ブログ 栗原 菜緒さんが書いた記事

愚直に守ること[ラグビー部リレー日記]

 written by 栗原 菜緒投稿日時:2015/02/07(土) 17:51

こんにちは、優しさと強い闘志を併せ持つマネージャー長の佐野からバトンを受け取りました、新4年マネージャーの栗原菜緒です。
リレー日記に綴られた同期の抱負を、奮い立たせられるような思いで読みました。



「守愚(しゅぐ)」という言葉を聞いたことがあります。
命に関わるような作業手順について、先人から受け継ぎ、愚直なまでに守っている世界で使われているそうです。
トレーナー部門のマネージャーとして、先輩から受け継いだものを大切に伝えて参ります。
しかし、守ることだけではなく、自ら足らざる部分を貪欲に吸収して行く姿勢を持ちながら、新しいことにチャレンジしたいです。


今年からマネージャー10人体制となり、マネジメント、アナライジング、トレーナーと3部分に分かれて活動して行きます。各部門の責任を明確にし、今迄手の届かなかった部分にもチャレンジするという決意を込めた組織変更です。

今年のチーム方針では、フィジカルや基本的な部分を重視しており、トレーナー部門としては、プレイヤーの体作りに直結する栄養やマッサージなどに「勝つため」に必要だと感じたことは何でも取り入れて行きたいです。

変化し続ける環境の中で「必要なこと」をタイムリーに感じ、実行することは簡単ではありません。
新体制になり、トレーナーの活動に、より時間を掛けることができるようになりました。何処までプレイヤーを支えることができるか判りませんが、サッカーの中田英寿さんの言葉『自分で自分に「良くやっている」って思ったら、終わりが近いってことだ』の通りだと思いながら、がむしゃらに取り組んで参ります。


副将の木下も言っていたように、今年は勝負の年。チーム目標「入替戦出場」を実現すべく、同期でマネージャー長の佐野を軸に、マネージャー全員が気持ちを一つに微力を尽くしたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。私で新4年生の決意表明を締めくくらせて頂きます。
OB、OGの方々をはじめ、いつも東大ラグビー部を応援してくださっている皆様、今後とも応援及びご指導のほど、よろしくお願い致します。

次は、学年会で熱い思いを語っているらしい、新2年生の河本にお願いします。


 

今年を振り返って[ラグビー部リレー日記]

 written by 栗原 菜緒投稿日時:2013/12/02(月) 21:14

こんにちは!
いつも明るくパワフルな冴さんからバトンを受け取りました。
2年マネージャーの栗原です。
 
 
早いもので2013年もあと1か月、今シーズンは残すところ、名古屋戦と京大戦のみとなりました。
今、早明戦を見ながら今年の試合を振り返っています。
年度初め、主将の川島さんが掲げた“A昇格”という目標は叶いませんでしたが、4勝3敗という戦績は1勝に終わった昨年と比べ、着実にアップしていると感じますし、敗れた試合の中にも、あと1トライで勝てた惜敗も含まれていました。
 
 
どのチームでも、勝ち続けることは本当に難しいことだと思います。
プレーヤーが試合にベストコンディションで出ること、気温や天候など、1つ変わるだけでも勝敗を左右する要因になり得るかもしれません。
 
私たち、マネージャーは気温や天候を変えることはできません。しかし、プレーヤーをベストコンディションにするお手伝いはできると信じています。
月に1回行っている周径委囲や、毎朝体重やその日の体調を書き込むコンレポ(コンディショニングレポート)は、直接試合の勝敗に関わるものではありませんが、京大戦までの残り21日間、部員が良いコンディションで臨める様、自分の仕事を精一杯やりたいとおもいます。
 
次は、俊足の1年、近藤君にお願いします!

