ブログ 岩下 大斗さんが書いた記事

2013早明戦[ラグビー部リレー日記]

 written by 岩下 大斗投稿日時:2020/09/19(土) 18:20

同期のゴタツからバトンを受け取りました2年の岩下です。ゴタツのコンタクトの力は僕にないものなのでとても憧れます。


私はラグビーを見るのが非常に好きで、高校生の県予選レベルからテストマッチレベルまで幅広く観戦しています。その中でも大学ラグビーを見るのが好きです。中学生の頃には一人で対抗戦を見に行ったり大学選手権を見に行ったりしていました。大学ラグビーが好きになったきっかけの試合があります。それは2013年関東大学対抗戦早稲田大学対明治大学、改修前の国立競技場で行われた最後の早明戦です。その年は早明戦集客プロジェクトが行われており、国立での最後の早明戦であることや、試合後のセレモニーで松任谷由美さんが「ノーサイド」を歌うこともあり、多くの観客が国立競技場に集まりました。当時中一だった私はクラブチームの練習後にチームメイトとゴール裏で見たのを覚えています。試合は接戦となりましたが、後半に2トライをあげた早稲田大学が15−3で勝利しました。


そして試合後。セレモニーでは松任谷由美さんにより「ノーサイド」が披露され、会場のモニターには涙を流す当時の早稲田大学主将垣永選手が映し出されました。会場で見た時はなぜ泣いているのか全く理解できませんでした。負けたチームの主将が泣くのならまだしも、勝ったチームの主将がなぜ泣くんだと思った気がします。当時の動画を見ると自分やチームメイトのクスクスとした笑い声が聞こえてきます。後日試合の記事を見ると、やはり記者から涙のことを尋ねられており、垣永選手は、頑張ってきたが試合には出られなかった選手たちの思いを考えて泣いてしまったと答えていました。自分が勝利したことや負けたことに泣くのではなく、4年間共に頑張り試合に出られなかった選手のことを思い泣く。大学ラグビーは奥が深いなあと中学生の私は感じ、そこから大学ラグビーにはまっていきました。4年間と時間が限られているからこそ大学ラグビーには特有の奥深さがあるのだと思います。


10月には対抗戦Aグループとリーグ戦1部が開幕します。今までとは違う状況ではありますが、今年も選手たちの4年間が詰まったプレーや姿を見れるのがとても楽しみです。また、自分も大学でラグビーをする人間として、あの時涙を流した垣永選手のようなラグビー選手になれるようこれからもラグビーを続けていきたいです。


次は好奇心旺盛な同期の杉井にバトンを回します。試合中には普段とは違う姿を見せる杉井君はかっこいいです。

散歩[ラグビー部リレー日記]

 written by 岩下 大斗投稿日時:2020/03/22(日) 23:25

 日々キラキラストーリーをアップするともかさんからバトンを受け取りました2年の岩下です。僕から出るほくほく感とはなんでしょう。肉まん的なあれでしょうか。
 
 一年に二回しか書くことのないリレー日記なのでラグビーに対する想いを書こうとも思ったのですが、人様に見せられるようなものでもないので、オフの日にする散歩について書こうと思います。

 
 駒場の立地が非常にいいので、ウエイト後に色々なところへ歩きます。初めは交通費節約のために歩いていたのですが、今では楽しんで歩く様になってしまいました。まず、一番手軽なのは渋谷です。15分程度で着けます。渋谷までに面白い場所はまだ探せておらず、個人的には渋谷に着いてもあまり楽しくないです。街の雰囲気もきついですし、タワレコ、O-groupぐらいしか自分の行きたい場所もありません。原宿方面もかなり行きやすいです。30~40分で着けます。渋谷から明治通りを歩いて明治神宮前駅側に行く行き方がおすすめです。早く着きたいなら代々木公園経由がいいですが、明治通り経由だと原宿に行くまでがとても楽しいです。スニーカーショップ等楽しいお店がたくさんあります。しかも明治神宮前からだと表参道方面にも簡単に出られます。僕には入れるお店が少なくあまり楽しめませんが。原宿方面は、僕でも入れるお店が多いので楽しいです。ナイキやアシックスタイガーがあるのも嬉しいポイントです。

