ブログ 田中 翔太さんが書いた記事

ポジションはロック[ラグビー部リレー日記]

 written by 田中 翔太投稿日時:2015/01/29(木) 15:19

LO/ ロック−ラグビー王国ニュージーランドでは、少年はロックをやりたがる。強くて頼りになる男の象徴的ポジションだからだ
 
  私は1年生の時、検見川で行うOB戦でロックを任された。初めての試合だ。ロックとは何をすればよいか分からない私は試合前夜に「ラグビー ロック」でググってみた。その時、出てきたのが冒頭の言葉だ。なかなかいいポジションをもらったと思った私は、もっと具体的にどんな仕事をすればよいか同じロックの勘太郎さんに尋ねてみた。「ロックってのはな、チームで1番強い男がやるポジションなんだよ」なんとグーグル検索とほぼ同じことを勘太郎さんは言い放ち、満足気にその場を去っていった。私はそれじゃあ答えにならないと少しばかり困ったが、それ以上に素直にかっこいいと感動した。これぞ強い男だと思った。そもそも私は強い男に憧れがあった。だからこそ入部を決めたのだ。強くなるために。
  
 じゃあ強い男ってどんな人間だろうか。そんなの決まってる。ここぞって時にチームのピンチを救ってくれる人間、ここぞって時にチャンスをものにしてくれる人間だ。さらに言えばチームを勝利に、そして入れ替え戦に導く人間だ。この3年間、そんな強い男を目指してきたが、何度も何度も与えられたチャンスをものにできなかったし、チームの勝利にも貢献できなかった。でもいま私は悲観的になっているわけではない。去年の10月から腰を痛めてラグビーができない私は自分の過去の映像をよく見ていた。その時、私はたしかに「俺ってもっともっと強くなれる、まだまだ上手くなれるんじゃないか」と思った。映像を見れば見る程、その思いは強くなった。だから私は今年1年自分の可能性を信じて死に物狂いでやるし、自分自身の成長に期待している。もちろん現在の首脳陣や引退された先輩の中にも私に期待してくれている方はいる。私に現在寄せられている期待はロックのポジション争いに勝つことだ。しかし私は確かに2年前のリレー日記で書いたのだ、周囲の期待を超えるプレイヤーになると。そう、期待を超えて私がチームを入れ替え戦に導くという気概を持ってこの1年私はラグビーをする。もちろんこれは生半可なことではない。でも立山がいる、勝田がいる、森がいる、木下がいる、それだけじゃきっと駄目なんだと思う。東大が入れ替え戦に出るためにはきっと期待を超えてくるプレイヤーが出ないといけない。今の殻をぶち破るようなプレイヤーだ。そんなプレイヤーに私がなってみせる。なぜなら私のポジションはロック、チームで1番強い男がやるべきポジションだからだ。
 
  長々と語ってしまったが、今年1年必ず目標を達成するという「覚悟」をもって臨む。行動と結果の両方でその「覚悟」を示す。有言実行だ。やってやる。
 
 次のリレー日記は松田にお願いします。

上級生になるにあたり[ラグビー部リレー日記]

 written by 田中 翔太投稿日時:2014/03/26(水) 21:57

 井上君からバトンを受け取りました田中翔太です。まず始めに更新が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

 チーム松木として今年度始動して、早くも2ヶ月が経とうとしている。井上君のリレー日記にも書いてあったが、4月にはきっとフレッシュな新入生がラグビー部に新しい風を吹き込んでくれるだろう。そういったことを考えていると大学からラグビーを始めた自分も先輩より後輩の数が多くなり、いよいよ上級生になるのだと実感する。そして上級生になるにあたり改めて自分自身のことを見直さなければいけない。フィットネス中に上級生が手を抜いていると後輩も手を抜くだろうし、掃除などを適当に行っていると後輩もそれでいいのだと思うだろう。だからこそ私は自分に厳しく、後輩にかっこいいと思ってもらえるような上級生になりたい。

