ブログ 夏川 理央さんが書いた記事

次へ>>

confidence=フィジカル[ラグビー部リレー日記]

 written by 夏川 理央投稿日時:2014/11/17(月) 12:43

 同期の森智章よりバトンをもらった4年の夏川です。
 

 以前リレー日記を書いた時から半年の月日が経ったが、未だに自分はAの試合にまともに出ることが出来ないでいる。それは、チームからのconfidenceを得られずにいることを意味する。自分のconfidenceであるフィジカルを武器にこの半年間色々画策してきたつもりだったが、結果としては対抗戦に一度も出ることなく最終戦を迎えようとしている。4年である自分が今の状況であることは、悔しさと申し訳なさの入り混じった複雑な気持ちである。
 

 昨日の日体大戦の敗北により、今年の目標である入れ替え戦出場は不可能になってしまった。最終戦である学習院戦は、勝ち越しで来年度有利に試合を組むためという打算的な面もあるが、松木が言っていたように4年としてはただ純粋に勝ちたい。去年僅差で勝利にたどり着けなかった学習院戦へのリベンジを、この代で絶対に成し遂げたい。そして今までのような他力本願ではなく、自らの手で学習院をひねりつぶしてやりたい。学習院戦に出て勝利に貢献出来るよう、自分のconfidenceをより強固なものにして絶対にチームからのconfidenceを得る。
 

 次回は、一昨日の東京大学法科大学院入試を経て漸くラグビーに専念出来るようになった、同じくフィジカルメンツの同期、川本にお願いします。

自分のconfidence[ラグビー部リレー日記]

 written by 夏川 理央投稿日時:2014/05/09(金) 20:41

 同期の山田令からバトンを受け取りました、4年の夏川です。
 
 昨年のちょうど今頃、春合宿最後のOB戦で右膝を怪我してから1年が経った。スポーツ復帰には9ヶ月はかかると医者に診断され、誰よりも早く来年以降に向けて努力を積み重ねるしかない状況になった。中高とラグビーをしていない者にとって、ようやくラグビーを少しずつ理解しかけていた3年生にプレーできないことはものすごいビハインドに感じられた。また、膝を怪我したことで、ラグビーができる状態になった時自分がどこまでプレー出来るのか分からなかった。
 
 そのような状況で、取り組んだのはただただ体重を増やすこと、筋力を増やすことだった。ラグビー理解力やプレイスキルで追いつけない先輩達を見ていて、自分が追いつける、追い越せる可能性があるのはここしかなかった。
 
 リハビリの先生や、印牧さんを始めとするトレーナーの方々、僕以上に長い期間怪我をしつつ東大ラグビー部を支えている先輩方、励ましてくれた同期・後輩のおかげで、今年2月ようやくラグビーを再開することができた。食事やウエイトの効果も現れ、体重も筋力も怪我前より増加した。マネージャーが毎日巻いてくれるテーピングのおかげで、今まで怪我なくプレーを続けている。
 
 しかし、ここ最近試合に出ていない。膝の調子が悪いからではなく、単純に実力不足だからである。せっかく鍛えた身体を上手く使えていない上、ラグビーのスキルはこの1年であまり上達していなかったのだ。まともに試合でプレーするには、やはりラグビー理解力やプレイスキルも必要なのである。4年生の僕にとって残された時間はわずかしかないが、だからといって焦ってまた膝を怪我してしまうと元も子もない。
 
 先日OBの宗さんに「もっと自信を持ってプレーしろ」と諭された。今年のスローガンはconfidenceである。自信が無ければ良いプレーはできない。良いプレーができなければ、チームからの信頼は得られない。チームからの信頼を得たプレーヤーが沢山いるようなチームでなければ、入れ替え戦出場などできない。自分が試合に出るためにも、またチームが試合に勝つためにも、自分のconfidenceを模索していく。
 
 次回は、先日のソウル大の来訪を誰よりも楽しんでいた同期の真理子ちゃんにお願いします。
 

疣(イボ)の話と自分の心境[ラグビー部リレー日記]

 written by 夏川 理央投稿日時:2013/10/07(月) 21:32

 こんばんは。小山田さんからバトンを受け取りました、3年の夏川です。

 今回は、今となっては沈静化していますが、つい数週間前まで東大ラグビー部の中で流行していたイボ(疣)について語りたいと思います。恐らく夏合宿中に集団感染し、僕自身も右肘に1cm大のイボが出来てしまいました。当時はイボに対する所見が浅く、爪の先で潰そうといじりまくってたら、右手の甲にもプチイボが現れました。これはヤバい、と思いとりあえず皮膚科に行くことに。

 近所の皮膚科はグーグルマップさんの口コミ評価が低かったので、駒場近くの、口コミ評価が高く、同期の酒井君も「メッチャ良いで」と評していた皮膚科を選びました。訪れてみると、平日の昼間なのにものすごく混んでいて、受診するのに一時間近くかかりました。でも好評価通りの先生で、イボに関する懇切丁寧な医学的説明をして頂いて、液体窒素による凍結療法をしてもらいました。

 イボはイボでも種類が有って、100種類くらいあるヒトパピローマウイルスによって症状が決まるそうです。僕に出来たイボは一般的な尋常性疣贅というもので、触れたりすると感染するものだそうです。合宿中にイボが流行ったのは、不慣れな土地・集団生活・疲労による免疫力の低下等が重なったからかも知れません。

