ブログ 津川 智之さんが書いた記事

次へ>>

感謝[ラグビー部リレー日記]

 written by 津川 智之投稿日時:2016/12/22(木) 13:51

今年一年、私に対して数えきれない程の愛情表現を見せてくれた大畑からバトンを受け取りました。副将の津川智之です。4年間、特に四年生としての一年間が、苦しく悔しくなかったはずがありません。目標にも届きませんでした。ですが今は、やっと終わるという安堵の気持ちと多くの方への感謝の気持ちで、とても清々しい気分です。

後輩たちへ
チームビルディングの為の春合宿で、私は後輩たちに夢を持ってラグビーをしてほしい、その為に私は今年頑張るんだと泣きました。結果は自分の為に出すもんだ、誰かの為にとかそんなんじゃないと言う人もいて、それはそれで分かります。しかし私が苦しい時に歯を食いしばれたのは、後輩たちの存在が大きかったように思います。こんな未熟な自分についてきてくれた後輩たちに感謝しているし、尊敬しています。下級生の頃の自分は、彼らのようにチームに身も心も捧げていたのだろうかと反省しきりでした。後輩たちに何かを残したくてシーズンに入りましたが、私自身が彼らから学ぶ事も多かったです。

ロッカーメイトへ
そんな中でも特に感謝を伝えたいのは、部室のロッカーが近かったメンバーです。独り言を連発しながらせっせとテーピングに向かう梶村。半開きの口と開かない目、そのシルエット、何を言ってるか分からない滑舌の悪さ、そのすべてで私を癒してくれたブー。BGMの玉川。何だか自分に境遇が似ているなと勝手に思っている河合。練習前のその風景は、いつも私に勇気をくれました。大掃除の時に今のロッカーを選んで良かったと心の底から思います。みんなありがとう。

OBの方々へ
石河会長には今年一年、多くの叱咤激励のお言葉を賜り、本当に感謝しております。また、青山部長の有難いお話には、毎回心が洗われる気持ちでした。そして宮本様を始め日比谷高校のOBの方々には、一年生の頃からグラウンド内外で可愛がっていただきました。その他ここに書ききれない多くのOBの方々に支えられ、もうすぐ無事に現役生活を終える事ができます。有難う御座いました。今後とも御指導御鞭撻の程、宜しくお願い致します。

棚橋という男
どうせあいつは最後のリレー日記でも、私のような凡人には理解し難い日本語(褒めてます)を書くと思うので、私は分かりやすい日本語で、棚橋について少し書こうと思います。今年一番近くで見ていた自分には分かります。この男はタフすぎます。しかしその反面、ああ見えて彼も悩んでいた思います。誰よりもチームの事を考えていました。
去年までは、目を合わせたり話をしたりする事が最も少ない部員のうちの一人でした。それが今年苦楽を共にして、異常にからむようになりました。東大ラグビー部の主将は歴代で100人くらいいると思いますが、棚橋主将のもとで副将ができて幸せでした。

という事で紹介が長くなりましたが、次は主将の棚橋に回します。
辞書を片手に読む事をオススメします。

海賊王と東大受験[ラグビー部リレー日記]

 written by 津川 智之投稿日時:2016/10/06(木) 17:34

リレー日記をご覧の皆様、こんにちは。日頃より我々の活動を支えてくださり、有り難う御座います。今回部の内外で大活躍の壇辻からバトンを受け取りました、4年の津川です。先日またデリカシーのない事件を起こしてしまい、恥ずかしい限りでございます。
 
私は今、『ワンピース』と『ドラゴン桜』という漫画を愛読しています。世間ではとっくに有名な作品で、私も何となく内容は知っていましたが、丁寧に読み進めるのは初めてです。「有名と言っても所詮漫画だろう」と高をくくっていた私ですが、この2作品から大きな影響を受けています。
 
『ワンピース』では、海賊王を目指すルフィが、それぞれ異なる夢を持つ仲間と共に冒険の旅をします。ルフィやゾロの夢に向かう熱量や仲間を思う気持ち、決して諦めない闘争心などは、私に勇気と希望を与えてくれます。ちなみに私はルフィが泳げない理由を、今回漫画を読んで初めて知りました。
 
『ドラゴン桜』では、破産しかけた無名高校の再建を目指し、教師と生徒が東大合格を目指します。こちらは、一人の人間として成長していく生徒の姿が印象的です。主任の桜木先生の言葉は、たとえ話も上手く説得力があり、何度もハッとさせられます。
 
これらの作品を娯楽以上の目的で読んでしまうのは、チームのリーダーとして生きる者の性なのかもしれないと思います。そしてここまで書いて、ラグビーの話を全くしていない事に気がつきました。すみません。
 
