ブログ 豊田 広祐さんが書いた記事

前を向いて[ラグビー部リレー日記]

 written by 豊田 広祐投稿日時:2012/12/15(土) 16:09

4年の豊田です。
久しぶりにリレー日記が回って来ました。
岡崎の紹介にもありましたが他の4年生に先駆けて先月卒論を提出しました。
内容はともかくなんとか提出することができてひと安心しました。
が、我が工学部航空宇宙工学科には卒業設計という最後の難関があります。これは航空機や宇宙機、推進機(エンジン)を一人一機設計して実
 
際に図面を書くというものなんですがむしろ卒論より大変なんじゃないかと思ってます。
 
さて対抗戦も終わり、今は京大戦へ向けての練習を行なっています。
幸いにして秋シーズン増えていた怪我人も対抗戦後のオフが明けるとほとんどが戻ってきて充実した練習が行えています。
僕が1年生の頃には人が足りなくてOBの方にも京大戦への出場をお願いしていたのを覚えていますが今年は人数が増えたことで京大戦で全員
 
がジャージをもらうということができなくなりました。
そのため、日曜日には京大戦でのAB37人のセレクションを目的に部内マッチが行われます。
いまは部員全員が京大戦の出場をかけてこの部内マッチに照準を合わせているのが伝わってきます。
僕自身センターは怪我人の復帰で激戦です。
まずは京大戦でスイカの12を着けられるよう部内マッチに全力で臨みます。
 
そして部内マッチが終わるといよいよ京大戦まで1週間です。
国立大学相手に東大は必ず勝たなくてはならない。よくOBの方々にも言われる言葉です。
京大は僕達と同じ国立大学であり置かれている環境は同じでしょう。
だからこそ、金子コーチがよくおっしゃていますが、負けてはいけない。
春を振り返ると残念ながら今年の国立大相手の定期戦成績は東北大には勝利したももの防衛、名古屋、九州に敗れ、そして秋を振り返って対
 
抗戦を見れば一橋に勝利したのみという当初の目標「全勝」からはかけ離れた散々な結果に終わりました。
結局今年のシーズンで目標としたことは何一つ達成できなかった。
首脳陣の一人として対抗戦を終えた今、その責任をひしひしと感じています。
最後に何かを残さなければ僕らがやってきた1年間は否定されてしまう。
自分をなんとか納得させるためにも最後の京大戦はなにがなんでも勝利という結果が欲しい。
他の4年生が先にも言っている通り、京大戦は僕達に残された最後のチャンス。
その機会が与えられていることに感謝して、前を向いて個人としてもチームとしても今季のベストゲームを目指して最後の1週間を大事に過
 
ごしていきたい。
 
やっぱり僕は文章を書くのが苦手です。
本当にまとまりの無い文章で申し訳ありません。
やはり文系の卒論を書いている方々は違いますね。
 
次の日記は今季BKリーダーとして力を貸してくれた3年の川島君にお願いしたいと思います。
 
豊田

悔しさを糧に[ラグビー部リレー日記]

 written by 豊田 広祐投稿日時:2012/06/11(月) 13:43

更新が遅くなってしまい申し訳ありません。
まだ前回書いてからあまり日がたっていないつもりだったので油断してました。
こんにちは、4年生の豊田です。今年度副将を務めています。
 
昨日は防衛大学校との定期戦が駒場のグラウンドで行われました。
関東も梅雨入りをしたということで天候が危ぶまれましたが、土曜日と日曜日は試合が終わってから雨が降ったものの、奇跡的にも試合は天候に恵まれました。
 
今年度のシーズン当初に行われたミーティングで、春のターゲットとして防衛大と九州大には必ず勝つんだという目標を我々は掲げました。
この2校にはここ10年以上もの間勝利がなく、何としても今年この流れを断ち切って一つ上のレベルに上がらなくてはならない。
今年を転換期にするんだという思いを込めた目標です。
 
そして昨日、その1戦目を迎えました。
結果は敗戦です。
 
細かい反省はたくさんあります。チームとしても個人としても。
それは今後一つずつ地道につぶしていかなくてはなりません。
でもそれよりも勝てなかったという事実がとても悔しいです。
4年生になって目標にしていた試合で負ける、もうそれを自分のチームで取り戻すことはできない。
その意味というのを昨日の試合で思い知らされたように思います。
絶対に勝たなければならなかった。
絶対に勝つ自信もあった。
そして確実に勝って終えることのできているはずの内容だった。
それでも勝つことはできなかった。
やはり勝ちきることはとても大変なことなのだと痛感しました。
 
7月8日の九州大学との試合。
春シーズンの最終戦であるこの試合には必ず勝たなければなりません。
これも残り一カ月を過ぎてしまいました。
この悔しさを糧に、また明日より練習に励みシーズンをいい形で締めくくれるよう全力を尽くしたいと思います。
 