 
 渋谷区以外だと、新宿駅まで歩くことがあります。距離ある様に思えますが意外といけます。1時間かからないくらいです。代々木公園外周を歩き首都高に出て、そのまま歩き続けて明治通りへ曲がればもうそこは新宿です。アトモス、オニツカタイガーと回り、そのまままっすぐ歩けば紀伊國屋に着きます。本に囲まれて幸せな時間を過ごせて最高な場所です。ウエイト後の半日では満喫しきれませんが。

 
 少しラグビーから離れて散歩について書かせていただきました。時間がある内しか楽しめないことだと思うので、これからも積極的に歩いていきたいと思います。岩下に似合わない街ですが中目黒や代官山方面へも歩いてみたいです。締まらない文章になってしまいましたがこれを今回のリレー日記とさせていただきます。

 
 次は、同じポジションになったじゅんきさんにバトンを繋ぎます。恵まれた体格を持つじゅんきさんが羨ましいです。

 
 

推し[ラグビー部リレー日記]

 written by 岩下 大斗投稿日時:2019/10/22(火) 18:20

 練習やスクラムをまとめてくださるゆうがさんからバトンを受取りました、一年の岩下です。バトンパスにアイドルのことが書いてあったので、今回はその事について書こうと思います。部員にアイドルアカウントがばれた事はかなりショックです。

 

 高3になる春休み、私は肩を脱臼し手術しました。3ヶ月間のリハビリ期間の間でラグビーを続ける気力を失い、最後の大会まであと3ヶ月のところで途中退部してしました。辞めてからは毎日の様に同期や後輩が部活をしている姿を教室から見て、部活をしていない自分に苛立ちを覚えたり、部に迷惑をかけたことを申し訳なく思ったりして、より一層辛い日々を送るようになりました。精神的にも病み、勉強にも手がつかない状況が続くのでした。

 

 そんな中、私に元気を与えてくれたのが推し(阿部菜々実さん)の存在でした。推しがライブに出たり、テレビで活躍している姿を見ると、自分も頑張らなきゃという気持ちになります。また、毎日更新されるツイッターやモバメでの近況報告に、癒されたり感化されたりします。推しに嬉しいことがあれば自分も嬉しくなれる。推しが頑張っているから自分も頑張ろうと思える。そうして、悔いは残っていますが、部活をやめてからの暗い日々が、明るいものになっていきました。そうやって私を変えてくれた存在だから、今でも私は推し続けています。

 

 今私は、ジャージをいただき試合のメンバーに入っています。しかし、私が力不足であることは誰の目にも明らかだと思います。実際今のところ、バックファイブの選手たちが試合中痛んだりしている中、私はベンチから見守ることしかできていません。本当にこの状況は悔しいし、何とかしなければならないです。最近推しは、辛いレッスンの日々を乗り越えオリコンチャートで1位を獲得し、様々なメディアに出演しています。推しの頑張りを励みに私も練習して力をつけ、試合に出して頂けるくらい信頼されるプレーヤーになりたいです。

 

 拙い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございます。

 試合中の高いワークレートと力強いコンタクトがとてもかっこいい、矢野さんにバトンを回します。合宿中、「岩下と髪型かぶるし今年は坊主にしなかった」とおっしゃっていたのがかなり印象に残っております。

2020年11月

<<前月翌月>>
2020/11/23(月) 18:50
辛さ
2020/11/20(金) 12:45
エース
2020/11/18(水) 16:13
最初の一歩と最後の一歩
2020/11/15(日) 23:56
コミュニケーション
2020/11/12(木) 15:44
ぶち抜く
2020/11/12(木) 10:36
四年生
2020/11/07(土) 19:08
「1」
2020/11/04(水) 20:03
苦手意識
2020/11/02(月) 18:18
システム

アーカイブ

ブログ最新記事