ブログ 原 虎之介さんが書いた記事

次へ>>

オーラスの内容[ラグビー部リレー日記]

 written by 原 虎之介投稿日時:2019/12/02(月) 11:36

試合中、相手がかわいそうな程ハードなヒットで何人もダウンさせているごたつこと後藤達哉からバトンを受け取りました。同じポジションの先輩として嬉しいような焦るような気持ちでいっぱいです。



 



さて、リレー日記も4年生を除いて最後になりました。どんなことを書こうか悩みました。最近思う将来の不安事や、来年最長学年となる上での思い、ラグビーの次に私生活で大事な麻雀のこと、色々考えた末今回は初めてDLとなって感じたことを書こうと思います。



 



僕は怪我する前までは、DLは自業自得だと思っていました。この3年間、ダウンは欠かさずやってきて、そのおかげでずっと怪我なくやってきました。DLに入っている人はダウンしてるのかな?と思う人が多かったので、完全にケア不足だろ、ただでさえ人数足りないのに…と少し怒りさえも感じていました。



 



しかし、忘れもしない6月13日、コンタクト練習で足を変に地面についてしまい、アキレス腱をきりました。僕は自分が痛がりだと思ってたので痛めた時、死ぬほど痛かったですが、捻挫かな?と思いました。しかし、翌日病院に行くと完全に腱がきれてるねと言われ、実感が湧かず、少しの驚きとなんだか肩の荷がおりた、ホッとした気持ちになりました。



 



チームとして負けが続いていて、イライラしつつも自分がどうやってチームを少しでも勝ちに貢献できるのかと悩んでいた時だったので、正直少し休めると思いました。



 



それまではチームについてひたすら考え、ラグビー命でしたが、自分がもう今年プレーできないと知り、チームの興味も少しずつ減り、youtubeがラグビーの動画でいっぱいだったのが、麻雀や、どうやって異性にモテるかという内容の動画が多くを占めてきました。



 



自分でも心のどこかで情けないと知りつつも、どうしてもどこかラグビーに、チームに燃えることができず、この時に僕が軽蔑してたDLの気持ちがわかりました。もちろん怪我しても戦術を考えたりチームに貢献することはできるし、むしろ怪我人の方がそうすべきです。練習ビデオのフィードバック等はちょくちょくしてますが、怪我する前までの本気さはなく、自分がいかに自己中心かもわかりました。



 



同じポジションの後輩や、未経験から始めた同期が試合で躍動している様や、重い怪我を押しきって試合に出る先輩を見ると本当に情けなさと虚無感でいっぱいでした。



 



しかしよかったことも何個かあります。



1つは怪我人の気持ちがわかったことです。こういった辛い気持ちがわからずに来年をむかえると、どうしてもDLに対する扱いが心ないものとなり、チームの信頼関係はなりたってなかったでしょう。



2つは自分の体がパワーアップしたこと。



LOスポットコーチの石神さんやs&cの林さんと相談し、対抗戦Aのバックローは僕の身長だと少なくとも93キロくらいは必要だと言われ、月2キロずつ体重をふやしています。今92キロになり、上肢の筋トレの数値ものびました。



 



3つはアキレス以外にもより怪我しないような体を作れていることです。今回のことでダウンだけじゃダメだとわかり、寝る前のストレッチや自分の体の硬い部分を知り、のばしたりと万全の体で復帰しようと思います。



 



来年バック5の争いはメンバーや人数という点でとても激しいですが、全く譲る気はありません。



 



復帰直後は体が思うように動かせなかったり、体力が落ちてたりと不安な点もありますが、最終的に僕は僕がライバルと思っている人達をぬかします。



 



以上が僕のリレー日記です。



読んでいただきありがとうございました。



 



次は4年生のスーパーアナライザー、大石さんにバトンを回します。なんとサンウルブズや日本代表の分析スタッフでもあり、今年のワールドカップの日本代表の勝利はほとんど大石さんのおかげといっていいでしょう。イケメンで頭もよく、麻雀が死ぬほど弱いのが玉にキズです。

For the team[ラグビー部リレー日記]

 written by 原 虎之介投稿日時:2019/05/11(土) 14:07

優しさの象徴のような存在の頼れるフロント、角田さんからバトンを受け取りました、原です。



早稲田戦の感想でも書いたが、チームは今ピンチである。一人一人が最大限チームのためにできることをしなければならない。そうしても入れ替え戦にいけるかどうかわからないが、そうしない限りいけないどころか対抗戦惨敗するであろう。3年生は学年mtgで、学年でチームのためにできることを4つ考え、そこだけは徹底することにした。また、一人一人がチームのためにできることを考え一個徹底してすることにした。こうやって段々とチーム全体で一つになってチームのためにできるようになっていき、どれだけ強いチームになるかが楽しみでもある。for the teamとよく言うが、これはきれいごとではなく全員が本当に意識して取り組まなければならない。1.2.3.4年生が一枚岩となれるようなチームをみんなで作っていきましょう。



 



面白い内容ではなかったですが、以上です。



 



次は三銃士にも選ばれなかった、垣内にバトンを回します。

初DL[ラグビー部リレー日記]

 written by 原 虎之介投稿日時:2018/08/23(木) 12:26

マネージャーの仕事を完璧にこなすと噂のスーパー一年マネージャーの愛子ちゃんからバトンを受け取りました、原です。洗濯機の件、申し訳ありませんでした🙇‍♂️

 

 

 

ようやく2週間の長い合宿が終わりました。1年にとっては初の合宿で、もっとしたいというものもあれば、長さに根をあげるものもいましたが僕は去年の3週間の地獄の合宿をのりきってるせいか、今年はものすごく楽しかったです。