 さてそんな上級生になるためには私生活でも自分に厳しくするとともに、やはりプレーでチームを引っ張っていけるようなプレーヤーにならなければいけない。ちょうど今週の土曜日には今シーズン初の練習試合が組まれている。昨年の秋に何度も怪我で離脱してしまった自分にとっては本当に久しぶりの試合であり、すでに今でも試合のことを考えるとドキドキしてくる。この気持ちを練習試合に思いっきりぶつけ、この2ヶ月フォーカスしてきた「個の強さ」を見せつけたいと思う。また私はちょうど1年前のこの時期にもリレー日記を書いている。その内容はラグビー部のスーパースターになりたいというものだったが、なかなかスーパースターへの道は険しいようだ。だが諦めるわけにはいけない。自分の背中を多くの後輩が見ているのだ。自分のポジションであるロックは人数も多く、競争も激しいが誰にも負けたくない。強くなりたい。上級生になるにあたり心からそう思う。

 少しまとまりのない文章になってしまったが、上級生になるにあたって自分の気持ちを書いてみた。次のリレー日記は同じポジションでプレー、私生活ともに尊敬できる鉄本さんにお願いしたいと思う。どうぞよろしくお願いします。

勝利に向かって[ラグビー部リレー日記]

 written by 田中 翔太投稿日時:2013/09/23(月) 21:30

こんばんは、永田さんよりバトンを受け取りました田中翔太です。

昨日の成城戦でチームとして対抗戦初勝利をあげた。僕自身フィールドに立って試合をすることはできなかったが本当に嬉しい一勝だった。しかし監督が仰っていたように勝って兜の緒を絞めなければいけない。再来週からの立教、明学戦は昨日の試合よりもハードなものになるに違いない。だからチームとしてより一層高い意識を持って練習に望まなければならない。そして自分自身試合に出ることが出来なかったプレーヤーとして一生懸命努力してチームの底上げを図っていきたい。それが東大の勝利のためになると僕は信じている。監督・コーチ陣の方々、女マネさん、トレーナーさん、OBの方々、そして僕たちを応援してくれる全ての方々が勝利を願っている以上、僕たちプレーヤーは前に進み続けなければならない。

次のリレー日記は三年生のスクラムハーフ、森智章さんにお願いします。

スーパースター[ラグビー部リレー日記]

 written by 田中 翔太投稿日時:2013/03/13(水) 14:32

 南里君からバトンを受け取りました田中翔太です。まず更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

 「期待に応えるのがスター、期待を超えるのがスーパースター」これは元読売巨人軍長嶋茂雄の言葉である。現在野球の世界大会であるWBCが行われており、野球好きだけでなく普段野球を見ない人までもを巻き込んで盛り上がっている。しかし私には一つWBCに関して不満なことがある。それは私とよく似た名前の中田翔に関してである。そもそも日本代表に選ばれたことが少し不思議なくらいの選手であるが、蓋を開けてみると台湾戦では勝負を決める犠牲フライを打つなどの活躍を見せ、今では日本代表にふさわしい選手と言われるまでになっている。しかし本当にこれでいいのだろうか。私は高校時代に怪物と騒がれ、幾度となく甲子園を沸かせた彼は冒頭の長島茂雄氏の言葉を借りれば、期待を超えることのできるスーパースターの素質がある選手だと思う。しかし、そこそこの活躍で騒がれ、まんざらでもない顔をする彼に私は不満があるのである。

さて話は変わって今週末には今シーズン初めての練習試合があり、チーム全体としても気合が入っている。先日にはメンバー発表も行われた。そこで私は三本目の試合に出させてもらうことになったが、同じ未経験からはじめ同期で同じポジションである古橋くんは二本目で出ることになった。入部時からずっと意識していた彼に今回負けたことは本当に悔しかった。しかし試合に出させてもらう以上、なんとしても首脳陣の期待に応えたい。そしてできるならば首脳陣の期待を超えるようなプレーをして、次の試合には二本目で出たい。まだまだ未熟な私ではありますが、プロ野球界のスーパースターといえば中田翔、東大ラグビー部のスーパースターといえば田中翔太と言われるその日まで努力し続けたいと思う。

以上まとまりのない文章になってしまいましたが、読んで下さりありがとうございました。次のリレー日記は同期のマネージャーとして頑張ってくれている佐野恵梨ちゃんに回したいと思います。

2年 田中翔太

2021年12月

<<前月翌月>>
2021/12/02(木) 16:08
自己満足

アーカイブ

ブログ最新記事