理想像を描く[ラグビー部リレー日記]

 written by 栗原 菜緒投稿日時:2013/07/23(火) 14:05

近年にない暑さですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
松木さんからバトンを受け取りました。2年マネージャーの栗原菜緒です。
 
 
前回リレー日記を書かせていただいたのが去年の10月でしたので、早いもので10か月が経とうとしています。前回の日記にはテーピング練習を始めたことを書きましたが、指導して下さったマネージャーの先輩、練習に付き合って下さったプレーヤーの先輩のお蔭で最近は、練習前に足首などのテーピングを任せてもらえるようになりました。



さて、短いオフも終わり、今日から練習が再開されました。
部員たちは新たなスタートをきり、より一層気合いが入っているようでした。
 
春シーズンを振り返ると、ラグビー部の一員として、一人のマネージャーとして、もっとやるべきことがあったと、行動、意志の面においても未熟な自分に不甲斐なさを感じてしまいます。
 

私ごとですが、去年から3年プレーヤーの加藤さんの指導の下、同じく3年マネージャーの吉松さんとレセプション係をやらせて頂いております。仕事内容はレセプションを開く際の会場予約や食べ物の注文、備品の用意などです。係りを担当し始めて1年が経とうとしているのですが、レセプションごとの人数の違いやその時々に生じる些細な問題に適切に対応することが出来ず、アタフタしてしまいます。問題に直面しても臨機応変に対応できる先輩方のようになりたい!と最近つくづく思います。
 
「どのような人物でありたい。」と普段から心に自分の理想像を描いていると、自然と今やるべきことが見え、理想像に近づくことができると聞いたことがあります。この夏は春シーズンで感じた不甲斐なさをバネに、少しでも自分の思い描く理想像に近づけるよう、精進していきたいと思います。
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
次はよくテーピングを教えてくださる3年の小川さんにお願いしたいと思います。
 
2年 栗原菜緒

マネージャーとして思うこと[ラグビー部リレー日記]

 written by 栗原 菜緒投稿日時:2012/10/03(水) 23:48

初めまして、同期の古橋君からバトンを受け取りました。
マネージャーの栗原菜緒と申します。

10月に入り、急に肌寒くなってきましたね。
現在、対抗戦を2試合終え、4日後には武蔵大学との試合を控えています。マネージャーとして部員の皆さんが、良いコンディションで試合に臨むことができるよう、全力でサポートさせて頂きたいと思います。

入部してから5ヶ月が経ち、少しずつですがマネージャーの仕事に慣れてきました。ラグビーに限らず、チームスポーツは一人ひとりの自覚や努力によって支えられている面があると思います。マネージャーという立場で、自分が担っている責任を感じながら、半年前の自分に比べて少しは成長できていたらよいと思います。

最近、私たち1年マネージャーは先輩からテーピングの巻き方を教えて頂いています。テーピングは怪我の予防を図ったり、痛めた部位を保護する、スポーツをする上でとても大切で、責任の大きな作業です。夜、自分の足でこっそり練習していますが、力の加減やテープの扱い方が難しく、まだ先輩方のように上手に巻くことができません。
今後、マネージャーとして色々なことに気づくことができる自分になれるよう、一日一日を大切にしていきたいです。


拙い文章でしたが、最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。
次はドヤ顔が得意な同期、藤堂欣充くんにお願いします。

2020年11月

<<前月翌月>>
2020/11/29(日) 23:30
「気持ちが大事」
2020/11/28(土) 12:33
無駄
2020/11/25(水) 19:51
第二のこんにゃくを求めて
2020/11/23(月) 18:50
辛さ
2020/11/20(金) 12:45
エース
2020/11/18(水) 16:13
最初の一歩と最後の一歩
2020/11/15(日) 23:56
コミュニケーション
2020/11/12(木) 15:44
ぶち抜く
2020/11/12(木) 10:36
四年生
2020/11/07(土) 19:08
「1」
2020/11/04(水) 20:03
苦手意識
2020/11/02(月) 18:18
システム

アーカイブ

ブログ最新記事