 翌日から患部が膨らみ、一週間後にはただのかさぶたになり、二週間後にはそのかさぶたもキレイに剥がれ落ちました。「治ればめっけもの」と言われた、おでこに有った古いイボもキレイに取れて、先生にとても感謝しています。まだイボを治してない、という人は迷わず良い皮膚科に行きましょう。


 5月に膝を怪我してから5ヶ月、「今は自分の身体を鍛えるチャンスだ」と信じて術後ウエイトに励み、自分でも実感できるくらい徐々に身体は大きくなっていった。しかし、昨日対戦した立教は勿論、アテンドした明学・武蔵の選手とは、筋肉の盛り上がり、重圧感が遠く及ばなかった。まだまだだった。

でも、僕にはまだ時間がある。復帰した時、膝の影響があって自分がどこまで動けるのか、どんなプレーなら出来るのか分からない。それでもその時最善な状態であるように、倒すべき相手を倒すプレーヤーになれるように、明日からまたウエイトトレーニングに励みたい。


 次は、僕と同じく膝を怪我するも、今ではバリバリプレーしている2年の藤堂君にお願いします。




3年生の結束[ラグビー部リレー日記]

 written by 夏川 理央投稿日時:2013/05/13(月) 21:04

 酒井君からバトンを受け取りました、3年の夏川です。

 先日3年生で集まってミーティングが開かれました。先の話ですが、「来年どうするかについてそろそろ話し合った方が良いんじゃないか」という意見が有ったためです。
 その場で、「オレ達の学年は人数が多いけど、意見を共有して一つにまとまって行こう。そうすれば今年にも負けないチームが出来るから」と語る同期の姿がありました。実際今年の4年生はプレー的にもマネジメント的にも優れていて、4年生が引退した後のチーム運営は厳しくなりそうです。そこで今の3年生が一丸となってチームを盛り上げることが出来れば、今年に負けないチームが作れるのではないか、ということです。
 来年チームを盛り上げるためには、まず今年3年生がA昇格に貢献しなければならない。
 このミーティングで3年生のやる気がより一層高まったと思うので、今後の活躍をご期待ください。

 
 また、昨日行われたウェイトのMAX測定では、長期的に怪我をしている人達の記録が軒並み伸びているように感じました。これは、彼らが復帰した時に身体を大きくしてチームを盛り上げようと、日々努力している結果の現れだと思います。
 かくいう僕も先日のOB戦で膝を怪我してしまい、長期的に練習から抜けることになってしまいました。しかし逆境をチャンスと捉えて、彼らのように身体を鍛え上げ、復帰した暁には重量級センターとしてチームに貢献したいと思います。

 最後までお読み頂きありがとうございました。

 次回は、僕が怪我すると同時に復帰した、同期の山田令君にお願いしたいと思います。                                                                                    

 3年 夏川理央

理想のプレーヤー像を目指して[ラグビー部リレー日記]

 written by 夏川 理央投稿日時:2012/06/21(木) 23:31

 こんにちは。同期の泉野さんからバトンをもらった、二年の夏川です。
 
 泉野さんのリレー日記に有ったように、僕の兄の名前は真名といい、泉野さんの下の名前と読みが同じです。親に名前の由来を聞いてみたところ、兄の場合は、大地を意味する「マナ」の響きが好きだったらしく、その上で「真の名前」を意味する字を当てて「真名」になったそうです。因みに僕の場合は、しし座(lion)に生まれたことに由来して、字を当てたそうです。小さいころはよく学校の先生に女の子と間違えられてあまりいい気はしませんでしたが、今では親が付けたなかなか珍しい名前を兄弟ともに誇りに思っています。
 
 去年一年間13番でプレーしていましたが、今年から突如ウイングで試合に出る機会が多くなりました。ウイングなら、自分の足を生かして自由に動けるしトライも取れる、と甘い幻想を抱いていたのですが、実際にやってみて、それ以前にウイングはディフェンスの面で非常に重要だということを思い知らされました。相手のアタックをライン側に追い込んで行ったのを最後に仕留めるのはウイングの役目だし、特に相手のキックを処理するという重要な役目があります。そこで人一倍ボールの扱いが不器用な僕は、ボールの落下点を見誤るだけでなく、落下点に入ってもボールを落としてしまうのを試合で連発し、本当にチームに迷惑をかけてばかりです。こればっかりは個人練習で克服するしかありません。正直、「(キックキャッチのない)センターの方が気が楽だなぁ」と思うこともあったのですが、同期の小川君に「苦手なものから逃げるようにポジションを選ぶより、どっちも高いレベルで出来るけどオレはこっちをやりたい、って感じの方がカッコいい」みたいなことを言われ、キックキャッチでも、ウイングでもしっかりしたプレーヤーになろうと思いました。
 
 とは言え13番でも先日の試合では、前に出ないディフェンスで、タックルが高くボディーコントロールも悪いといった状態で、基礎的なことが身についてないなという感じでした。これらを一刻も早く改善しなければなりません。何故なら、僕より断然上手い後輩が沢山入って来たし、Aのチーム練の相手が務まらないからです。対抗戦全勝という今年のチームの目標を実現させるにも、下のレベルの僕がAを脅かすくらいになろうと思います。
 
 最後までお読みいただきありがとうございます。次回のリレー日記は、先日の試合で隣でナイスタックルを連発していた桑江さんにお願いしたいと思います。
次へ>>

2020年7月

アーカイブ

ブログ最新記事