ブログ 大畑 暁さんが書いた記事

次へ>>

濃い1年間[ラグビー部リレー日記]

 written by 大畑 暁投稿日時:2016/12/21(水) 23:59

藤原からバトンを受け取りました、4年の大畑です。
対抗戦も終わり、引退まで残すところ京大戦のみとなりました。
最後のリレー日記ということで、今年1年を振り返って考えたことを書きたいと思います。
思ったことをつらつらと書き、まとまりのない文章になりましたがご容赦ください。


「もっと勝ちにこだわりたい。」
約1年前、来年どんなチームを作りたいか同期全員で話し合ったときに僕が言った言葉だ。
以前から、部活に取り組む姿勢の個人差が大きいと思っていた。もちろんみんな勝ちたいとは思っている。しかし、どうすれば勝てるのか自分で具体的に考え行動している人は少なく、大半は課された練習を最低限こなしているだけに感じていた。
やはり一部の人だけではなく、全員が高い意識を持って練習しなければチームは強くなれない。
全員が本気になって1つの目標に進む、そんなチームをつくりたいと思い今シーズンを始めた。


去年とはみんなの意識を変える必要があった。だから特に2、3月はハードな練習をしたと思う。なかには練習がきつすぎると感じた人もいただろう。だが、決して強くはない僕らにとって、目標を達成するためにはあれくらいの練習強度は必然だった。すべては対抗戦初戦の一橋に勝つために。


夏合宿は毎日6時半から早朝トレーニングを行った。栄養管理もしっかりしていたおかげで体もめきめき大きくなった。今までの練習の成果が出たのは朝日大戦だろう。後半までずっとリードされていたが、最後まで集中力切れることなく戦い逆転勝利した。僕は怪我で外から見るだけだったが、部員みんなに頼もしさを感じた。これなら一橋に勝てる、そう思えた。


対抗戦まであっという間だった。十分な努力をしてきたと思っていた。
しかし一橋には負けてしまった。ショックだった。目標としていた対抗戦5勝以上を達成するには一橋に勝つことが必須だった。今までやってきたことは何だったんだろうと負けて思った。なかなか気持ちを切り替えることができず、滝行に行ったりもした。


次戦の明学戦は、もう後がないと思いがむしゃらにプレーした。意地は見せることができたと思う。後半ラスト10分までは互角の戦いをした。だが最後には競り負けた。あそこで勝っていれば、その後の状況はだいぶ変わってただろうと思うと悔やまれる。


対抗戦一戦一戦について詳しく書きたいが、書くと長くなってしまうのでここまでにする。
結局3勝4敗で結果は出なかった。しかし意外と今、気持ちはすっきりとしている。それはこの1年間が非常に濃く、充実した日々だったからだ。思うとこの1年は本当にいろんな人に助けてもらった。監督、コーチの方々はもちろんのこと、前向きに頑張っている部員は学年を問わず僕を勇気づけた。
一方で、この1年間、仲間たちの悪い面もたくさん見えた。言い訳ばかりするやつ、上級生なのに体を張れないやつ、頻繁に欠席するやつ。それらを変えることができない自分の能力のなさにもイライラした。


部員にはいろんなやつがいたが、結果的には多くの人が身体的にも精神的にも成長したと思う。
後輩たちに願うことは、来年は絶対に今年のチームをいろんな意味で越えてほしいということだ。
今年は結果は出なかったが、今年やってきたことをベースにして来年後輩たちが結果を出してくれれば非常にうれしく思う。


最後になりますが、4年間僕のことを支えてくださった様々な方々、本当にありがとうございました。


次のリレー日記は、もう一人の副将津川が更新します。

 

friend park[ラグビー部リレー日記]

 written by 大畑 暁投稿日時:2016/07/30(土) 20:26

 いつも明るい1年生マネージャーの大平さんからバトンを受け取りました、4年の大畑です。
彼女の紹介にもあった通り、実は先日練習中に鼻を骨折してしまいました。鼻骨整復手術の恐ろしさは最近井上君がリレー日記で語ってくれた通りです。手術自体はなかなかしんどかったですが、女医さんの腕前もあってか鼻の形は怪我する前よりもむしろ良くなった気もします。そんなわけでしばらく練習から離脱することになってしまったので、今日は怪我人たちのトレーニングについて書こうと思います。

 怪我人たちのトレーニングは通称「friend park」と呼ばれ、様々なトレーニング器具を使いサーキット形式で行われます。friend parkというと楽しそうに聞こえますが、内容はかなりtoughです。僕が今一番苦戦しているのはバトルロープを使ったトレーニング(太くて重い綱をひたすら振る)です。今はすぐにばててしまってますが、とりあえず40秒間全力で振れるように頑張ろうと思います。
重要な時期に怪我をしてしまいましたが、幸いにも手足は自由に動くので、この機会にフィジカルとフィットネスをさらに鍛えて対抗戦に挑みたいと思います。

 最後までお読みいただきありがとうございました。次のリレー日記は、(たしか)同じ鼻骨骨折経験者の3年の岡本に回したいと思います。

 

