ブログ 森 和宏さんが書いた記事

リーダーとして[ラグビー部リレー日記]

 written by 森 和宏投稿日時:2015/12/19(土) 23:12

立山から今シーズン最後のバトンをもらいました、主将の森です。

チームは明日に最後の京大戦を残していますが、1年間我々を支え、応援して下さったすべての方々にお礼申し上げます。
そして、入替戦出場という結果で応えることができず、大変申し訳ありませんでした。



2勝5敗。

敗因は戦術的・技術的なことから精神的なことまでたくさん挙げられると思う。それはここには書ききれないほどある。

ただ主将として今思うのは、今年のチームにはあらゆる面でリーダーがいなかったということ。そして、自分がリーダーになりきれなかったということ。


ラグビーは間違いなくタフなスポーツだと思う。そんなスポーツで勝利を目指すのだから、様々な困難をチームは乗り越えなければならない。

地道な練習、キツい練習、ウエイトトレーニング、食事、ケア、挙げればキリは無いがグラウンドの内外でチームは努力を続けなければならない。

もちろんそこには、ラグビーを楽しむことやラグビーを好きという気持ちが大事だ。でも正直に言って、やっぱりつらくてしんどいんだと思う。それから目を背けることはできない、そう思う。

待ち受ける困難は一人では乗り越えられないことも多いだろう。自分一人では甘えてしまうかもしれない。そんなときでも、誰かのためなら頑張れる、みんながいるから踏ん張れる、そんな瞬間がラグビーにはある。

そうやってチーム全員で困難に打ち勝ち、チーム全員で成長することができたチームが強いのだと思う。そして、そんなチームには必ずいいリーダーがいるはずだ。チームをまとめ、鼓舞し、チームの精神的支柱となるリーダーが。その方法は人それぞれであったとしても。



今年のチームには一体感が無かった。苦しい場面で踏ん張れなかった。みんなが精神的に弱いわけでも協調性が無いわけでもない。リーダーがいなかった。自分がリーダーになりきれなかった。

苦しいとき、チームの在り方を示さなければいけないのに、自分が誰よりも迷ってしまった。グラウンド内外で誰よりも努力しなければならないのに、妥協してしまった。ボールをもっと触って体を張らなければいけないのに、消極的になってしまった。

あらゆる場面で自分はリーダーになれなかった。そんな自分の弱さが、甘さが、そのままチームの弱さであり甘さであったと思う。うぬぼれるわけではない、本当に自分のせいで負けた。


そんな自分であったにも関わらず、チームのみんなは自分を支え、精一杯戦ってくれた。

正直合わす顔も無いほど、申し訳なさでいっぱいだ。

その気持ちは消えないし、対抗戦の結果も変わらない。

ただ明日の京大戦は、本当の意味でリーダーでいたい。否、リーダーでいる。

それを誓って、筆を置きます。


主将 森和宏
 

上級生として[ラグビー部リレー日記]

 written by 森 和宏投稿日時:2014/03/01(土) 16:06

同期の木下魁からバトンを受け取りました新三年森和宏です。
魁には両立をスマートにこなすと紹介してもらいましたが、勉強の方ではなんとか志望する学科に進学することができたものの、ラグビーにおいてはフィジカル・スキル共になかなかうまくいっていないのが現状です。

新チームが指導してからの三週間はウエイトトレーニングを主とした体づくりと基礎的なラグビースキルの習得をテーマにやってきましたが、どちらもまだまだ課題が多く、とりわけフィジカルの強化は、体の小さい自分にとって大きな課題となっています。対抗戦まではまだ日があるように感じられますが、実際にはあと半年ほどしか残っていないので、気を緩めることなくプレーヤーとして日々成長していきたいと思います。

さて、今回リレー日記を書くにあたって、「上級生として」というタイトルをつけましたが、月日の経つのは本当に早いもので、この間入部したばかりのような気もするのですが、僕も春からは三年生、つまり上級生となります。同期である立山や魁の文章を読み、彼らがチームの中心的な存在として、グラウンドの内外でチームをリードしていっていることを感じ、自分のことで精一杯である現状に情けなくなるばかりですが、新入生を迎える頃までに、プレーヤーとしてまた一人の人間として、少しでも上級生らしくならなければと痛感しています。

