ブログ 岡崎 拓也さんが書いた記事

後悔[ラグビー部リレー日記]

 written by 岡崎 拓也投稿日時:2012/12/11(火) 18:22

いつもお世話になっております、荒巻君よりバトンを受けました4年の岡崎です。
スマートに卒論をとありましたが、現状少ないモチベーションを何とか盛り立ててこなしている有様です。
そもそも荒巻君の方が進んでいるので、おそらく「お前頑張れよ」という叱咤激励なのだと受け取ります。
 
さて今シーズン、そして私のラグビー生活もあと2週間を切り、残すは最後の京大戦のみとなりました。
今年の秋を振り返ると最後の対抗戦として納得の行くものではありませんでした。私のプレーヤーとしての対抗戦は第5戦、成蹊戦前に終了しました。武蔵・成城と敗戦し入替戦出場がなくなった状態で最大のターゲット成蹊を迎えるに当たって、個人的にはポジションチェンジもあり、流れを変えるべく色々とイメージをしながら練習に臨んでいました。

しかし、成蹊戦前の練習で足を負傷。そのまま2週間自宅での療養となり、残り3試合への出場は叶いませんでした。
療養中は4年であり、主務にも関わらず部を不在にすることへの罪悪感とこれで自分の4年間が終わることへの絶望を感じていました。結局成蹊戦は観客として観戦しましたが、善戦を演じるチームの中に自分が居ないことが、悔しかった。その後も上位校との試合に何も出来ない自分が不甲斐なかった。この1ヵ月半の後悔はおそらく一生忘れられません。こんな思いを後輩にはしてもらいたくないものです。こう書いていると2年前の副将の武智さんも似たようなことをおっしゃっていたなと思い出されます。

途中4年間が終わると書きましたが、幸いにして自分にはまだ時間が残されています。
医者からは12月の復帰は厳しいかもしれないと当初言われましたが、トレーナーの方々を始め周りのサポートのおかげで、今月より復帰し、京大戦での出場を目指し練習に参加しています。自分がこの部で学んだこと・受けた恩のほとんどを返せていませんが、最後の京大戦良い形で終われるように、出場できなかった3試合分の悔しさとラグビー人生への思いを残り2週間にぶつけたいと思います。
 
私の卒論と同様、冗長な文となってしまい申し訳ございません。ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。
次はすでに卒論を提出している豊田君にお願いしたいと思います。

岡崎拓也

検見川合宿 終章[ラグビー部リレー日記]

 written by 岡崎 拓也投稿日時:2011/05/05(木) 17:35

今回のリレー日記を担当致します三年の岡崎拓也です。

本日5月5日をもちまして、検見川合宿が終了致しました。
さて合宿後半のメインイベントであるOB戦ですが、現役A及び新入生チームともに敗戦してしまいました。
しかし、新入生チームがひたむきに走り、大人げないOBチームにタックルをする姿を見て、私自身ラグビーをenjoyするということのすばらしさを思い出しました。今回女子マネージャー候補の方も含め20名以上の新入生が検見川に来てくれましたが、彼らが今後も東大ラグビー部でラグビーを楽しんでくれることを切に願います。
私は情けないことに初日の部内マッチで負傷し、不完全燃焼で検見川を後にしましたが、震災の影響で一月前までその実施さえも危ぶまれていたことを思うと無事に全日程終えることができ、良かったです。
合宿係の松永君お疲れ様でした。

松永君で思い出しましたが、個人的に今回の合宿では夜のいびきに悩まされました。私が気にしすぎな面もあるのですが、私の部屋ではいびきをかく人が多かったため、夜中何回も起きてしまうことがありました。
いびきは他人の睡眠を妨げる一方で、いびきをかいている時は呼吸が十分に機能していないため、酸素が不足し、睡眠が浅くなるので、日中疲れや眠気を感じやすくなるなど当人の健康にも害が及ぶ可能性があります。なので、普段からいびきをかく人はネットで調べる・耳鼻科に行くなど改善に努めることをおすすめします。

少し話が逸れてしまいましたが、春合宿が終了し本格的な試合期に突入していきますので、早く怪我を治し、多くの試合に出場し結果を残せるよう頑張りたいと思います。最後になりますが、今回検見川までお越しいただいたOBの方々誠にありがとうございました。今後とも応援宜しくお願い致します。

次回のリレー日記は最近2・3年が多いので、副将の灘広至郎さんにお願いしたいと思います。

2021年4月

<<前月翌月>>
2021/04/09(金) 21:05
将来を見据えて
2021/04/08(木) 10:45
深化と探索
2021/04/05(月) 11:24
自由と責任
2021/04/03(土) 18:30
誰かのレコメンド

アーカイブ

ブログ最新記事