責任[ラグビー部リレー日記]

 written by 大畑 暁投稿日時:2016/05/06(金) 16:26

頼りになる後輩の松永からバトンを受け取りました4年の大畑です。
今日はゴールデンウィークを含めた最近の練習について振り返ってみようと思います。


この日記をご覧の方々は長い休日をどのように過ごされたでしょうか?
普段は研究室が忙しい私にとって、今回の連休は1日中ラグビーに打ち込むことができるとてもよい機会となりました。
練習内容や強度も普段に比べてtoughなものでしたが、その分成長できた部分も多かったと思います。
またFWは相撲部への出稽古を行い、ラグビーにも役立つ技術や普段とは異なる刺激を得ることができました。お世話になった関係者の皆様には厚くお礼を申し上げます。


最近のミーティングで無責任なプレーをやめようという話が出ました。
無責任なプレーといっても様々なものがありますが、ここでは味方がナイスプレーをしたあとの次のプレーについて述べようと思います。
例えば、DFで味方がナイスタックルをした次のフェイズで、前に出ない人やあっさり抜かれる人がいる。
これは味方がせっかく作ってくれたチャンスをつぶすことになります。
例えば、ATで体を張ってせっかくボールを前に運んだのに、次のATで簡単にポイントを後ろに下げてしまう。
このようなプレーをしていれば、勝つことができないどころか仲間への裏切りになります。
他にも無責任なプレー、行為はいくらでもありますし、それは試合や練習中に限ったことでもありません。
当然ですがラグビーはチームスポーツなので、仲間の頑張りに対しては他の人も死ぬ気で応えましょう。そのようなチームを作りたいと思っています。


最後までお読みいただきありがとうございました。
次のリレー日記は名探偵コナンの話が大好きな石内君に回そうと思います。

目標に向かって[ラグビー部リレー日記]

 written by 大畑 暁投稿日時:2015/05/03(日) 23:03

知的な文章を書く文学部の棚橋君からバトンを受け取りました、3年大畑です。
更新が遅くなってしまい申し訳ありません。


2月に新チームが始動してからもうすぐ3ヶ月が経とうとしている。ここまでやってきたことを振り返ると、2、3月はウエイトや基礎プレーの習得に集中し、4月は新歓がメインであった。そして新歓がひと段落し、これから定期戦シーズンが始まる。
今年の目標は入れ替え戦出場だが、この目標が達成できるかどうかはここからの練習の質にかかっていると思う。
現状ではおそらくまだ上位校とは力の差があり、この差を対抗戦までになんとか埋めなければいけない。
そのためにはチーム全体のレベルの底上げ、ひいては一人一人がどれだけ高い意識をもって部活に取り組めるかにかかっているだろう。


東大ラグビー部のなかにもいろいろな人がいて、ラグビーをやるモチベーションは人それぞれだと思う。だがチームとして勝つためには全員が同じ目標に向かって突き進まなければならない。スクラムやモールと一緒で、全員が同じ方向に進んだときは強いけど、バラバラな方向を向いてしまったら弱く、崩壊してしまう。
プレーヤーとマネージャー、学生とコーチなど、一見すると役割は違うがチームとして同じ目標に突き進むべきだし、逆に同じ目標に突き進む集団こそがチームだと思う。


なんだか偉そうなことを言ってしまったが僕自身まだまだ未熟で、今年上級生になったもののチームを引っ張るようなプレーはできていない。明日からの練習、そしてこれから始まる定期戦でもっと上級生としてチームを引っ張れるように頑張りたいと思う。


少し支離滅裂な文章になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
次のリレー日記は、最近ジムに通っているというストイックな(?)同期のマネージャーのまおちゃんにお願いしたいと思います。

 

勝利に向けて[ラグビー部リレー日記]

 written by 大畑 暁投稿日時:2014/09/19(金) 21:28

1年の小寺からバトンを受け取りました、2年の大畑です。
紹介にもあった通り私は写真を撮られるのが少し苦手なのですが、中には私が嫌がっているのに写真を撮ってくる人がいて少し困っています。

私は腰を痛めていたせいで8月中はほとんど練習に参加することができず、一橋戦でもメンバー入りすることはできませんでした。
対抗戦初戦、チームは一橋に敗れてしまったものの、私は当日他校の偵察に行っていて試合を直接見ることができなかったので、はっきりいって負けた実感が全くわきません。
自分はチームの役に全然立っていない気がしてとてもふがいなさを感じます。

まだ敗戦から心を完全に切り替えられていなく、また、腰が再び悪化する不安もあり、正直心の中はまだもやもやしています。
しかしまだ対抗戦は始まったばかりであり、このままずるずると終わるわけにはいきません。まずは来週の武蔵戦に勝つために、今自分ができる精一杯のことをするしかありません。
少しでもチームの勝利に貢献できるように明日からも頑張っていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次のリレー日記はウエイトペアである4年の川本さんにお願いしたいと思います。



 
次へ>>

2024年3月

アーカイブ

ブログ最新記事