次は、こちらもまた部の内外での活躍(特に法学部での暴れっぷり)が光る、3年の豊原に回します。
 

臥薪嘗胆[ラグビー部リレー日記]

 written by 津川 智之投稿日時:2016/06/01(水) 14:29

グラウンド内外で常に明るくチームを盛り上げる森下からバトンをもらいました、4年の津川です。

春シーズンも中盤に入ったが、スイカジャージを着ての公式戦でたったの1勝。
ゲームキャプテンとして臨んだ先日の防衛大戦も、3年ぶりの敗北。
負の歴史からの脱却を掲げている今シーズン、言っていることとやっていることの乖離が甚だしい。

しかし、目標は変わらない。
9月の対抗戦の初戦を何が何でも獲りに行く。
社会に出て恥ずかしくないリーダーになる。

目標達成の為にはあまりにも弱すぎる今の自分を、超えたい。
チームや自分が苦しい時に、言い訳を探して逃げ続けた、1年前の自分を超えたい。
苦しい時こそ、人は成長できるはずだ。
俺なら必ずできる、必ず秋に笑ってやると信じて、今はひたすら前を見て、歯を食いしばろう。

次は、肩の怪我と戦うスタンドオフの後輩、小寺にバトンを回します。


 

今と未来を変えよう[ラグビー部リレー日記]

 written by 津川 智之投稿日時:2015/09/17(木) 18:46

小沢からバトンを渡されました、3年SO津川です。
まずは、先日行われました対抗戦初戦の成城大戦でチームを応援してくださった皆様、ありがとうございました。
次戦以降、皆様のご声援に応えられるよう、努力していきます。

10-59。春シーズン、成城大との練習試合は、信じられないような点差で破れた。試合後に「一生懸命戦って負けたから悔しいというやつはいるか」とコーチから言われ手を挙げた私に、コーチは言った。

「お前はラグビーを辞めた方がいいのではないか」

頭が真っ白になった。本当に一生懸命戦ったのか。本当に全力を尽くしたのか。このチームを支えてくれている人たちの気持ちを考えたことがあるのか。次から次へとコーチからチームに投げかけられる言葉に、返す言葉は一つも無かった。
いつの間にか手を抜く事を覚えていた自分を変える。それが私のテーマとなった。

5-22(対成城大)。今年の対抗戦は、入れ替え戦出場を考えれば、痛すぎる敗戦で幕を開けた。試合後私の心に真っ先に浮かんだのは、チームの事よりもまず、自分が変われたかどうかであった。80分間、あの言葉を撥ね返せるような誇り高きプレーヤーであったか。答えは否である。

「過去は変えられない。今と未来を変えるべく行動しよう」

春の成城戦の試合中、コーチからかけられた言葉だ。
まだシーズンは続く。このままでは終われない。

お読みいただきありがとうございました。
次は、決してノーと言わないナイスガイ、難波に回したいと思います。

イチローとベートーベン[ラグビー部リレー日記]

 written by 津川 智之投稿日時:2014/04/14(月) 22:23

リレー日記をお読みの皆様、こんばんは。新2年の津川です。勝田さんにはBKを引っ張ると紹介してもらいましたが、引っ張るはおろか、自分のプレーでさえも未熟な部分が多く、前主将の川島さんの偉大さが身にしみる毎日です。

さて、私は偉人の名言が好きです。二つ程紹介したいと思います。

一つ目は、イチロー選手の言葉「勝ちにこだわるのはアマチュアだけで良い。プロの価値はそれだけではない。」かっこいいです。プロフェッショナルらしい言葉です。ただこの言葉は、我々に当てはめた場合、違った意味を持ちます。私はこの言葉を「アマチュアは勝利にこだわってなんぼ」という様に解釈しています。東大ラグビー部はもちろん、アマチュアのチームです。見栄えより、勝利を。勝利至上主義の是非が話題になることもありますが、それでも私は、試合での勝利にこだわりたいです。

その勝利のために何が必要なのでしょうか。

もう一つの名言は、ベートーベンの言葉「努力した人間が皆成功するとは限らない。しかし、成功した人間は皆努力している。」この言葉は、私の座右の銘です。一文目だけだと、努力をするモチベーションが起きません。二文目だけだと、失敗したときに全てを否定された気持ちになりかねません。二文揃ってはじめて、大きな勇気をくれる言葉です。対抗戦についても、同じ事が言えると思います。各チームがどんなに努力しても、入れ替え戦に出場できる枠が2であるという厳しい現実は変わりません。しかし、その切符を手にしたチームは、間違いなく努力をしています。そのチームに、そしてそのチームの10番に、東大ラグビー部が、私が、なってみせます。

少しこじつけのような文章になりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。
次は新3年の古橋さんにお願いします。
次へ>>

アーカイブ

ブログ最新記事