ブログ 山田 令さんが書いた記事

次へ>>

今シーズンを振り返って[ラグビー部リレー日記]

 written by 山田 令投稿日時:2014/12/02(火) 12:17

こんにちは。
齋藤からバトンを受け取りました、山田です。

先週の土曜日で対抗戦が終了。結果は4勝。うまくいきそうだと思った時期もあったが、結局去年と同じ成績になってしまった。結果的に今年は日体大を除く上位校と実力差はそれほど無く、やりようによっては6勝できたのではないかと思われてならない。そして敗れた3試合に出ることさえできなかったのが悔しい。それでもシーズン始めは何の希望も持てない状況だったことを考えると、これぐらいが妥当な成績だと考えるべきなのだろうか。

今年を振り返ると、春シーズンはとにかく肉体的にも精神的にもつらかった。去年の主力が抜け、そして今年から自分は初めてポジションを変え、チームとしても個人としてもうまくいく未来が全然見えなかった。また、もともと体力がある方ではないため、ラグビー優先のため練習後や試合前は絶対体を休めるようにしていたのだが、今年は単位やら研究室やら院試やらで中々休養できない。どうしても時間が足りず仕方がないので卒論とラグビーに絞って集中しようとしたが、頭の中には結果を残せなかったらどうしようという考えでいっぱいで、結局研究室での作業ははかどらず夜まで残って休めないの繰り返し。しかし、とにかく全力でやってると幸いにも春はそれなりの成績を残せた。多少の怪我はあったが、疲れている状態でも怪我せず練習、試合を乗り切ることができつつあるという感触も掴めた。

夏合宿に入ると、センターの動き方が徐々にわかってきた。ゲインラインを意識したスライドDFやATにおけるボールの受け方のイメージができるようになり、立教相手にいい試合ができ徐々に自信がついてきた。まだまだ改善の余地はあるが、下位校と戦っていく中で修正していければ目標達成できるのではないかと思い始めた。

けれども秋の初戦の直前で怪我をしてしまい、チームも初戦を落としてしまった。なんとか気持ちを切り替え、復帰後3試合に出て勝利できたが、3試合目に疲労で体が思うように動かず膝をひねってしまい、そのまま復帰できずに対抗戦終了。結局疲れてくるとすぐ怪我してしまうのは克服できなかった。まだまだうまくなれるという実感があったのにこんな結果に終わり、正直やり直したい気持ちだ。こんなことになるなら院試に受からず留年でもよかったし、その分しっかり休養してラグビーに専念したかった。大学を卒業すればラグビーをやることなど絶対にない。勝利することを絶対の目的にしなければやる価値などないし、それができるのは大学までである。院に行けばいくらでも勉強するので今はラグビーに集中させて欲しいと何度も思ったし、あまり勉強しなくてもいい私立のラグビー部を正直ずるいとも思った。特に何か努力していることがあるわけでもないのにダラダラ勉強している奴には苛立ちすら覚えた。しかし以前日記に書いた通り、勉強とスポーツの両立ができてこそ東大生がラグビーをする意味が生まれると思うので、結局勉強面も含めて実力が足りなかったのだなとは思う。

最後に、夏に入るあたりで私は首脳陣入りしたが正直DFの指導はうまくいったとは言えなかった。結局私自身ある程度指導してもらえたのは大学に入ってからであり、基本的には経験をもとに得た感覚に大きく依存してプレーしている。そのためどうしても表現の仕方が感覚的なものになることが多かったし、自分が意識しているポイントを伝えることはできても、意識してもできないとなった時にとにかく数をこなせとしか言えなかった。なのでなるべく自分が手本となるようなプレーをし、それを見て何か掴んでもらえればと思っていたのだがそれすらもできなくなってしまった。試合に出るのはもう不可能だが、残りのシーズンもなるべく自分の感覚は伝えていこうと思うので、来年以降に少しでも役立ててもらえればと思う。

最後までお読みいただきありがとうございます。
次回は主務の小川にお願いします。

考えることの必要性[ラグビー部リレー日記]

 written by 山田 令投稿日時:2014/05/03(土) 20:48

こんばんは。
同期の酒井からバトンを受け取りました、4年の山田です。

今シーズン私は、ラグビーを始めて以来ずっとプレーしていたウイングではなく、センターでのプレイに挑戦している。タックルがある程度できることを買われてセンターに移ったわけだが、昨年までのようにただ外から詰めるDFをしていればいいわけではなく、わかってはいたもののセンターのDFの難しさを改めて感じている。また同時に、昨年私同様ウイングからセンターにポジション変更して活躍なさった榊田さんの偉大さも身をもってわかった。

昨年の4年生方は偉大だったのだ。先日のセブンス大会後に思った。昨年まではこの偉大な先輩方が上にいたため、自分のプレーに集中することができた。いや、正確に言うと自分の立場に甘えてチーム全体のことをあまりきちんと考えることがなかった。しかし4年となった今はそういうわけにはいかない。自分のことだけでなく全体について常に考え続けることが必要になる。

私はもともと愚直に何かに取り組むのが嫌いなわけではない。小・中学校の頃はスポ根漫画の「キャプテン」や「プレイボール」をバイブルのように何度も読んでいた。器用にいろいろなことをこなせるわけではないが、一つのことに集中できるのであればそれをひたすらやり抜くという自信はあるし、実際そうしてきたという自負もある。昔はそれでいいと思っていた。しかし結局それは考えることから逃げているのである。ひたすら時間をかけて同じことをやり続けることで、考えることの困難さを免れ、自分は人よりも努力したのだという謎の自信や自己満足を得ようとしているのだと最近気づいた。

