ブログ 表 光さんが書いた記事

足利市[ラグビー部リレー日記]

 written by 表 光投稿日時:2021/05/31(月) 17:56

最近部内で人気がどんどん高まっている魚住さんからバトンを受けとりました3年の表です。



魚住さんは自分の不都合な話を僕が話を創作しているという体にして水に流そうとする節があるようです。確かに信じがたい話が多いので、僕が話を創作していると疑われても仕方ないのですが、魚住さんが得体の知れないスマホゲームに100万円近く課金をしているという話は本当なのでしょうか?真偽が気になるところです。



 



リレー日記というのは廣瀬の場合然り魚住さんの場合然り不思議なタイミングで回ってくるもので、廣瀬と魚住さんと同じ括りにしてしまって申し訳ないのですが僕も先日なぜラグビーをしているのかわからなくなり、練習を少しだけお休みしてしまったのですが、そのときの心境を書くとまたマイナスな気持ちに舞い戻ってしまいそうなので、今回は勘弁させていただいてもっと気楽なこと、僕の地元について書かせていただきます。



 



僕の地元は駒場キャンパスから電車で約2時間ほどの栃木県足利市という場所です。



都心からもそう遠くなく、街の中心には利根川の支流の渡良瀬川が流れ、関東平野の端っこに位置しているので街にはいくつもの山があり、自然が豊かで住みやすい街です。



そんな足利の観光地でとても有名なあしかがフラワーパークについて書きたいと思います。



足利の市街から少し離れたところにあるあしかがフラワーパークですが、理想のデートスポットランキングや全国イルミネーションランキングで毎年上位をおさめている名スポットです。特に名物の藤の花は圧巻で花が特別好きではない僕でも感動を覚えるほどです。冬には藤の花は咲いていないのですが、藤の花を模倣した紫色のイルミネーションを見ることができ、むしろ冬の方が観光客数は多くなるほどです。都内からドライブで来るにもちょうどいい距離なのでぜひ機会があったら訪れてください。



 



毎度毎度つまらないリレー日記になってしまって申し訳ないのですがお許しください。



最後に先日僕が練習を休んでしまった時に連絡をくれたり相談に乗ってくれた同期や先輩にはとても感謝しています。特に僕を否定も肯定もせずに向き合ってくれた北野さんには頭が上がりません。今シーズン中にもう一度はリレー日記が回ってくると思うのでその時のリレー日記で感謝を述べられるように前向きにラグビーを頑張りたいと思います。



 



次はついに怪我から復帰を果たした笹俣にバトンを渡します。怪我復帰直後とは思えない強度のコンタクトで向かってくる笹俣には狂気すら覚えますが、よくよく考えたら狂気じみた私生活が最近落ち着いたようなのでその反動なのかなとも思います。

今できることをする[ラグビー部リレー日記]

 written by 表 光投稿日時:2020/10/12(月) 19:47

 

 


 

 


 

誰もが認めるできる男の太田さんからバトンをもらいました2年WTBの表です。最近太田さんのパススキルの向上や、1年生のコーチングをした時にDLの人たちに代わってコンタクト練に積極的に参加する姿から、太田さんがしっかりラグビーする姿を見てみたいなと思っています。


 

 


 

僕は先日の東工大戦で右肩を亜脱臼してしまい、DLに入ってしまったため今は全体練習に参加できませんが、焦って怪我がさらに長引いてしまっては元も子もないので、とりあえず今のところは焦らず急がず慎重に怪我を治していきたいです。


 

 


 

実は僕はDLに入ることはほぼ初めてで(ぎっくり腰などはありましたが)、やはり今まで他の人が言ってきたように焦らないようにと思っても焦りを感じてしまいます。もう使い古された言葉ですが、自分がラグビーをできない間に他の同期や入ってきた上手な経験者の一年生がぐんぐん実力を伸ばす様子をサブグラで眺めるのは辛いものがあります。本当に怪我に悩まされながらもラグビーに対する気持ちを切らさずに復帰している同期や先輩の凄さが今になってひしひしと伝わってきます。とは言っても、怪我してしまったことはしょうがないので今できることをやろうと当然考えています。というのも一年生の時にDLになった同期の河内が当時DLである間に上半身を鍛え上げ、ひとまわり大きな体格を手に入れたことが僕にはとても印象に残っていて、自分も河内を見習ってこのDLの期間に強くなれると信じているからです。河内がDLから復帰して、初めて練習に参加するときに涙を流しながら「頑張ったんです」と言っていたのを覚えています。それくらい強い気持ちで、怪我明けに河内に胸を張って頑張ったと言えるように気合を入れ直していきたいです。


 

 


 

毎度毎度駄文になってしまいすいません。


 

 


 

次は最近自転車通学にシフトし、黄色の自転車で毎朝元気に登校している同期のSTAFF河野です。

太っちゃった[ラグビー部リレー日記]

 written by 表 光投稿日時:2020/06/09(火) 11:26

部内随一のイケメンと名高い甲斐さんからバトンを受け取りました二年の表です。甲斐さんはキレキャラとして先輩後輩問わず部内の多くの人から恐れられていますが、実は後輩に絡まれると一番嬉しそうにする隠れ萌えキャラでもあります。同じポジションということもあり、いつも的確なアドバイスをしてくださる甲斐さんに一歩でも近づけるように今年も精進していきたいです。

