ブログ 宮田 尚弥さんが書いた記事

まだteenager[ラグビー部リレー日記]

 written by 宮田 尚弥投稿日時:2024/01/22(月) 10:09

立花からバトンを受け取りました新3年の宮田です。立花はいつの日か急にでかくなっていてびっくりしました。またプレーもところどころセンスを感じるところがあり今後が楽しみです。



 



最近の出来事では成人式があります。成人式前日には高校、成人式後には中学の同窓会が行われ懐かしさを感じる2日間でした。中高での出来事や今では目も当てられないような当時のノリを思い出せたりと思い出話に花が咲きます。やはり同窓会は結局いつも会うような人と固まってしまうのですが卒業式ぶりの人とも多く話せ、楽しい反面気まずい思いもします。



 



高校は卒業から2年しか経っていないこともあり、誰かわからないのは高校時代にも関わりがなかった人くらいで大学デビューしていても誰かはわかります。困難を極めたのは中学の同窓会です。人は5年あればだいぶ変わるのだと痛感しました。とはいえ僕も中学時代はメガネ卓球部ボーイだったので人のことは言えません。しかしメガネ坊主が金髪ロン毛になってたり、おとなしかったやつがホストになっていたり、かわいくてちょっと気になっていた子がそんなにかわいくなくなってたりと変化は目まぐるしくついていけません。また、誰かはわかっていてもいかつく怖い人もいくらかおり、中には手の甲の指の付け根あたりがズルズルになってる人も。思わず小指があるかどうか確かめてしまいます。それでも当時はそのうちの何人かと林間学校の班を一緒にする程には仲が良かったはずなのです。しかし今では怖くてこちらから話しかけることもできません。



 



このように見た目が変わったのは印象的ですが、話してみると意外と中身は変わってないのだなと感じます。なので話してみると誰かわかることはあるのですが、当然見た目ではわからないのでまず「俺のこと覚えてる?」と言われると気まずい時間が流れるのは必至です。まだ覚えているのが当たり前のように「久しぶり!最近どう?」と話しかけられる方が上手く誤魔化せます。来年同窓会の人は相手が自分のことを覚えていなさそうな時参考にしてください。



 



次は新2年の筑波です。夜練後みんなが着替えている中、真っ暗のグラウンドでLOのジャンプ練習を1人でしていたのが印象的です。寝坊はしますがその練習に対するひたむきさは見習いたいです。

ゴジラ[ラグビー部リレー日記]

 written by 宮田 尚弥投稿日時:2023/10/21(土) 14:03

二宮さんからバトンをもらいました2年の宮田です。僕もまだ前期の単位が残っているので1ストップしないよう頑張ります。



 



最近の悩みはバイトが続かないことです。今まで個別指導とカフェのバイトをしてきましたがどちらも3ヶ月で辞め、半年も続きません。そしてつい先日、2ヶ月ちょっと続けた映画館のアルバイトを辞めてきました。



 



今までの辞めるパターンは学期頭の授業開始によって忙しくなり、シフトに入れなくなってしまうという感じでした。どうせ行かなくなる授業のために辞めてしまったのは後悔しかありませんが、2週間のシフトを1、2回出せないでいるとだいぶ続ける気が失せてきてしまいます。さすがに個別指導はちゃんと担当の生徒がいなくなってからやめました。しかし今回は授業があまりない期間だったので今までのパターンとは異なります。



 



映画館はそもそも同年代の人も多くて楽しそうな職場とのイメージが強く、やってみたかったのです。実際、多くが大学生でシフトに入った日はタダで映画を観られるので仕事を始める前はウキウキでした。それでも辞めた理由は仕事内容やバイトあるあるの嫌味な先輩、社員などですが第一はその立地でした。僕の働いてた映画館はあのゴジラのある映画館でした。駒場と家の中間でそんなに家から遠くもなく、大学にも行き来しやすそうなんで。シフトは大体8時から13時または15時から20時で入っていました。夜のそこが荒れるのは想像通りですが1番しんどいのは朝です。いつも朝からのバイトは早起きできて、すがすがしく感じていました。しかしそこの周りには居酒屋しかありません。そのため朝の道路は異様な酸っぱいような臭いがするしカラスも大量にいるし地べたで寝てる人を20人くらい見かけるしといった感じでとにかく最低な気分でバイトに向かっていたのです。こんなのちょっと考えればわかりそうなことなのに全く考えていませんでした。いつも僕はその想定の甘さでバイトに限らず失敗してるような気がします。結局友達もできず、職場も楽しいと思えませんでした。