別に努力を否定しているわけではない。しかし正しいプロセスを踏まない努力など何の意味もない。現実を受け止めた上でどうすべきなのか常に考えなければならない。となると私は大学生であるという前提のもと、きちんと勉強したうえでラグビーでどう結果を残すのか考える必要がある。

ラグビーだけ考えていればいいというわけではない。この両立は高校時代全然果たせなかった。学生であることをないがしろにし、勉強から逃げていた。今度はそういうわけにはいかない。どのみちこれぐらいの両立ができないような頭なら、身体能力、経験で他校に劣る東大がいくら考えても勝てるわけがないし、東大生がラグビーをやるということの価値が失われてしまう。

東大でラグビーをするのも今年で最後。この4年間の意味を結果で示したいと思う。
次回のリレー日記は同期の夏川にお願いします。

生活改善[ラグビー部リレー日記]

 written by 山田 令投稿日時:2013/09/18(水) 21:43

夜分に失礼します、バトンを受け取りました3年の山田です。

今週末はいよいよ成城戦。初戦を学習院、次戦を成城と戦うというのは2年前と同じであり、その時も試合の入りの悪さで学習院に敗れてしまった。また成城相手にも苦戦を強いられることになった。
夏合宿から入りを意識して試合に臨んできたし、日々の練習でも始めに100%の力を発揮して行うコンタクトフィットネス、ベーシックスキルをやってきたが、それでも学習院戦は失敗してしまった。
試合中のギアチェンジは経験に基づく判断も必要になると思うが、試合の入りで、それも意識してギアを上げようとしているのにうまくいかないようでは問題だと思う。
理由はいろいろあるかもしれない。部員全体としての試合経験が足りていないからかもしれない。日々の生活にメリハリがないため、練習でも100%のつもりが実はそうではなく、それが試合にでているのかもしれない。
残りの数日間、生活面からもっと変わっていこうと思う。まずはこれを書き終えたら早く寝よう。

次は4年の猪熊さんにお願いします。



定期戦シーズン突入[ラグビー部リレー日記]

 written by 山田 令投稿日時:2013/05/17(金) 19:12

夏川からバトンを受け取りました、3年の山田です。

新歓試合のラストプレーで不用意に怪我をしてしまい、春合宿でほとんど練習ができずもどかしい思いをしていましたが、何とか定期戦シーズンを前に復帰することができました。

いよいよ明後日は東北大戦です。去年はスイカでの初先発試合ということで、出られるというだけでうれしく実は内心浮かれておりましたが、今年はただ試合に出るのではなく上級生として責任あるプレーをしなければならないと感じおります。
そして今年は何も私だけに限らず、チーム全体として春の初戦に全力で臨もうという意識ができており、非常にいい雰囲気ができています。

その理由としては春合宿の成果にあると思います。春合宿後半での成蹊との合同練習でそれまで磨いてきたアタックが発揮され、実際の試合とは異なる限定された状況下ではありましたが、十分に攻撃は通用していると見ていて実感いたしました。
みんな徐々にですが自信を持ってアタックできるようになっていると思います。これを継続しつつ、後はフィットネスの向上と筋肉量の増加が大切だと思います。対抗戦の上位校と戦う上で個々の強さという観点からフィジカル面の改善は不可欠だと思います。

私自信まだまだ強くなる必要がありますが、去年の夏からウェイトに対する意識を変え、しっかり取り組んできたつもりです。
明後日の試合では、チームでの攻撃はもちろんですが、私個人の成長も東北相手に見せようと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回は東北楽天イーグルスのファンである同期の酒井、にお願いしようと思いましたがリレー日記を書いたばかりのようなので、なんとなくまだ回ってこないだろうと油断していそうな同期の鉄本にお願いします。

3年 山田令





自分に足りないもの[ラグビー部リレー日記]

 written by 山田 令投稿日時:2012/07/22(日) 18:08

リレー日記をご覧の皆さん、こんにちは。バトンを受け取りました、二年の山田です。
ここ数日は雨が降り、涼しいというより肌寒い日が続きましたが、夏も盛りになり、合宿まで二週間あまりとなりました。

この春シーズンを終えて今最も実感しているのは、秋の対抗戦を戦う上での自分のフィットネスのなさです。
振り返るとAチームデビューをはじめ、試合に出させていただくことでいろいろな経験をすることができ、自分にとって収穫のあるシーズンだったのですが、毎週試合に出ることで疲労が蓄積し体が全然思うように動かなくなり、集中力を欠いた状態で名古屋大学戦に臨んでしまい、結果として怪我をしてしまいました。
フィットネスをつけるのは怪我をしないようにするためでもある、とトレーナーの方がおっしゃっていたことが身をもってわかり、いい教訓になりました。

まずは怪我を治し、万全の状態で合宿に臨み、Aチームでやっていける体力をつけて秋シーズンに備えていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回のリレー日記は晴れて怪我から復帰いたしました、高校時代の同期である永田武にお願いします。

次へ>>

2024年5月

<<前月翌月>>
2024/05/22(水) 20:22
くるま
2024/05/17(金) 17:50
ふざけたmocky
2024/05/13(月) 20:00
パート2
2024/05/11(土) 20:10
Jora
2024/05/08(水) 18:59
BMI17
2024/05/06(月) 20:37
地団駄を踏む
2024/05/03(金) 17:23
いらすとや4
2024/05/02(木) 12:37
明日走れるかな

アーカイブ

ブログ最新記事