ブログ 梶房 裕之さんが書いた記事

次へ>>

最後の足掻き[ラグビー部リレー日記]

 written by 梶房 裕之投稿日時:2014/11/12(水) 22:49

こんにちは。酒井君からバトンを受け取りました4年の梶房です。更新滞りまして申し訳ございませんでした。


数日前、私はインフルエンザに感染し、しばらく部活を休んでおりました。なんとか回復はしましたが、元の体力を取り戻すのに少し時間がかかりそうで、対抗戦の残りの試合に勝とうというチームの流れにやや乗り遅れてしまっています。

日曜日に行われたB戦にも出場する事はできませんでした。私が出ないためにフル出場となった難波君はトライもあり大活躍だったようです。後輩が活躍して試合に勝ったことは嬉しいのですが、そんな中試合にも出られない自分が非常にもどかしいです。

残された時間も少ない中、僕ができることは最後の足掻きをすること位です。これでも曲がりなりにもラグビーは7年目。幸いにも大きなけがをすることもなく経験だけは人並みに積んできました。めきめきと成長する後輩にも簡単には負けるわけにはいきません。なんとか上にも喰らいついていけるように必死にやっていこうと思います。


拙文失礼致しました。次回は4年の森智章君にお願いします。

最後の合宿[ラグビー部リレー日記]

 written by 梶房 裕之投稿日時:2014/08/08(金) 02:25

こんにちは。山本君よりバトンを受け取りました4年の梶房です。

明日から僕たち4年生にとっては最後となる山中湖での合宿に向かいます。秋の対抗戦の前に成長できる最後の機会となるでしょう。
この春、僕は主に3番スタメンの大川のリザーブとして起用され続けました。スタメンとして出場した試合もありましたが、それはあくまで大川の怪我によるもので、僕自身の積極的な起用はなかったと感じています。
僕がチームに貢献するためにはそもそも試合に出なければなりませんが、今の僕に大川を交代させてまで使ってもらえる魅力はありません。よりコンタクトを強くしなければならないのは勿論ですが、それでは間に合うかどうか。仕事量を増やすことができれば多少は補えるのでしょうか。
いずれにせよこの合宿が最後の機会です。2週間、精いっぱい頑張ろうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。次回は同じ3番の加藤君にお願いします。

初出場[ラグビー部リレー日記]

 written by 梶房 裕之投稿日時:2013/11/05(火) 23:42

こんにちは。木下君よりバトンを受け取りました梶房です。

先日の慶應大学との練習試合で、諸事情により公式戦ではないながらも、私は初めてAチームのスターティングメンバーとしての出場をさせていただきました。60分間とはいえAチームの試合で長時間出場するのも初めてだったため、どれだけできるか楽しみでもあり不安でもありました。

試合の結果はご存知の通りですが、私個人としてはスクラムでは押されてボールを供給できず、チームに迷惑をかける結果となってしまいました。
普段からAチームで試合に出場しているメンバーはこの上さらにプレッシャーのかかる公式戦で活躍していると考えると、余計にAチームの責任の重さというものを感じました。

ただ、私は来年4年生となり、チームを引っ張っていかなければならない立場となります。当然ながらこのようなプレーではまだまだ力不足で、また上のようなことを呑気に考えている場合ではありません。スクラムやコンタクトの強さなど課題は山積みですが、もう時間は長くは残されていません。常に何ができるかを考えながらプレーしていこうと思います。

拙文最後までお読みいただきありがとうございました。次回は2年生ながら力強いプレーでチームを引っ張っている立山君にお願いします。

プロップとしての今シーズン[ラグビー部リレー日記]

 written by 梶房 裕之投稿日時:2013/07/05(金) 23:30

こんにちは。3年の梶房裕之と申します。
今週末、春シーズン最終戦である九州大学との定期戦を控えております。本日はその前に個人的に今シーズンを振り返ってみようと思います。

今年2月、僕は1つの転機を迎えました。人数などの関係で、昨年までプレーしていたロックからプロップへとコンバートされたのです。プロップでプレーするのは高校2年以来の4年ぶりとなりました。
シーズンの初めから、先輩やコーチ、時には同期や後輩からも指導を受けながら、プロップの一番の仕事であるスクラムの練習に取り組みました。高校時代はあまり考えずに組んでいたスクラムですが、大学のレベルになるとそうもいきません。基礎からじっくりと教えていただきました。
最初は当たる前のクラウチの部分もままならない状況でした。しかし対人で組めるようになり、試合で相手と組んでいくにつれ、徐々にスクラムの面白さを感じるようになってきました。

僕には華麗なパス回しも快足で相手を抜き去ることもできません。ただ、スクラムだけは自分しか組めないと、誇りを持って組めるよう、より精進して言おうと思います。
まずは今シーズンの私の集大成のスクラムで、九大戦Bチームの勝利に貢献しようと思います。

次回はマネージャーの渡部さんにお願いします。

五月雨の中[ラグビー部リレー日記]

 written by 梶房 裕之投稿日時:2012/05/02(水) 22:30

こんにちは、渡部さんからバトンを受けとりました2年の梶房です。

検見川での春合宿も今日から2ndタームに入りました。1stタームでわかってきた問題点を改善できるよう頑張っていきたいと思います。
しかし生憎にも今日から明日にかけて関東地方で大雨との予報が発表されております。合宿の初日の練習も前日の雨の影響でグラウンドが使えなかったので、今回も影響があるのではないかと心配です。

雨で思いだしましたが、検見川のラグビー場には排水用の地下パイプが数本グラウンドから伸びております。初めて見たときはかなり便利だと思いましたが、先輩の話によるとそれは昨年のOB戦の際にできたそうです。
昨年のOB戦の前日、やはり雨が降っており、午前中はグラウンドの復旧作業に追われていましたが、その際にグラウンドから外に溝を掘って水を抜き、そこにパイプが埋められて今の形になったそうです。先輩方の苦労を知り、感謝しながら練習していこうと思いました。

駄文ながらお読みいただきありがとうございました。次回は高校の先輩の江村さんにお願いします。
次へ>>

2021年12月

<<前月翌月>>
2021/12/02(木) 16:08
自己満足

アーカイブ

ブログ最新記事