ブログ 高橋 勇河さんが書いた記事

次へ>>

挫折[ラグビー部リレー日記]

 written by 高橋 勇河投稿日時:2019/05/28(火) 12:22

某部活への類い稀な愛情を見せ、誰よりも熟知している石田からバトンを受け取りました、4年の高橋です。積極的に新歓に勤しむ私の姿は後輩達にはやや眩しすぎたようです。


「あなたが今までに挫折した経験はありますか?」
現在就活中の私はこういった類の質問に対して、自身の過去と現在を振り返る機会を多く持っている。リレー日記を読んでくださっている皆さんはこの質問に端的に答えることができるだろうか。

こういった質問を与えられた時、私はまずラグビーでの経験を考える。高校時代、鎖骨を骨折して3年夏の試合前日に急遽迎えた引退。大学2年春に偶々明治大学戦に80分出場する機会をもらったが、スクラムでボコボコに押され、フィールドプレーも何一つできなかったこと。3年夏に前十字靭帯の部分断裂をし、明学戦の交代枠を減らしてしまい、後半に選手の足が止まり始め徐々に点差が開いていく時に何もできなかった無力感。先輩方の引退試合であった京大戦で自分がスクラムを抑えられなかったことで喫した敗戦。悔しかった思い出はいくらでもあって、明学戦や京大戦なんかは今でも思い返せば泣いてしまいそうなほど強烈な記憶として残っている。これは今年に入ってからも変わらない。春シーズンの東北戦や早稲田戦を終えて、自分自身が春シーズン考えてきた練習の全てが間違っていたんじゃないか、と何度も考えることになった。

ずらずらと挫折したような経験を書いてみたが、実際は前述の質問に対して私の真の本音は「挫折したことはない」という答えになる。というのも、どの経験を以ってしても、「挫折」という単語の持つイメージにはどこかそぐわないのだ。そもそも挫折とは「仕事や計画などが、中途で失敗しだめになること。また、そのために意欲・気力をなくすこと」と辞書に記載してある。私が挫折に持つイメージは主に後者が強く、挫折した経験と言われると、心が折れてやる気がなくなってしまった経験を思い浮かべる。上記の経験は私にとって強い悔しさの原因や発奮材料にはなれど、それが原因でやる気がなくなってしまったり、諦めてしまうことはなかった。

こういった経緯で私は今まで挫折をしたことはない。しかし、今年は自分の真剣なラグビー人生最後の一年である。これが何を意味するかと言うと、ひどい後悔の念を抱いた時に、いかに発奮したり、次の試合のことを考えたところで、その先には何も待っていない瞬間が訪れるということだ。万一、この瞬間が訪れた時に私はきっと挫折するのだろう。もちろんのことながら、そんなものは絶対に向かえたくはない。こんな瞬間に向き合わないためにも、人生最初の「挫折」を向かえないためにも今はひたすら、もがき続けなくてはならない。後悔の気持ちを抱かないためにも一歩でも一歩でももがいてもがいて。後悔の気持ちを抱かないために。そして何よりも何よりも勝つために。

普段熱い話など気恥ずかしくてできないので、後輩たちに一つだけ伝えたい。俺は勝ちたい。そして、チームを導く立場なのだからこんな言い方をするべきではないけれど、それでも、東大ラグビー部を、野村組を、そしてついでに俺のことを勝たせてください。一緒に勝ちましょう。


思いつくままに書いてしまったので、散漫な文章になってしまいましたが、何卒ご容赦ください。ひとまずは直近の就活で挫折を味わうことにならないように頑張っていきたいと思います。

次は私生活が私生活が愛に満ち溢れている3年の山本にバトンを渡します。
後輩たちにもう一つだけ伝えておくと、俺のリレー日記をいじったやつは許しません。笑

リレー日記[ラグビー部リレー日記]

 written by 高橋 勇河投稿日時:2018/11/01(木) 12:07

 



シルエットも性格も野村に近いものを持ち合わせているように思える1年の吉田からバトンを受け取りました、3年の高橋です。



対抗戦も5試合を終え、3勝2敗。東大ラグビー部としては順調といえる対抗戦シーズンになっているだろう。一方で、自分は今危機的状況に陥っている。それはリレー日記に書くことが全く思いつかないということだ。というのも、書き始めるまでに何時間もかかり、書き始めてからも書いては消しを繰り返し、ここまで1時間くらい経っているのだ。冒頭と末尾の紹介文は5分とかからずに書き終えたのにまさかこんなに時間がかかるとは、というのが今の気持ちである。



さて、なぜリレー日記を書けないことが危機的状況かというとまずはもちろん期限があるからだ。自分のリレー日記の期限は昨日までであった。(申し訳ないです。)この時点で大きな問題であり、どうしようもなくなった結果、「書くことを思いつかない」という諦めの手段で書き始めてしまった。



ただ、自分個人にとってはこの理由以上に問題となることがある。それはリレー日記を書けない原因がおそらく自分の今の感情や思考が明確に言語化、文章化できるほど整理できていないせいだということだ。対抗戦も5試合を終えたが、試合が終わればまたすぐ次の試合がやってきて、流れるようにシーズンは深まっていく。そうして、あっという間にシーズンは終わり、4年生になるだろう。そんな中で、現状のことや今年の残りのシーズンのこと、そして最高学年となる来年のことなど多くのことに考えを巡らせるうちに、1つ1つの考えがまとまらなくなってしまっていたのだと思う。リレー日記はこうした現状に気づかせてくれたのだ。書き終えた後に、じっくり時間をとって、もう一度自分の考えを整理したいと思う。



