ブログ 大石 健人さんが書いた記事

次へ>>

決意[ラグビー部リレー日記]

 written by 大石 健人投稿日時:2019/12/02(月) 12:12

3年生のトラからバトンを受け取った大石です。自分の貢献は本当に小さなものです。
トラはあまり運頼みの麻雀ばかりしているとまた不幸な怪我が襲ってくるかもしれません。ラグビーも麻雀も更なる実力UPを期待しています笑。

長かった4年間が間も無く終わろうとしています。
まず初めにこの場をお借りして、この1年間多大なご支援をくださった皆様に厚く御礼申し上げます。主務という立場ながらチームを長期間離れましたが、OBの皆様また部員の献身的なサポートにより充実した時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

~~~~~~
この4年間を経て自分は何を得たのだろうか。
プロラグビー選手になるわけではない自分が、学生生活のたくさんの時間を費やしラグビーから学んだことはなんだったのだろうか。

対抗戦での勝利・敗北。
日本代表・サンウルブズでアナリストとして働いた経験。

このような美辞麗句ではなく、ラグビー部を卒業する自分が本質的に何か成長できたことはあったのだろうか。
答えはおそらく今すぐにはわからない。少ししてふとした瞬間に感じるのだとは思う。ただそれを少しでも知りたいがために今リレー日記を書いている。

自分は元来戦略的で、ある目標や事象に対して最低限の努力で達成することを考える人間である。ただこの大学生活を振り返った際に、ことラグビーの分析に関しては他の誰よりも真摯に取り組んだ自負があった。
初めたきっかけはこれなら頑張れそうと思ったからであったものの、プレーヤーと異なりアナリストには勝ち負けがなく(アナリスト大会で競い合うみたいなこともない)成長を感じづらいため、当初は目標を自分で達成することができるのか不安に感じたのを今でも強く覚えている。そのため、自分としては珍しく後先のことをあまり考えず目の前の業務にとにかく集中するやりかたを選択した。というよりもその手段しか自分には残されていなかった。結局いくら慣れても最後まで緊張して後先を見る余裕は生まれなかったものの、結果的にこの選択が功を奏しコーチや周囲からの信頼を勝ち取ることにつながったのではないかと思う。そのおかげでラグビー部は引退するがラグビーは引退することなく、連綿とキャリアを続けることができた。
”今を生きる”ことの大切さを学んだ。


それに加えてプラクティカルな面では約2年ほど前から毎日個人的に日誌をつけている。毎日一個は必ず新しい学びやその時の思いを簡単にメモするようにしていた。
このリレー日記を書くにあたって、その日誌を初めてしっかり読み返した。海外コラミストの分析をメモしていた2年前のものや1年前の対抗戦分析の所感から、代表帯同中の戦術的なレビュー等の直近のものまでメモされている。

日記は良い。自分がどういう軌跡を描いたかすぐにわかる。
9ヶ月前の3/1に自分が何をできるようになったか意気揚々と記されている一方、6/17では白紙である。6/16に疲れたの3文字のみが殴り書きされているのを見ると何かに追い詰められていたんだろう。確かにそんな時期もあった。もう宮崎には正直二度と行きたくはない。
ラグビー以外のことは書いていないだろうか。ページをめくりにめくっているうちに数百ページの中で唯一精神的な言葉が記されている。
『ほとんどの人は努力が足りないわけではない。決意が足りないだけ。お前の日記もいつ終わるかな??笑』

これは今でも鮮明に覚えている。自分が尊敬するコーチに対して、才能を抜きに彼がどうしてABsにまで選ばれうる選手になれたかを聞いた時のブラックジョークであった。
心からそれを欲せられるか。真に勝ちを求めているのか。一流のアナリストに少しでも近づきたいのか。

これは誰にでも適用できると思う。目標の大小はそれを聞いてからあまり意識しないようにしている。ただ、自分で何か目標を立てた以上は”必ず達成する気概”をもつ大切さは少なくとも学べた。ダレるくらいなら簡単に頑張るとは言わない方が良いと思う。ちなみに上述のコーチは試合中内臓が破裂しても最後まで試合に出続けた逸話をもつ。最後は気合なんだろう。気合。テクニカルなことではない。
~~~~~~

以上自分の思いをあまり整理せずに述べてきました。
個人的な反省をしながらやはり最後は改めて周りのご縁に恵まれた時間だったと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。次のステージでも常に初心を忘れず精進します。
この決意の言葉を最後として自分のリレー日記を終えたいと思います。

次は、様々な困難に直面しながら1年間スタッフ長をやりとげたあやのにバトンを渡したいと思います。


 

合宿から合宿へ[ラグビー部リレー日記]

 written by 大石 健人投稿日時:2019/07/29(月) 15:41

現在は怪我中ですが成長著しいじゅんきからバトンを受け取った大石です。

つい先日代表の宮崎合宿を終え駒場に戻ってきました。改めまして、多方面にわたるご支援をいただきありがとうございました。
宮崎の話を少しすると途中豪雨に襲われたものの、とりわけ地鶏・刺身・宮崎牛・マンゴーをはじめとするご飯がとても美味しくラグビー面も含め個人的には一番充実していた合宿でした。

そしてようやく東京に戻り、最近は落ち着いた時間を取ることができるようになってきました。
普段なかなか会えない友人と食事をしたり、ドラマの一気見をしたりとかなりリラックスしています。

ただ、ラグビーに大きな熱量を割けるのも残り5ヶ月です。春シーズンにかけて勝ち星がなく厳しい時期が続きましたが、8月からの合宿を経て最後爆発的な伸びを生む必要があると感じています。そのためにも、この合宿前に自分の思考やチームの現状分析を整理して合宿を迎えたいなと思っています。

まとまりのない文章を読んでいただきありがとうございました。次は、1年生ながらシニアで頑張っている玉代勢にバトンを渡します。

対抗戦まで。。[ラグビー部リレー日記]

 written by 大石 健人投稿日時:2019/03/09(土) 21:36

頼もしい後輩男子スタッフの太田からバトンを受け取りました大石です。

後1日で、合格発表日ということで日々のタフな練習に加えて新歓活動が始まります。沖縄遠征からは20日に帰ってくるので僕も新歓活動は参加できますよ!