ラグビー部が活動を自粛し始めてから約二ヶ月半が経った。自粛前の毎日ラグビーの練習をしそれに加えてトレーニングも行っていた時期に比べると自粛期間の今は自主的にランニングやトレーニングをしているものの、運動の量が減ってしまったように感じている。それに伴ってか、僕の体に異変が起こり始めた。太っちゃった。お腹がぽっこり出てきた。しかし、僕はそうなってしまったことに対してあまり焦りだとか悲しさとかは感じていない。むしろ嬉しさを感じている。

生まれてこのかたこの自粛期間に入るまで、僕は太っているという状態が人生のどのシーンにおいてもなかった。小学生の頃からいつもガリガリと言われ、ラグビーほどのコンタクトスポーツではないサッカーでもよくフィジカルがないとコーチに言われた。そんな自分のお腹が出ることになるとは想像していなかった。いやむしろ夢に見ていたことではあった。しかも出ているお腹は見た目結構滑稽で、見せ方によっては笑いを取ることもできる。だから今は率直に自分の腹が膨れていることが嬉しい。

いくら嬉しいとは言っても明らかにメタボ的な、脂肪が腹に乗っかっている太り方をしているだけなので太田さん(S&Cリーダー)に怒られないように、もっと運動して脂肪を全部筋肉に変えれるように頑張りたいです。

本当にくだらないことを書いてしまい申し訳無いです。
次は僕が少し太っちゃったとリレー日記でいうのが恥ずかしくなってしまうくらい立派な体型をしているいわっちさんにバトンを渡します。いわっちさんは静岡出身というだけあって富士山のような貫禄があります。
 

後悔[ラグビー部リレー日記]

 written by 表 光投稿日時:2019/11/16(土) 23:59

僕が入部前から想いを寄せ猛アプローチしているにも関わらず少しも振り向いてくれない同じクラスの谷田さんからバトンを受け取りました一年の表です。
谷田朝香さんはあしゃという愛称で部内でもクラス内でも親しまれ、誰に対しても優しさを振りまき、学業の面においても東大のトップレベルの成績を収めるスーパーウーマンです。あしゃのいいところを次々書こうと思うと僕の前期に書いたどのレポートの字数よりも多くなってしまうのでこのへんで自重しておきます、あしゃいつもありがとう。(僕に対する他己紹介があまりにも淡白なことについては後で話し合いましょう。)

対抗戦シーズンの真っ只中ですが、下っ端の僕から先輩方に偉そうに言えることはなにもないので、僕の感じていることをつらつらと書かせていただきます。以下駄文をお許しください。

高校一年の春、僕は小学校からずっと続けていたサッカーを辞めて高校のラグビー部に入部した。それから冬まで上達を目指して一生懸命練習したが、高校二年の夏休みから約一年間僕はアメリカのノースカロライナ州に留学することを決意し、部活をやめてしまった。一年間の留学生活を僕は後悔していない。最初の半年は全く英語になれることができず、朝から晩までただただwhat’s upを繰り返すだけの日々であったが、半年たったあとは日常会話は普通にできるようになっていたし、一年経ち日本に帰国する頃にはプエルトリコ人のパトリックとサッカーのプレミアリーグの話をしたり、アニメが大好きなジャマイカ人とアイルランド人のハーフのジェイドとワンピースの話をできるほどには英語が上達していた。この一年を通して英語力が上がっただけでなく、国際的な交友関係や日本にいたままでは知ることのできなかった地域の文化への関心、その他諸々留学で得ることができるであろうと僕が期待していたものの大半を手に入れることができたと思っている。
しかしその一方で留学のためにラグビーをやめてしまったことを僕は後悔している。帰国後に見に行った母校の花園予選で戦うかつてのチームメイトたちは負けても後悔を顔に寸分でも浮かべるやつはいなかったし、浪人を経験して東大ラグビー部に入ってきた同期は誰ひとりとしてラグビーをやっていたことを悔いてはいない、と思う。留学したあともラグビー続けてればよかったなとか、当時の自分の根性の無さを恨んだりとか今更そんな事考えてもしょうがないようなことを今でも常々考える。そんな自分の後悔を拭い去るように大学では高校で諦めたぶんまで思いっきりラグビーを楽しみたいと思っています。

期限ギリギリになってしまって焦って書いているので全くまとまりのないつまらない文になってしまってすみません。

次はグラウンドの外では抜群のギャグセンスで笑いをもぎ取り、グラウンド内では鋭い戦術眼と強いフィジカルで格の違いを見せつける前原さんにバトンを回します。最近になってやっと前原さんと喋れるようになってきて実はすごく嬉しいです。
 

2021年12月

<<前月翌月>>
2021/12/04(土) 21:41
ラグビー生活の振り返り
2021/12/02(木) 16:08
自己満足

アーカイブ

ブログ最新記事