少々重苦しい感じになってしまって申し訳ありません。
あまり文章を書くのが得意ではなく読み苦しいものとなってしまいましたが読んでいただきありがとうございました。
 
次のリレー日記ですが、同じポジションの後輩で楽しい日記を書いてくれそうな2年生の川本君にお願いしたいと思います。

セブンス[ラグビー部リレー日記]

 written by 豊田 広祐投稿日時:2012/04/16(月) 12:15

なかなか桑江がリレー日記更新しないなぁーとおもっていたら思わぬとばっちりを食らっていました。
桑江と同居していることを後悔している(笑)4年の豊田です。今年度副将を務めております。
このルームシェアももうあとわずか8カ月余り...まだまだけっこう長いですね...。

リレー日記の更新を楽しみに待っておられた方々、私の同居人が大変な失礼をいたしまして申し訳ありません。
ぼく自身、このリレー日記の場で勧誘隊長である桑江が持ち前の話術を駆使した素晴らしい文章で、我が東大ラグビー部の魅力を新入生に伝えるのだろう期待していたのですが...(おそらく川島君もそれを期待して桑江に回したのではないでしょうか)。そんな周囲の期待にこたえることなく我が東大ラグビー部の貴重な発信の場であるリレー日記の放置という暴挙に及んだ桑江は到底許されるべきではありません。この件に関しては広報委員より何らかの罰が桑江に下されることでしょう。
松永に重ねて、また部を代表してお詫び申し上げます。

さて、昨日は新入生によるセブンス大会が開催されました!
今年もたくさんの新入生が駒場のグラウンド来てくれて、全4チームによるリーグ戦が行われました。
足の速さを活かして広いグラウンドを駆け抜けていく新入生、華麗なステップワークでディフェンスを抜き去っていく新入生、自らの体重を活かして相手を引きずって前進する新入生、未経験なのにナイスタックルをかます新入生などなど見ている私達も非常に楽しませてもらいました。
私はラグビーの一番の魅力はプレーの幅が広くて、多くの選択肢の中からその状況で最も自分の強みを活かせるプレーを自由に選択できることにあると思っています。ですがこの魅力はなかなか言葉で伝えることが難しく、やはり実際にやってみることでしか分からないものだと思います。昨日来てくれた新入生のみんなにはラグビーの面白さを感じてもらえたのではないでしょうか。
皆さんとともにラグビーができることを楽しみにしています。

新入生のセブンス大会の一方、今週末には対抗戦Bグループのセブンス大会も駒場で行われます。
これは対抗戦B に所属する全8チームが駒場に集結する非常に大きな大会であり、初めての試みでもあります。
対抗戦全勝を今年度の目標に掲げている我が東大ラグビー部ですが、このセブンス大会でももちろん優勝を狙っています。そのため最近では練習の中でセブンス用に選抜された部員同士によるセブンスマッチが毎日行われていて私もこれに参加しているのですが、いままで10年以上ラグビーを続けてきた中でもセブンスに本格的に取り組んだことはなく、試行錯誤を続けています。
スペースが広く、15人制ではなかなかできない思う存分にスペースに走って仕掛けるということができて新鮮で面白い反面、やはり人数の少なさから常に動いていなくてはいけないので体力的な部分はまだまだですし、これからの1週間で成長しなくてはと感じています。
ぜひ日曜日にはグラウンドへ足を運んでいただき、多くのご声援をよろしくお願いいたします。

さて次のリレー日記ですが、中高の同期であり、この前の桐朋高校ラグビー部の同期会では彼ほど自分の言葉に責任をもたない人は存在しないという結論に至り、それを体現するかのように昨年この時期のリレー日記でバイトする宣言をしたにもかかわらず全くその気配すら出していない梶川君にお願いしたいと思います。


3人暮らし[ラグビー部リレー日記]

 written by 豊田 広祐投稿日時:2011/11/17(木) 21:03

ちょっと前まで暖かかったのに最近一気に寒くなりましたね。毎朝家を出るとまだ薄暗いのも相まって寒さに凍える思いをします。申し遅れました、毎年必ずこの時期に風邪ひいてのどの激痛と止まらない咳に悩まされ、そして声もかすれてしまうほど季節の変わり目に弱い3年の豊田です。印藤さんからバトンをいただきました。今年こそ風邪をひかずに冬を乗り切りたいです。更新が遅れてしまっ
て申し訳ありません。
 
 
印藤さんの日記にもあったようにぼくはいま本郷キャンパスにほど近い湯島にあるマンションの去年まで印藤さんが暮らしていた部屋で同期の桑江君と鈴木君とともに日々生活を送っています。この部屋は東大ラグビー部の青山部長やOBの方々の支援のもとで部員が毎年入れ替わりつつ暮らしています。いわゆるルームシェアですね。今回はこの家の生活のことでも書いてみようかなとおもいます。


まず男3人暮らし,しかもラグビー部ともあって自炊なんかしないでさぞ偏った食事をしてるんだろうと思われるかもしれません。自分で言うのもなんですが、意外にもご飯はちゃんとつくってます。レポートだとかで忙しいときは自分で作らなくても他の2人(おもに桑江君)が作ってくれて全く何もしなくてもご飯が出てくるなんていう実家みたいな素晴らしいことも起きます。ほんとここはルームシェアをしてて助かったと思います。最近は寒くなってきて3人で鍋をつつく機会が増えつつあります。今日も井上君が鍋を食べに来てます。しかし、はじめは湯島のシェフになると豪語していた桑江君に最近その勢いがなくなってしまったことが残念です。桑江君はエンターテイメント係もやるって言ってたんですけどね。どうしたんでしょう。
 