 



さすがに次は半年は続けたいものです。もう新しいバイトを始めていますが、今のところ職場環境も授業、部活との兼ね合いもいい感じなので頑張って続けたいと思います。



 



次は3年の寿太郎さんです。この前ウェイトルームで見た時ベンチが重すぎてビビりました。

ロックな生き方をしたい[ラグビー部リレー日記]

 written by 宮田 尚弥投稿日時:2023/06/05(月) 15:51

今年の新歓を引っ張っていた関戸さんからバトンを受け取りました、2年の宮田です。関戸さんはその新歓力で新入生の心を掴み、何人もの入部を決めさせていました。僕は第一印象で怖いとよく思われるのでその人当たりの良さを見習いたいです。



 



普段特に趣味も贔屓の球団もない僕にとってはリレー日記は書くものに困るのですが、最近90年代のグランジ・オルタナティブロックにハマりつつあるのでそれについて書きます。ハマったのは以前、友人から夜中にニルヴァーナについて熱弁され、きいてみたのがきっかけでした。中高の頃家にあるクイーンやオアシス、ストーンズなどのCDをちょくちょくきいていたので古い洋ロックは好きでしたが、オルタナティブロックはより勢いがあり力強いような気がします。暇な時はAmazon musicの90年代ロックのプレイリストから気に入った曲を探しそのバンドの曲をきくというのを繰り返しています。また僕はメロディー派なのですが、気に入った曲の歌詞を調べてみるととんでもない内容のものが多いのも面白いところです。



 



次は同期の福元にバトンを渡します。福元はとてもおしゃべりで面白い情報はいつも彼から回ってきます。

すいか[ラグビー部リレー日記]

 written by 宮田 尚弥投稿日時:2022/08/07(日) 11:51

玉代勢さんからバトンを貰いました1年の宮田です。玉代勢さんは都立高校出身ということで親近感を持っています。今度スモブラで焼肉でも奢ってください!



 



最近の僕は合宿の長さや練習以外でやらなければならないことの多さといったことで大学部活の厳しさを痛感しています。家のベットが大好きな僕にとって慣れない環境で寝るのは苦痛なことで合計の合宿日数が15日と聞いたときには部活辞めたくなりました。



 



ラグビーを始めたきっかけは高校の時、新歓で部の雰囲気の良さとこれしかないという直感的なもので決めました。その直感は当たっていたようで、生活の中心はラグビーに、ラグビーをするために学校に行き、授業は部活のための休憩時間になりました。



 



大学でも初めはサークルにはいろうと思っていたものの、打ち込めるものがやっぱり欲しい。色々迷った末打ち込むなら部活だと、ラグビー部に入りました。大学でのラグビーはやはり高校とは違い、スイカを着て80分間試合に出させてもらった際はプレーの質やスピード、パワー全てが完全に上回っていると肌で感じました。ラグビーが新たな顔を見せてくれたのだと思います。



 



趣味があまりなく、飽き性な僕にとってラグビーは最も打ち込めるものであり最も長く続けることになるものです。大学で僕がラグビーをする意味はラグビーをより長く続け、その面白さをさらに見つけることのように思えます。いくら合宿に行くのが嫌でもラグビーを楽しむためと思えば我慢できるはずです。



 



次は4年の平岡さんです。個人的に名前のかっこよさが玉代勢さんとのツートップです。

2024年5月

<<前月翌月>>
2024/05/30(木) 13:47
肩 have a good day
2024/05/22(水) 20:22
くるま
2024/05/17(金) 17:50
ふざけたmocky
2024/05/13(月) 20:00
パート2
2024/05/11(土) 20:10
Jora
2024/05/08(水) 18:59
BMI17
2024/05/06(月) 20:37
地団駄を踏む
2024/05/03(金) 17:23
いらすとや4
2024/05/02(木) 12:37
明日走れるかな

アーカイブ

ブログ最新記事