ブログ 菅家 卓哉さんが書いた記事

二足の草鞋[ラグビー部リレー日記]

 written by 菅家 卓哉投稿日時:2017/11/28(火) 20:46

今年のクリスマスは一味違うと豪語している同期の石川からバトンをもらいました菅家です。

 


部活も研究も妥協しないと決めて始まった部活最後の一年間も残り1ヶ月を切った。中々にハードな日々を過ごして来たが、最近は卒論に追われ今まで以上に追い詰められている。

 


そんな中、東大ラグビー部以外のコミュニティに属する事で気づかされた事がある。それは至極当然のことかもしれないが、「殆どの人は東大ラグビー部に興味がない」ということだ。敗戦の悔しさに苛まれた日も、勝利し歓喜の涙を流した日も東大ラグビー部と関係がない人からしたら同じ日曜日なのだ。



 


それでも部活に身を投じる理由は何だろうか。その答えは十人十色だろう。私の一番の理由は感謝である。

 


ラグビーのルールさえ知らなかった大学一年生の私を指導して下さったJr.コーチ。部活を一年間離れたにも関わらず、復帰を認めてくれた先輩、同期、後輩。試合に勝つために尽力して下さる監督、コーチ、トレーナー、OBの方々。サポートしてくれる家族。挙げればきりがないほど多くの人たちのお陰で今ここにいる。

 


プレーヤーである私がその恩返しとして出来る唯一の事はチームの勝利への貢献だ。今のチームに尽くすのは当然のこととして、来年度、再来年度の勝利につながるものを後輩たちに残さなければならないと思っている。引退まで一ヶ月弱。口だけでなく行動で感謝を伝えられるよう、気持ちを引き締め筆を置こうと思う。

 


まとまりの無い文書となってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。次回は、ここに来て英語に苦しめられている同期の森下にバトンを回したいと思います。

先輩の助力[ラグビー部リレー日記]

 written by 菅家 卓哉投稿日時:2017/08/20(日) 17:29

合宿後に院試を控えるも、他の院試勢の何倍もの余裕を見せている松永からバトンを受け取りました4年菅家です。

過去のリレー日記でも触れられているように山中湖の院試部屋では互いに励ましあいながら勉強に勤しんでいた。その一方で、菅平の院試部屋では私は院試勢の応援に徹している。というのも、山中湖最終日に院試を受けてきたからである。私自身抜群に頭が良いわけではないため、本来ならばこの困難に屈していたかも知れなかったが、なんとか乗り切った(と勝手に思っている)。
なぜかというと、研究室の先輩の院試勉強ノートを頂いたからである。正直、このノートと先輩からの助言がなければ私は路頭に迷っていただろう。感謝の気持ちでいっぱいである。

と、こんなことを書いていると自分は4年生としてラグビー部の後輩に良い影響を与えることができているのかという疑問が出てきた。思い返せば先輩の何気ない言葉でも気に留めて一喜一憂したものだ。改めて後輩やラグビー部に対して良い影響を与えることを決意し筆を置こうと思う。

ここまで稚拙な文章を読んでいただきありがとうございました。
次回は、おそらく数年後に院試がやってくるであろう理科二類の一年吉村にバトンを回します。

新米[ラグビー部リレー日記]

 written by 菅家 卓哉投稿日時:2017/03/24(金) 12:32

 めざましテレビで勉強の秘訣を語っていた石川からバトンをもらいました新4年の菅家です。石川の紹介にもありましたが今年度のディシプリンリーダーを務めさせていただいております。今年度は部の規則の違反行為に対する罰則を廃止しました。部員各々が部の規則を守る理由や部の礎である信頼関係を今まで以上に意識して欲しいという思い故の廃止であり、より良い部活動への一助となればと思います。

 

 今回はそんなディシプリンの話ではなく、始まって早一ヶ月以上経過した研究室生活を振り返ってみようと思う。がしかし、まず初めに言っておきたいのは農学部への一般認識についてである。この場を借りて声を大にして言いたいのは農学部と聞いてすぐ農業と結びつけるのはやめてほしいということである。農学部所属と言うと大体「米作ってんの?」とか「野菜作ってんの?」とかよく聞かれる。当然、農業をターゲットとしている研究も数多く行われてはいるが、それだけではない。そもそも農学部という日本語自体がいけないと私は勝手に思っているのだが、こればかりは仕方がないので農学部に対する適切な認識が広まってほしいと願うばかりである。

 

 話を元に戻すと、私が所属する研究室の先生方は部活に理解を示してくださり、先輩方は皆優しく、良い研究室に配属できたなと思う日々である。現在は知識がほとんどない上に、道具の在り処や研究室のルールも把握できていないため、一人では何もできないと言っても過言ではない。今は、教わったことを再度自力で行うことで技術を身につけると同時に、論文や教科書を読むことで知識を蓄える毎日である。早く研究室の先輩方のようにバリバリ動けるようになりたいものだ。

 

