいらないと言って立ち去ったそうです。そういう人間にわたしもなりたいと思い、貰うことが前提であった自分を恥じました。



人生とは自分を恥じることの連続です。今日という本が心の本棚に追加され、その本が明日以降の未来の私によって引っ張りだされていつか道標になるのかもしれない、いつかの私の前で心の花壇の蕾がぱぁっと花開くと誰かが言っていました。



自分を恥じたことで得た新しい自分に出会えた今空を飛んでいるような気分です。明日からの日々が楽しみでなりません。


 

 


 

次は小野にバトンを渡します。小野は天才型バックスで常に7割くらいの力でプレーしています。一度本気でプレーしているところを見てみたいです。小野は唯一の同クラであり、小野がクラスのBBQに来ていなかったら話すこともなくラグビー部入っていなかったと思います。あのときはクラスで浮いていたのにもかかわらずBBQに来てくれてありがとう。

かき氷が食べたい

 written by 礒﨑 結衣 投稿日時:2024/07/12(金) 16:26

入部第1号のめぐりんこと目黒くんからバトンを受け取りました。3年スタッフの礒﨑結衣です。
目黒くんは一年生でありながらもうスイカデビューをしている非常に頼もしい選手です。そしていわゆる好青年といった風貌と雰囲気でありながら、様々な噂の飛び交う面白い存在でもあります。
合宿などでぜひぜひもっと話してみたいです!


大学3年生夏、うだるような暑さの中、就職活動を始めなければならない時期になりました。この前大学生になったばかりと思っていたのに、もう社会人への第1歩を踏み出さなければならないだなんてまだ心も体も着いていかないと思う一方で、今まで私の知らなかった社会を垣間見ることの出来る機会であると感じ、大変興味を抱きながら前向きに取り組んでいます。

就職活動の一環で、企業説明会へ参加させていただくことがあります。私はまだ志望業界を絞れていないため、様々な企業の説明会に参加しているのですが、するとそれぞれの企業にそれぞれの発見があります。今まで特段どんな印象も抱いていなかった企業が実はこんな仕事をしていて、私の生活を助けてくれていたのだと知ることが出来ることは新鮮で、何だか嬉しくなる日々です。それと同時に、どんな企業も想いを込めて仕事に向き合っていらっしゃったのだということも伝わってきます。20年間、私の生活に当たり前のようにあったサービス1つ、建物1つ、お店1つにしても、様々な人のそれぞれの想いが詰まっていたのだと、モノで溢れているように見える社会は元はと言えば人で作られていたのだと再認識します。そして、仕事はお金を稼ぐための手段でありしなければならないものでもありますが、それ以上に働くということはロマンがあることなのだなぁとまだ社会人の世界を垣間見ただけの一学生ながら実感しています。

そんな社会で、何かを成し遂げた、社会貢献ができたと感じることができたならば、どれほど大きな達成感を感じることができるのだろう、そう考えると心が躍ります。今までも、小学校で送別会を滞りなく進行したこと、中高の文化祭での舞台を成功させたこと、大学に合格したこと、など様々な場面でそれぞれの達成感を感じてきました。きっと社会ではこれらを超えるような学び、達成感があるのでしょう。しかし今までの私の経験は社会から見ればとても小さな世界での出来事、きっと小さな達成感に過ぎない一方で、その世界がその当時の私にとってはこれ以上ないほど大きな世界であったことも確かであり、当時の自分が置かれた世界で努力をできたということには意味があるとも思います。

大学、部活、というのが今の私の世界であるわけですが、その世界は高校の世界より何倍も広く、より大きい達成感を感じられることが多いです。もちろん試合に勝った時は、私が直接プレイをしていない存在でありながらもチームの一員として大変大きな達成感を感じられますし、セクションの仕事でも選手から良いフィードバックを貰えたり、役に立てたと思うことができたりすると達成感を感じることが出来ます。大きさは様々ではありますが、達成感や喜びをここまで頻繁に感じることの出来る環境も中々ないのではないかと思います。

ラグビー部のOBさんに素敵で立派な方が多くいらっしゃるのは、もちろん元々が素敵な方であるという理由も大きいと思いますが、そういった環境で、熱意を持ってラグビー部の活動に取り組んだことも大きな理由なのではないかと最近思うようになりました。この部活動という環境の中で学べることを学びきり、めいいっぱい成長することで、その成果を社会人になってから社会に還元していくということができるのではないかと思います。そうして、100年の東大ラグビー部の歴史は築かれてきたのでしょう。改めてこの歴史の1ページ、それも今は現役として部を動かす存在として私が所属していることはとても光栄なことであると感じます。これに恥じないように、社会でしっかりと達成感を感じ、貢献していくためには、もちろんラグビー部に所属しているからといって何もしなくても成長ができるわけではなく、その中でしっかりとチームのために努力をしていきたいと気持ちを新たにするところです。

成長という観点において、10代、そして30代以降は取り戻せても、20代は取り返せないとよく聞きます。
20代の始まりをしっかり身のある時間として過ごせるよう、前向きに努力していきたいと思います。


次は、最近白雪姫の王子様になられたと噂の清和さんにバトンを回します。清和さんはパワフルでとても頼もしい先輩です。清和王子ならどんな魔女が訪れようとも、爆発的なタックルとトークスキルで白雪姫を毒りんごから守ってあげることでしょう。
«前へ

2024年7月

<<前月翌月>>
2024/07/22(月) 20:00
東大ラグビー部での日々
2024/07/21(日) 15:33
実家
2024/07/20(土) 16:59
サングリア
2024/07/15(月) 20:13
財布
2024/07/12(金) 16:26
かき氷が食べたい
2024/07/10(水) 21:53
初めまして
2024/07/08(月) 22:41
2024年夏
2024/07/07(日) 18:00
部員みんなの憩いの場
2024/07/02(火) 22:43
カラオケ行こ!

アーカイブ

ブログ最新記事