 

 

 

僕はあまり怪我をしないことが自慢だったのですが、菅平の初日に初の長期の怪我をしてDLにまわりました。

 

初めての怪我ということもあり、怪我をした時は骨折なんじゃないか、もしかしたらもうラグビーをできないぐらいの大怪我なんじゃないかと心配していましたが、ただのけんさ関節ということで杞憂に終わりました笑なので対抗戦では暴れまわりたいと思います。

 

 

 

さて、今までは日々きつい筋トレやフィットネスを嫌がりながらも遂行しては達成感を得るという一日を繰り返していましたが、DLに入るとまず肩を三角巾で吊っていて、走りもままならない、筋トレも肩を使うベンチプレスやショルダー形はもちろんスナッチなどもできずまわりがどんどん成長していく姿に焦りと不安を感じています。今考えるといくらきつくても何の不自由もなく強くなれるメニューをできることはありがたかったんだなと思います。

 

 

 

ただ、DLに入って良いこともありました。

 

仲の良い後輩とイチャついてられること笑や、自由にトレーニングできるありがたみを知れたこと、自由にできるメンバーよりも強くなって帰ってきてやるという気持ちになり、ラグビーモチベーションがよりあがったことです。

 

 

 

人生では大きな挫折に何回も出会うと思いますが、こんなのは挫折のうちにも入らないようなことなので、余裕でDLライフを乗りきり強くなって帰ってきたいと思います。

 

 

 

次はハンサムな顔立ちを持ちながらも、奇行のせいでしょうみパートの一員の前川さんにバトンを渡したいと思います。

2つの文章[ラグビー部リレー日記]

 written by 原 虎之介投稿日時:2018/05/12(土) 23:08

東大ラグビー部の頼れるエース原からバトンを受け取りました、原です。

 

 

 

今回は初めて最近思ってる真面目なことを書こうかと思います。

 

 

 

まず、今の四年生がとてもチームのことを考えてくれているなとつねづね思います。去年の体制の良かったところを引き継ぎ、直したいところを直し、それだけではなく下級生の意見を自分たちの学年と同様にとりいれて、練習や体制を考えてくださっていて、ラグビーのスキル面で東大に足りないところはその分野の専門のコーチを呼んでくださったり、専門のs&cコーチを呼んでくださったりしています。今ぼくがのびのびとラグビーを楽しめているのは四年生のおかげです。

 

 

 

また、四年生だけでなく、三年生や同期も練習中にアドバイスをくださったり飯に連れてってもらったり、授業で助けてくれたり、深津さんやかわでさん、やすとさんも無償でコーチをして、僕ら色々に教えてくださったり、お金の面で家族やOBの方々に支援してもらい本当にぼくは恵まれていると思います。

 

 

 

普段は照れくさくて言えませんが、この場を借りて感謝の意を表したいと思います。

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

僕はこの4年間死ぬ気でラグビーをし、チームに少しでも貢献できるように頑張るつもりなのでこれからもよろしくお願いします。

 

 

 

次は僕と張り合えるくらいの顔面偏差値をもつ江崎さんにバトンを渡します。

2つの文章[ラグビー部リレー日記]

 written by 原 虎之介投稿日時:2018/05/12(土) 22:59

僕は藤井からバトンを受け取る間に2つの下書きを書いてしまったので2個更新したいと思います。

 

僕のことが大好きな藤井からバトンを受け取りました、原です。



 



僕は運良く先輩の怪我のおかげで一年の頃から対抗戦に出ることができました。正直、その時は自分のことをすごいプレーヤーだと思っていたし、また、4年になるまでに棚橋さんや松永さんのようにあの人はすごかったと語り継がれるような人になりたいと思っていました。



 



しかし、今シーズンになって東大ラグビー部は頭を使った、組織的なプレーを意識して練習も単調なものではなくfwとbkのリンケージなどがとても重視されるようになりました。今までは自分は積極的にボールをもらいにいき、とにかくあたったりずらしたりでゲインを切ることを意識していましたが、まわすべきところはまわしたり、チームメイトのダブルドライブのサポートをしたりと、自分中心で考えるのではなくチーム中心に考えなきゃいけなくなり、一年生の時とは違う状況に戸惑い伸び悩んでいました。



 



しかし、ふと、本当に良いプレーヤーとは一番うまいプレーヤーではなく一番チームのためにつくせる人ではないか、棚橋さんや松永さんもそれができているから語り継がれてるのではないかと思うようになりました。



 



そういう意味ではプレーヤーだけでなくDLもスタッフも良いプレーヤーになりうることができるのではないか、そして全員がチームのために、勝利のために動いて初めて対抗戦で勝てるのではないかと思います。



 



なので僕はこれからDLに入ることがあっても、治らない怪我でスタッフにまわったとしても東大ラグビー部のために動いていこうとおもいます。



 



長々とこの文章を読んでいただきありがとうございました。



 



次は東大ラグビー部の人気者、原にバトンを渡します。

次へ>>

2020年2月

<<前月翌月>>
2020/02/24(月) 00:39
控室から舞台袖へ
2020/02/22(土) 18:56
プロ野球のキャンプから考えたこと
2020/02/19(水) 23:46
TURFC2020 Start!
2020/02/19(水) 23:28
心の持ち方
2020/02/17(月) 21:10
Be stoic.
2020/02/11(火) 23:08
失敗から学ぶ
2020/02/06(木) 22:20
Enjoy!!
2020/02/04(火) 18:50
PAX~It's so wonderful day~
2020/02/01(土) 00:07
Feel Invincible

アーカイブ

ブログ最新記事