 このようなことを書いていると自分がラグビー部に入った時のことが思い出される。私がラグビー自体を知ったのは大学に入ってからである。そもそも大学では他の運動部に入るつもりであったため、ほとんどラグビーに興味がなかったのだが、紆余曲折あり東大ラグビー部に入部した。当時ラグビーについて全く知らなかった私は何もできない状態からのスタートだった。体の小さかった私は当然人と体をぶつけ合う経験などなかったし、個人競技しかやってこなかったためチームスポーツ自体初だった。そんな状態だった1年生の日々を思い出す今はもう4年生だ。泣いても笑ってもあと9ヶ月。9ヶ月後に自分がどんな感情、どんな表情でいるかは今この一瞬一瞬にかかっている。研究も部活も妥協しない。両方もフルスロットルで遣り抜く所存である。

 

 最後まで拙い文章をお読みいただきありがとうどざいました。次は東大ラグビー部のホームページのヘッダーを大きく飾っている新4年の萩原にバトンを回します。

尊敬[ラグビー部リレー日記]

 written by 菅家 卓哉投稿日時:2016/08/28(日) 23:08

山中湖最終日で胸の内を吐露していた河本からバトンを受け取りました3年の菅家です。

 

ハードな合宿も終わり、駒場の練習も始まりました。案の定、山中湖や菅平よりも断然東京の方が暑く、まだ順応できません。幸いなことに、ここ数日は比較的涼しいのでこれ以上暑くならないよう願うばかりです。合宿の日程とかぶり、なかなか見ることができなかったオリンピックについて私も書こうと思います。

 

今回の開催地であるリオデジャネイロの治安等で色々な事件は起きてはいたが、4年に一度のスポーツの祭典なだけあって、なんだかんだ盛り上がった。特に今大会は日本人選手が大いに活躍し、過去最多となる獲得メダル数を記録した。陸上競技においても400mリレーと競歩50kmでメダルを獲得し、日本が大いに湧いたと思う。オリンピックで各競技の熱闘を見て一喜一憂するのも良いが、私はオリンピックで生まれる様々なドラマも毎回楽しみにしている。韓国と北朝鮮の女子体操選手2人が記念撮影をしている姿を見るとスポーツの可能性を感じ、陸上女子5000mで起きた選手の助け合いは見る人を優しい気持ちにさせる。体操男子の内村航平の優勝にケチをつけた記者に対して銀メダルを獲得したオレグ・ベルニャエフがとった行動は清々しい。やはりスポーツは素晴らしいと再確認できる。

 

オリンピックに限らずラグビーのノーサイドの精神だってかなり格好いい。お互い身体をぶつけ合い、死力を尽くした後にアフターマッチファンクションにて勝敗に関係なく尊敬し合う。だが、どうせなら相手に「強かった」と思われたい。そのためには当然試合に勝たなければならない。合宿が終わり、ついに対抗戦が始まる。相手に「東大強かった」と思わせることができるように気合を入れなければならない。

 

お読みいただきありがとうございました。次は、合宿でショッキングな事件に遭ってしまった2年マネージャーの城戸さんに回したいと思います。

自分の意思[ラグビー部リレー日記]

 written by 菅家 卓哉投稿日時:2016/06/30(木) 15:23

実習で作ったエンジンが動いている動画をみんなに見せていた同期の萩原からバトンを受け取りました、3年の菅家です。
 

どうも私はこのリレー日記のような特にお題のない文章を書くのが苦手で、何行か書いては消してを繰り返し時間が徒らに経ってしまった。次々と話題を提示できるような柔軟性を身に付けたいものである。そうはいっても、ずっとこうしている訳にはいかないので最近思ったことをつらつらと書こうと思う。

 

ここ最近、自分の将来について具体的に考える機会が何度もあった。正直、進振り先は自分の興味を基準にして選んだし、自分の将来像はほとんど白紙のままである。思い返せば、自分の意思で進む先を決めたことは今まであまりなかったように思われる。中学受験は親の勧めであり、中学受験の第一志望校は姉の勧めであり、中高の部活は友人が陸上部にしたからであり、大学受験は当時そこそこの成績だったからなど、ここに書いただけでも情けなくなるほどである。だが、東大ラグビー部入部は自分の意思で決めた。正確には、二度目の入部は自分の意思で決めた。

 

私は1年前の3月に体調不良を理由に結果的に部活を抜けた。今シーズンの初めから東大ラグビー部に復帰させてもらったのだが、当時部活に戻ることに対して周りから賛成、反対含めて様々な意見をもらった。参考にさせてもらった上で、結局、復帰最大の決め手(唯一と言っても良いかもしれない)となったのが、戻りたいから戻るという自分の意思であった。

 

春シーズンも終盤だが、1年前の退部を後悔することはあっても、復帰を悔やんだことは1度もない。寧ろ、復帰して良かったと心の底から言うことができる。それが単に二択の内で良い選択をしたからなのか、復帰を自分で決めたからなのかは分からない。だが、もう二度とラグビー部を抜けることはない。ラグビー部だけでなく自分への裏切りになるから。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。次は、よく声を出して盛り上げてくれる2年の鎌田にバトンを渡したいと思います。

2021年4月

<<前月翌月>>
2021/04/09(金) 21:05
将来を見据えて
2021/04/08(木) 10:45
深化と探索
2021/04/05(月) 11:24
自由と責任
2021/04/03(土) 18:30
誰かのレコメンド

アーカイブ

ブログ最新記事