また、上級生として何ができるか考えたとき、後輩に対して様々な接し方が想像できますが、しゃべるのが得意でない自分の性格を省みても、やはり一番強く伝えることができるのは、試合に出てプレーで示すという方法ではないかと思います。昨シーズンは、チームとして目標を達成できなかった悔しさがありましたが、それと同じくらいに、思うようなプレーがほとんど出来ずチームに貢献できなかったことや結果としてスタメン落ちも経験してしまったことなど個人としても本当に悔しいシーズンでした。今シーズンは、そのような悔し思いをしないためにも、スタートのメンバーで試合に出続け、チームの勝利に貢献し、去年や一昨年の上級生がそうしてくださったように、僕も後輩に何かを伝えられればと思います。

ここまで上級生として迎える今シーズンの決意のようなものを書いてきましたが、このように真剣にひたむきにラグビーに取り組まなければならない状況でも、常にラグビーを楽しむという気持ちは忘れずにプレーすることを誓って、僕のリレー日記としたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。次は、二年生ながら、そのハンドリングスキルでBKをリードする稲垣にお願いしたいと思います。

山中湖合宿[ラグビー部リレー日記]

 written by 森 和宏投稿日時:2013/08/16(金) 15:38

こんにちは、1年の度會さんからバトンを受け取りました2年の森和宏です。

7日から始まった合宿も10日目となり、今日で山中湖での練習はすべて終わりました。「地獄の合宿」と銘打っていただけのことはあり、中身の濃いきつい練習でしたが、皆で励まし合いなんとかやり切ることができました。明日からは菅平に場所を移し、明後日には早稲田戦も控えているので、また気持ちを切り替えて精一杯頑張りたいと思います。

また、対抗戦初戦である学習院戦まで残り3週間余りと短くなってきているので、菅平での残り1週間で、チームとしてまた個人として自信をつけて、駒場に帰らなければと思っています。そして、9月8日の学習院戦で勝利を達成し、その後の対抗戦に向けて勢いをつけられるよう、準備して行きたいと思います。


次は、同じWTBでありなあがら、身体の小さい僕とは対照的に、どんどんマッチョになられている3年の平松さんにお願いしたいと思います。

2年 森和宏

怪我をして[ラグビー部リレー日記]

 written by 森 和宏投稿日時:2013/04/28(日) 21:21

勝田からバトンを受け取りました2年の森和宏です。

合宿も2日目になり疲労がたまっている部員も少なくないですが、2部練ということで非常に密度の濃いトレーニングが出来ているのを感じます。合宿前半戦は明日で終わりなので、いい形で後半戦につなげられるように残り一日全力で頑張らなければと思っています。

こうして合宿の盛り上がりを感じる一方で、怪我人の多さという心配事もあります。リレー日記で怪我人の分まで頑張ると宣言した勝田まで怪我をしてしまうなどチームとしては思わしくない状態です。

そしてかくいう自分も足首の捻挫によりチームを離れてしまい、大事な時期に練習に参加できない歯がゆさや申し訳なさを感じながらも、早期の復帰を目指してリハビリに励んでいます。

想像していたよりも怪我人としてのリハビリ生活はしんどいものですが、怪我をしてよかったかもしれないと思うこともありました。それはラグビーは楽しいということ、自分はラグビーが好きだということを再認識できたことです。

ラグビーが出来ない辛さはありますが、普段は見ないであろう、ラグビーをプレーする夢を見るなど、自分の中でラグビーがいかに大事なものかを感じることが出来ました。

高校生のときにラグビーを始めてから、楽しむこと、好きでいることが一番大事だと信じて今まで続けてきたので、復帰してからはより一層ラグビーを楽しめるよう頑張りたいと思います。


ここまで拙い文章を長々と書いてきましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
次は、ラグビーはもちろん人生のすべてを楽しんでいそうな2年の松田にお願いしたいと思います。

2020年7月

アーカイブ

ブログ最新記事