受験生応援企画

Be stoic.

投稿日時:2020/02/17(月) 21:10

同期の佐川くんから大変光栄な紹介をいただき、バトンを受け取りました、1年の國枝です。

キャピキャピした子が苦手というだけで思想が残念と言われることについては少々疑問を感じているのですが、
僕より2年多く人生を歩んでいる彼が言っていることなのできっと正しいのだろうと思います。

さて、佐川くんといえば、2浪という経歴の華々しさが一人歩きしてしまっていますが、
実は中学生時代に北海道代表としてラグビーの全国大会に出場しています。
受験もラグビーも知り尽くした彼こそ真の文武両道の体現者だという声も多くあるのですが、
勉強のしすぎ(???)で睡眠時間が少ないところが玉に瑕です。


受験生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
東大2次試験を約1週間前に控えた今、おそらく多くの方が緊張していることだろうと思います。
「自分の実力では受かることができないんじゃないか」という不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、泣いても笑ってもあと1週間です。
月並みなアドバイスではありますが、皆さんには是非、 
「自分の可能性」 を信じて最後まで諦めないでほしいと思います。

センター試験でインフルエンザに見舞われ、2次試験1日目の数学でまさかの0完。
泣きながら帰宅し、絶望にうちのめされながらも、2日目の試験でなんとか踏みとどまり、
最終的に最低点+5点で合格に至ることのできた僕が、
受験を通じて最も大事だと思ったのは、「自分の可能性を信じて最後まで諦めない」ことです。
虚勢でも構いません、最後まで自分に自信を持ってください。最後まで何が起きるかはわかりませんから。

話は変わって、、、

私は、受験生の頃の自分が非常に輝いていたように思います。
それはその頃の私が 「ストイック」 であったからだと思います。

部活動と学校行事に明け暮れ、まったく勉強の習慣がなかった私は、
高校2年生の数学の定期テストでは下から5番をとったり、
東大同日模試でもE判定をとったり、、、
はっきり言って、受かる見込みのない生徒でした。

容量が悪く、時間もない私に残されていた唯一の道は、
「誰よりも本気で勉強に取り組む」ことだけでした。

9月、10月は体育祭と文化祭の準備で全く勉強できないことがわかっていたので、
夏休みは死ぬ気で勉強しました。

不安や焦り、孤独に苦しみながらも、
1日13時間の勉強を40日間やり抜きました。

9月10月は学校行事に本気で打ち込むためにほとんど勉強をしませんでしたが、
11月以降はその達成感と自信、誇りを糧に、また死に物狂いで受験勉強に取り組みました。

結果、「合格」 という形で努力が報われたからかもしれませんが、
私は 「東京大学に合格する」 という明確な目標に向けて、
挫折を重ねながらも一生懸命に努力していた受験生時代の自分がとても生き生きしていたように思えます。

さて、ギリギリで合格を手にすることはできたのですが、
残念なことに、私の大学生活は、お世辞にも華やかなものであるとは言えません。

早朝練習で汗を流し、午後は授業の合間を縫って、学食でご飯を食べるか、ウエイト。
夜はお金を稼ぐためにバイトをして、次の日の練習に備えて、早めに床に入る。
辛いことも、犠牲にしなくてはいけないこともたくさんあります。

でも、私は今、毎日が楽しくて仕方がありません。

チームとしては、「入替戦出場」
私個人としては、「スイカジャージを着る」
という明確な目標に対して、
ワクワクし、日々努力を重ねられているからです。

大学生は時間に余裕がある分、
高校生の時より、筋トレや食トレ、ストレッチや練習動画のチェック
などの練習外の部分に多くの時間を割くことができます。

そして、この部活には 「ストイック」 を支えてくれる環境が整っています。
食事管理、リハビリ、ウエイトレビューなど、様々な面で、
プレイヤー以上にストイックに私たちをサポートしてくれるスタッフがいます。
そして、自分よりも遥かにストイックな同期、先輩がたくさんいます。

「ストイックであること」 は私の今年のテーマです。
まだまだ妥協することが多い私ですが、受験生時代の自分に負けないように、
貪欲に、ストイックであり続けたいと思っています。

そして、4月から、今このブログを見てくださっている受験生の皆さんと一緒に
ストイックで充実した日々が送れることを心から願っています。


自分語りが多く、拙い文章となってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次は、私と同じく、大学からラグビーを始めた内藤にバトンを渡します。
誰もが認める美しさを放つ、僧帽筋、三角筋、広背筋を持つ彼は、
寡黙に、コツコツと努力を重ねており、多くの部員から愛されています。
また、彼は、共学出身にも関わらず、女性と話すのが苦手なようで、
彼が女性と話しているのを見つけるのは、ウォーリーを探すより難しいのだとか、、、

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

この記事を書いたメンバー

2021年1月

<<前月翌月>>
2021/01/17(日) 16:00
受験を振り返って
2021/01/13(水) 20:59
Control the Controllable
2021/01/09(土) 18:11
受験体験記

ブログ最新記事