ところで皆さん、今年度日本で開催されるラグビーW杯まで後何日かご存知でしょうか?
あの南アフリカを破りラグビーファンに感動を与えてくれた勝利から3年が経ち、ついに残り194日で開幕戦が始まります。
数多くの名選手が来日し、国の誇りをかけた鬼気迫るプレーを目にすることができると思うととても楽しみです。

また同時に、この194日というのは対抗戦までの大まかな残り日数でもあります。(実際はもう少し少ないかもしれないです)
昨年は4勝という目標をなんとか達成し、今年はさらなる大きな目標を掲げました。
選手のみんなが春シーズンの内からきつい練習をしている中、チームを夏ごろまで離れてしまい申し訳ないですが来る対抗戦までに自分の仕事である分析を少しでも磨き、結果に貢献できるように日々頑張りたいと思います。

次は、何回かスモブラで同じ班になった3年FWの寳島にバトンを渡したいと思います。

雑記[ラグビー部リレー日記]

 written by 大石 健人投稿日時:2018/10/10(水) 19:22

オンザピッチオフザピッチ共に快活な前原からバトンを受け取りました3年の大石です。

対抗戦3戦を終え現在の戦績は1勝2敗です。
3戦を軽く振り返ると、今シーズンは春から基礎を重んじて練習に励み対抗戦を迎えました。第1戦の明治学院大戦では惜しくも負けてしまいましたが、昨年103点差で完敗した相手にも関わらず前半まではリードすることができ成長したプレーヤーの姿を目にすることができました。そして第2戦、昨年2位の武蔵大から勝ちをもぎ取ることができ、今後の試合を戦う上でとても大きな1勝となりました。
その一方で、先週末の立教戦では積み上げの差を感じさせられる逃げてはいけない大きな一戦となりました。

私は現在分析スタッフとしてチームに関わっていますが、なかなかこの「積み上げ」を行うのが簡単そうですごく難しいことであると痛感させられることが多いです。
なぜなら、「積み上げ」というのは、適正なゴールに対して、自分の足りないところを見極めながら、妥協せずに努力を重ね続ける必要があるためだと思うからです。努力をすることは皆できますが、それを重ね続けるのはかなりのメンタリティが求められます。1.2年生はまだまだ時間があるので、どのようなプレーヤー、プレースタイルになりたいか明確に意識しながら練習に励み続けると上達が早くなるのではないかと思います。
これはラグビーだけにとどまらず社会に出てからも恐らく同じでしょう。ゴールをどう設定するかは別として、忙しい仕事の中でも自己研鑽を行う方が社会の中で輝いていることが多いというのはよく聞く話です。

自分の残り一年半のゴールは、”日本一の学生アナリスト(スタッフ)としての時間を過ごす”です。
プレーヤーよりもスタッフであれば学生日本一を目指しやすいのでシンプルにこれを掲げていますがそのためには、分析力を高めるのはもちろんのことスタッフだからと言って運動をあまりしないのは良くないことだと深く改心しました。
近頃AppleWatchの新作を購入したところ、ワークアウトをしっかり管理してくれるのでとても感動しています。少なくとも週に3回はこれを付けて走ろうと思います。

次は、1年生ながら対抗戦に出場して頑張っている垣内にバトンを回したいと思います。

これまでとこれから[ラグビー部リレー日記]

 written by 大石 健人投稿日時:2017/11/15(水) 16:43

1年生ながらスイカを着て頑張っている矢野からバトンを受け取りました2年の大石です。
僕以降のリレー日記を4年生が書くということだったので、まだ終わっていませんが今シーズンを少し振り返りたいと思います。



 『入れ替え戦出場』
 春にこの目標を掲げ、部員全員が半年間強きつい練習をやり遂げて迎えた対抗戦。現実には厳しい結果を突きつけられた。初戦から4連敗を喫しチームの雰囲気は最悪、皆がやり場のないフラストレーションを抱えていたと思う。そんな中迎えた学習院戦だったが大雨という悪コンディションの中、後半怒涛の巻き返しを見せ初勝利をようやくつかむことができた。号泣する者も多く見られたこの日を境に、続く上智戦でも勝利を収め選手たちはとても生き生きしたプレーを見せてくれた。
シーズンは終盤にさしかかっているが、真の意味でのチームはまだ始まったばかり。残り1試合、選手たちには死力を尽くし有終の美を飾ってもらいたい。

個人的にシーズンを振り返れば、春にプレーヤーからスタッフに転向し慣れない半年間であったが、とりわけ夏以降はご縁に恵まれ数多くの貴重な機会をいただきとても充実した日々を送ることができた。
あと2ヶ月で頼れる4年生が去ることを考えると心配な部分もあるが、来年の抱負としては面白そうな事案には片っ端から手をつけ、部に新たな風を吹かせることができればと思っている。

最後まで読んでくださりありがとうございます。
次は、東大のスクラムを支え続けた4年の宮原さんにバトンを渡したいと思います。

 
次へ>>

2020年7月

アーカイブ

ブログ最新記事