ブログ 山田 絵梨香さんが書いた記事

マネージャー長として[ラグビー部リレー日記]

 written by 山田 絵梨香投稿日時:2014/12/12(金) 21:42

 こんばんは。吉松からバトンを受け取りました4年の山田絵梨香です。
 
 対抗戦も終わり、定期戦も京大戦のみの残り1試合となった。
 よく「4年間あっという間だ。」という言葉を耳にしていたから、自分もきっとあっという間に4年間が終わっていくのだろうと思っていた。しかし振り返ってみると長い長い4年間だったと思う。何度も何度も辞めたいと考えてしまったことがあった。それでも今ここに残っているのは辞めたいという思いよりもこのチームで勝って一緒に喜びたいという思いの方が強かったからだろう。
 
 この1年間はマネージャー長を務めたが、もともと人を引っ張っていくのは苦手だったため、頼りない部分もかなりあったと思う。ただ、新しいシーズンが始まってこれからどうなってしまうのだろうという不安の中で同期や主将の言葉を聞いていくうちにこんな状況の中でも今年のチームで絶対に勝ちたいと思った。

 勝つためにマネージャー長としてどうマネージャーを引っ張っていくかは日々の課題だったように思う。今年はマネージャーの人数も増え、自分以外の12人が今何の仕事をしていて、どこまでできていて、どういうことがしたいのかを把握することは視野の狭い私にとっては難しかった。ただ、去年や今年したミスを繰り返すのだけは絶対に嫌だった。特に試合の日はキックオフの笛が鳴ると同時にマネージャーは外から観ることしかできないため、だからこそ試合前にマネージャーのちょっとしたミスで雰囲気を壊したくなかった。
しかしやはり同じミスをしてしまうこともあった。その時私は結構きつい言葉をかけてしまったと思う。
 
 結果は4勝3敗だった。あれだけ「勝つためには、入替戦に出場するためには」などと口うるさく言ったり、きつい言葉をかけてしまったのにも関わらず、ここまでついてきてくれた後輩達を入替戦に連れて行くことができなかった。また、選手をサポートするマネージャーとしてもっとやれることがあったのに見逃してしまっていたのかもしれない。こんなのがマネージャー長で本当に申し訳なく思った。
 
 対抗戦が終わった今、もう入替戦に出場するという自分達の目標を後輩に託すしかない。不安に思ったりすることも多くあると思うけど、どうか自分に自信を持って欲しい。下級生には例年の倍以上のはやさで仕事を降ろしているのにも関わらず、淡々と仕事を完璧にこなせているし、佐野、栗原には本当に今年支えられた。この二人がいなかったらきっと私はマネージャーをまとめられなかったと思う。こんな頼りになる二人が来年マネージャーを引っ張っていくからきっと達成できると思う。
 
 引退まであと少し。悔しさや申し訳なさ、寂しさなど色々な気持ちが入り混じっているが、最後は笑って終われるように全力で頑張っていきたい。
まとまらない文章となってしまいましたが、最後までお読み頂き有難うございました。
 
次は副将の江村にバトンを渡します。
 
4年 山田 絵梨香
 

ポジティブ[ラグビー部リレー日記]

 written by 山田 絵梨香投稿日時:2013/10/25(金) 18:43

1年の棚橋からバトンを受け取りました3年マネージャーの山田絵梨香です。

いつも私はリレー日記を書くと重くて少し暗い内容になってしまうので今日は明るくほっこりした内容にしたいと思います。
最近同期マネージャーと過ごす時間が増えてきたように感じ、すごく嬉しいです。
私の一人反省会を嫌な顔ひとつせず聞いてくれる同期には本当に感謝しています。
一人反省会とは、一人でひたすら一日の反省をし、結局自分は無力で足を引っ張ってしまう存在でしかないという締めくくりで終わる会です。一人反省会後はすごく落ち込んでいるのですが、同期である渡部と吉松に励まされすぐに立ち直ることができます。
ネガティブだと言われ続けていましたが、あまりの立ち直りの早さに自分は実はすごくポジティブな性格なのかもしれないと思う時さえあります。そんないつも明るい気持ちにさせてくれる同期が大好きです。
性格もそれぞれ全く違い、1年生の時には一つにまとまることができるのかと不安になることもありましたが、今はお互いがお互いを理解し合えていて一つにまとまっていると思います。

