ブログ 浦山 裕矢さんが書いた記事

<<前へ

バイキンマン[ラグビー部リレー日記]

 written by 浦山 裕矢投稿日時:2016/07/19(火) 23:15

   東大ラグビー部の絶対的エースである上田さんからバトンを受け取りました、カポジの震源地こと浦山です。話題性と先輩との親密度では僕の右に出るものはないと自負しております。今回はせっかくなのでカポジ水痘様発疹について書きたいと思います。
   カポジ水痘様発疹はヘルペス系の皮膚病で、病気自体は5日ほどで治りますが厄介なのは接触感染してしまうことです。決してやましいことがあったわけではないのですがアトピー持ちの僕はどこからかウイルスにかかり、春シーズン最後に部にこのウイルスを広めてしまったのです。しかし、ラグビーがコンタクトスポーツであるとはいえなぜセンターである僕からここまで広まってしまったのか、それはひとえにモールバトルロワイヤルという練習のおかげです。この練習はフォワードのモールの練習になぜかセンター陣だけが参加させていただきモールディフェンスを体験できるという画期的な練習です。この練習のおかげで僕を含めるセンター陣はモールのツラさを、そしてフォワードの一部の方々はカポジのツラさを知ることができ、まさにwin-winの関係なのです。
   ところで今日は夏オフ明けのキックオフミーティングの日です。春シーズンはカポジをはじめとするいろいろな病気や怪我に苛まれた結果、東大ラグビー部の春シーズン最終戦が僕にとっての春シーズン初戦となってしまいました。しかし、夏シーズンこそは怪我をすることなく合宿を乗り切り、春シーズンにとった遅れをとりもどそうと、春シーズン最終戦からほのかに感じる肋骨の痛みを嚙み殺し、そう思っております。
   次は(たぶん)話したことがないですが、プロフィールを見る限り僕と同じく年上の女性が好きらしい、後輩の大石くんにバトンを渡そうと思います。

変わったこと[ラグビー部リレー日記]

 written by 浦山 裕矢投稿日時:2016/02/21(日) 23:35

  僕のことを愛してやまない同期の川北からバトンを受け取りました、イケメンで先輩方との仲良しエピソードが絶えない2年の浦山です。東大ラグビー部に入部してからほぼ一年になるのでこの一年で自分のなかで一番変わったことを書こうと思います。
 

    入部した当初の僕の筋トレに対するモチベーションは非常に低かった。僕は入部当時のことはあまり思い出したくないのだがその時は1年生にはウェイトペアがおらず、それぞれ好きな時にウェイトをしていたので僕は週に1回上半身の筋トレをするのが関の山で、ウェイトの数値も当然全く伸びなかった。しかし今はといえば某LINEグループでお互いの筋肉を愛で合い、筋肉に関する情報を共有し、週に10回ウェイトをし始める某同期に影響され週4回のウェイトを少なく感じて週6回に増やし、プロテインの成分表を見るのを趣味としている。ちょうど1年前、受験を3日後に控えた僕は1年後、筋肉痛ににやけたり、鏡の前にたつと服を脱いでポージングしたりする同期とダンベルに囲まれて、週6回の筋トレに励んでいるだろうとは思いもよらなかった。いつからこんなことになったのかは全く記憶にないのだが、こうなったのはやはり同期の影響が一番大きいように思う。この状況に悲しみも覚えないことはないが、本来つらいはずの筋トレ、そしてなんといってもラグビーに欠かせない筋トレをこんなにも前向きに捉えられることを今は嬉しく思い、そうさせてくれた同期に感謝もしている。

    これからは2年の一部の間でそうなったように、この筋トレに対する思いをラグビー部全体に、そしてこれから入っていくる1年生にも少しずつ伝播していけたら、去年からセンターでありながらパスの出来なさからFW移転が叫ばれ、トラブルを起こしがちだった僕でも、ほんの少しラグビー部に貢献できるのかもしれないと思う次第である。
 

    筋トレの数値はまだモチベーションに追いついていない僕ですが、拙い文章を最後までお読みいただきありがとうございました。次は現在のウェイトペアでありセンターの先輩である4年の稲垣さんにバトンを渡したいと思います。

Step Up[ラグビー部リレー日記]

 written by 浦山 裕矢投稿日時:2015/10/31(土) 23:58

    更新が遅れてしまい大変申し訳ありません。最近シニアに復帰した同期の江崎からバトンを受け取りました、紹介のような煽りを毎日受けております、最近トラブルを起こしがちな一年の浦山です。今回は初めてのリレー日記ということで僕の高校でのラグビーについて書こうと思います。
 

    中学まで剣道をやっていた僕は高校に入っても剣道部に入部するつもりでした。しかし高校一年生で体重が80kgだった僕はラグビー部の顧問に目をつけられ、熱烈な勧誘を毎日のように受けました。剣道部が肌に合わなかったこともあり、新しいものを始めてみようと僕はラグビー部に入部しました。
 しかし、一二年の頃はスタメンに入ることもありながら部活は全く楽しくありませんでした。練習はきついし何よりも自分が下手でミスばかりして周りに迷惑をかけるのが嫌で、その頃はただやめるきっかけがなかったからやめなかった、それだけだったと思います。三年生になった時その状況は変わりました。初めて仲間のトライを心から嬉しいと感じることができるようになり、チームスポーツの魅力を体感したのです。タックルも仲間のためと思うと全く怖くなくなり、捨て身でタックルし、相手のデイフェンスに捨て身で突っ込むことだけに専心しました。
 今僕は東大ラグビー部に入り、もう一段階成長するチャンスをもらいました。練習して大きな課題であるパスなどのハンドリングスキルを磨き、チームに貢献できるようなプレイヤーになりたいと思っています。

 

    拙い文章を最後までお読みいただきありがとうございました。次は、僕とセンターを組んだこともあった、現在ロックである同期の前川にバトンを渡したいと思います。

<<前へ

アーカイブ

ブログ最新記事