拙い文章になってしまいましたが、ご容赦ください。

次はラグビー部の中でもごく少ない、ラグビー、勉強、私生活の全ての充実を持ち合わせる2年の藤井にバトンを回したいと思います。

春シーズン[ラグビー部リレー日記]

 written by 高橋 勇河投稿日時:2018/06/27(水) 19:45

独特の口調が後輩にもいじられてしまう城戸さんからバトンを受け取りました、3年の高橋です。
予期せず怪我をしてしまい、春シーズン中の復帰が難しくなってしまったため、自分の気持ちを整理することも兼ねて、春シーズンをまとめてみたいと思います。思うままに書きあげてしまったので、拙い文章ですがご容赦ください。


今年は春から、僕にとって変化の多いラグビー生活だった。2,3月は練習に参加できずにオフフィートトレーニングの連続から始まった。本当に一日一日が大変で、本郷や駒場ホッケー場での練習が終わった後に30分間のスイムと30分間のローイングエルゴメーターとの闘い。その後にようやく筋トレが始まるような毎日だった。朝から部活が始まっているのに筋トレが終わった時には既にほとんど夜になっており、今思うとなぜ乗り越えられたかも良く分からないほど本当に苦しかった。それが終わり練習に復帰してからも僕の最大の弱点であるフィットネスの苦しさに追われた。

ここまで苦しい苦しいと、嫌だった気持ちばかり思い出してみたが、実は僕にとっての今年の春シーズンは最高にラグビーが好きになるシーズンだった。最大の弱点であるフィットネスの無さを改善し、自分の成長を多いに実感することができたし、試合中には今までよりも多くのプレーに参加することができた。また、スクラムやコンタクトも去年よりも自覚できるレベルで成長し、自分なりの良さも見出すことができ始めたと思う。真剣に努力し、壁を乗り越えたことで、思いもしなかったほどラグビーが楽しくなった。

こうして、僕にとっては本当に良い春シーズンだったのだが、もちろんまだまだ満足はできない。去年に比べれば良くなった部分も多いが、もちろんまだまだ不足だらけであるし、結局は再び怪我をしてしまった。ありきたりかもしれないが僕の今年の目標は、何としてでも秋に四年生を一勝でも多く勝たせることだ。これはAチームの一枚目では出れていない僕にとっては驕った目標かもしれない。ただ、何としてでも「勝たせたい」と思うのだから、それに見合った努力をすればいい。今まで以上に強く戦い続ける気持ちを固めて、一足早く夏シーズンに突入していきたいと思う。

最後までお読みいただきありがとうございます。
次は非常に優しい日常の雰囲気からは想像できないほどの毒舌を吐き出す太田にバトンを回したいと思います。

夏合宿[ラグビー部リレー日記]

 written by 高橋 勇河投稿日時:2017/08/05(土) 13:25

 初めての3週間の合宿ということで戦々恐々としているであろう藤井からバトンを受け取りました、2年の高橋です。
 僕もそんな1年前の夏合宿を思い返してみると、2週間を超える長い合宿が初めてだったこともあり、合宿をこなすだけで大変苦労した覚えがあります。山中ラスト2日でシニアの練習に上がってからも、出来ることは限りなく少なく、2日目には怪我をする羽目になってしまいました。
 あれから1年。1年間で自分がどれだけ成長したのか、今年の夏合宿は自分は何を意識して練習しなければいけないのか。そういったことを考えながら、しんどい夏合宿ではありますが、自分が大きく成長する糧にしていきたいと思います。
 また、秋の対抗戦シーズンに向けて、自分の能力を高め、チームの勝利にも貢献できるように努力していきたいと思います。
  次はいつも平田さんと二人で生活している萩原さんにバトンを回します。

復帰の先に[ラグビー部リレー日記]

 written by 高橋 勇河投稿日時:2017/05/20(土) 21:30

同じ誕生日ということで親近感を感じなくもない、3年生マネージャーの城戸さんからバトンを受け取りました、2年の高橋です。

  膝の怪我でDL入りしてから約3ヶ月が経ち、5月3日にようやく怪我からの復帰を遂げた。怪我をしている間の3ヶ月は本当に色々なことを考えた。新シーズンの冒頭から怪我をしてしまったことへの情けなさと、春ということで他シーズンよりも更にハードワークを続けている他の部員への申し訳なさは特に自分の中で大きかった。その分尚更、自分にできることはなんだろうと考え続けた。毎日部活に行っていると考えれば考えるほど、色んなことが出てくるもので、それは非常にネガティヴなことからポジティブなことまで様々だった。ただ、その中で一番たくさん考えたのは復帰した後にどうやって活躍するかということだった。
  今年の秋には二年生での対抗戦がやってくる。もしかしたらどこかの場面で使ってもらえるかもしれない。その時に、同じグラウンドに立つ先輩や同期に認められるプレイヤーになるにはどうしたらいいか、雰囲気を変えられるプレイヤーになるにはどうしたらいいか、そんなことをたくさん考えた。答えは出ないが。
  そして、様々なことを考えた3ヶ月の怪我期間から復帰した今、少しでも考えたことを実践して、思い描くプレイヤーに近づけるように頑張っていこうと思う。

拙い文ですが、お読みいただきありがとうございました。次はこの人なしには部が回らないという言葉がぴったりな四年生マネージャー藤永さんにバトンを回したいと思います。
次へ>>

2019年9月

<<前月翌月>>
2019/09/18(水) 23:04
鎖骨
2019/09/16(月) 19:57
いろんな世界
2019/09/14(土) 13:03
一事が万事
2019/09/11(水) 14:04
ベスト
2019/09/09(月) 19:35
下剋上
2019/09/07(土) 18:53
いよいよ対抗戦
2019/09/04(水) 23:28
宿命
2019/09/01(日) 22:10
未知の領域

アーカイブ

ブログ最新記事