また、夏合宿の時にもすごく嬉しいことがありました。
菅平で私が風邪を引いてしまい部屋で寝込んでいた時、後輩マネージャーと吉松がのど飴や栄養剤、エネルギーゼリーを買って部屋まで持ってきてくれたのですが、一つ一つにメッセージが添えられておりすごく元気付けられました。
その時も自分の情けなさにひどく落ち込んだのですが、そのメッセージを読んで、1日でも早く治し、気合を入れなおそうと前向きになることができました。
そんな優しい後輩マネージャーに支えれてとても嬉しく思います。
いつもならここで私は支えられてばかりの無力な人間だと落ち込むところなのですが、今はそうは思いません。
今度は私が支えられるように、頼られるように今まで以上に頑張りたいと思います。

マネージャーのみの、また、個人的な内容となってしまい申し訳ありません。
稚拙な文章となってしまいましたが、最後までご覧頂き有難うございました。

次は1年生癒し系の尾崎君にバトンを渡します。




なりたい自分[ラグビー部リレー日記]

 written by 山田 絵梨香投稿日時:2013/06/19(水) 19:03


加納さんからバトンを受け取りました、3年マネージャーの山田絵梨香です。


マネージャーブログはよく書いているのですが、リレー日記を書くのはとても久しぶりで、前回書いた時は私が1年生の時です。
当時の記事を読み直してみると、1年生らしい文で、また無知な自分がいて恥ずかしくなります。
「プレーに見入ってしまう」と書いていましたが、今ではなかなか出来ないことで、試合や練習の時はボールを追うというよりもスクラムやモールやラック時に怪我をしてしまった人がいないかを中心に見ます。
それ以外にも自分がテーピングした人の動きを見たりで、なかなかプレー自体をじっくりと見る時間というのが少なくなってきました。
3年になって、もう春シーズンも終盤です。それでもあの頃と同じように「マネージャーとしてどう成長したのか」と問われるとまだまだ答えられる自信がありません。
それどころか、自分がいることによって足を引っ張ってしまっているのではないかと不安になる方が多いです。
これだけを聞くとただのネガティブな人ですが、「なりたい自分」というのを自分の中で常に考えています。
今まで、「過去に戻ってやり直したい」と思ったことがありません。それは自分の選択した道が正しかったとかでは全くなく、どの道を選んでも、「なりたい自分」になるために進んできたからだと思います。
ひとつの区切りとして来年の最後の京大戦があります。自分が引退する時までに「なりたい自分」になるため、絶対諦めないし、努力していきます。
 

最後までご覧頂き有難うございました。
 

次は私が1年生の時から好きなポジションのSHの今年度主務を務める遼平さんにお願いしたいと思います。

4ヶ月[ラグビー部リレー日記]

 written by 山田 絵梨香投稿日時:2011/09/14(水) 23:03

こんにちは。平松正大君からバトンを受け取った1年女子マネージャーの山田絵梨香です。

私が東京大学ラグビー部に入部してから4ヶ月がたちました。この4ヶ月はあっという間で、マネージャーとしてどのように成長したかと問われるとまだまだ答えにくいものがあります。そんな頼りない私でも少しずつ仕事が任されるようになり責任を持って自分の役割をこなしていけるようになってきました。今同期の1年のマネージャーは私を含め4人いるので仕事を分割して行っていますが、2~4年のマネージャーは1人ずつしかいらっしゃらないのであれだけ多い仕事を1人でこなしてきたと思うと本当に尊敬します。まだまだ覚えることがたくさんあり、間違えることも多くあると思いますが反省して同じミスを繰り返さないようにしていきたいと思います。

またこの4ヶ月は新鮮な毎日でした。ラグビーの知識が全くなかったので練習や試合を見て学び、また遠征や合宿では行ったことのない場所に行くことができ様々な経験ができました。また普段の練習でもそう感じました。あのスピード感と迫力のあるプレーは見ていて飽きることなどありません。マネージャーとしてぼーっとプレーを見入ってしまっては失格なのですが、時々見入ってしまいます。そんな素晴らしいプレーをする選手の皆さんをまだまだ未熟ではありますが、頑張ってサポートしていきたいと思います。よろしくお願い致します。

稚拙な文章でしたが最後まで読んで下さり有難うございました。

次回のリレー日記は同じ苗字であるボブこと山田令君にお願いしたいと思います。

2020年8月

<<前月翌月>>
2020/08/15(土) 02:13
駒場8年生
2020/08/12(水) 14:32
二分後に誰も来ないけど天体観測
2020/08/10(月) 18:51
新たな視点
2020/08/07(金) 09:09
Go To 三好乃
2020/08/05(水) 17:45
練習再開
2020/08/02(日) 19:19
三鷹寮ガイド
2020/08/02(日) 12:10
有言実行

アーカイブ

ブログ最新記事