 
さて鈴木君ですが基本的に部屋で昼寝するかパソコンいじってるかのどっちかですね。たまにパソコン見ながら大爆笑してるのが隣の自分の部屋まで聞こえてきます。しかし素晴らしいご両親により、お米を始めこの家にほんといろいろなものを提供してくれるためぼくと桑江君は彼に頭が上がりません。ゆうしのご両親、本当にありがとうございます。
 
 
しかし、さすがに男3人なだけあって放っておくとどんどん部屋がよごれていきます。歩いてると足の裏が半端なく汚れます。でも練習に加えて授業があったりすると掃除するのも億劫でついついさぼっちゃんですよね。この前なんかは満杯に詰まったゴミ袋が2つしばらくリビングにおいてあって悪臭を放ってました。さすがにみかねて掃除をはじめたらさらにゴミ袋1袋分くらいのゴミがあつまってびっくりしました。
 
 
こんな感じで3人で暮らしてます。なんだかんだで楽しくやってます。あと1年はこの3人で暮らしいくことになるでしょう。2人ともあと1年よろしく。ぼくのこの家での過ごし方なんかは2人のどっちかがそのうちリレー日記で語ってくれることでしょう。自分からはあまり言わないでおきます。
 
 
さてさて、話は一気に変わりますが早いもので対抗戦も残り1試合、一橋戦を残すのみとなってしまいました。一橋といえばぼくの母校である桐朋高校と同じく国立にあって、高校時代は何回か合同練習もさせていただきました。そのときは大学生のするラグビーの速さとダイナミックさに驚いたのを覚えています。今では高校時代の同期と2コ下が一橋でラグビーをしています。同期は聞くところによると一橋のFWにとって不動の3番としてなくてはならない存在となっているらしいです。高校時代の彼からは想像もできません。そんな彼と試合ができる、久しぶりに6年間通った国立に行ける、今度の一橋戦は楽しみでなりません。必ず勝利して対抗戦を終えられるよう頑張ります。

次回ですが、このマンションによく遊びに来る、最近iPhone4Sを手に入れて3年物のガラケーを使っている私からは想像できないほど時代の最先端を突き進んでいる大熊君にお願いしたいと思います。
 
 

新歓コンパ[ラグビー部リレー日記]

 written by 豊田 広祐投稿日時:2011/04/15(金) 13:36

はじめまして、今回リレー日記を担当することになりました3年の豊田です。加子君の紹介にもありましたが東大ラグビー部には桐朋高校での同期が2人いて、梶川君とは中学から、荒巻君とは高校から同じチームでプレーしています。桐朋の後輩も毎年東大にチャレンジはしているもの残念ながら合格には至っていません。来年こそは後輩が入ってきてくれるものと信じています。

さて、4月に入ってからすでに2週間が過ぎてグランドの横の美しい桜並木も多くが散り、変わって木々の緑が目立つようになってきました。今日の練習中も桜吹雪で前がよく見えないような場面もあり、またグランドには桜のじゅうたんができていて季節の移り変わりを感じるところです。このように周りの風景の美しさや変化に気づけるのも朝練だからこそだとおもっています。そんな中で新入生の皆さんも大学生としての新しい生活にだんだんと慣れてきたのではないでしょうか。ラグビー部では4月に入ってから新入生向けにいくつかイベントを行ってきていますが、その中でも大きなものであった11日の月曜日に生協2階で開かれた新歓コンパには実に多くの新入生に参加していただくことができて部員一同とてもうれしく思っています。

新歓コンパは現役部員によるポジション紹介によってラグビーの魅力を伝えることから始まりました。多くのポジションがあってそれぞれ求められる能力が異なる中でもある程度自由にプレーすることができるとゆうのはラグビーのもっとも大きな魅力の一つだと自分は考えています。その中で僕もCTBの紹介をさせていただきました。その後には毎年恒例のビンゴ大会が開催され、多くの景品を巡って盛り上がりました。最後には今年度の東大ラグビー部PVのお披露目が行われました。僕自身、今年度のPVを見たのはこの日が初めてでしたがとても素晴らしいものでした。新歓コンパに参加できず見ていない新入生の方がいたら新歓のページで公開しているのでぜひ見てください。一見の価値ありです。

こうして約2時間の短い会ではありましたが無事に新歓コンパを終えることができました。ラグビー部ではこれからも17日のセブンス大会や23日のチャリティーイベントをはじめ多くのイベント行っているので新入生の方はぜひラグビー部に足を運んでみてください。

あんまうまい文章は書けないのでこの辺で終わりにしたいと思います。次回は最近僕のことをかっこいいですとか尊敬しますとか言ってくれちゃうかわいい後輩の永田武君にお願いしたいと思います。どうやら最近いいことがあったみたいですよ。 

2019年10月

<<前月翌月>>
2019/10/19(土) 14:43
スイカ
2019/10/18(金) 12:01
『やりがい』
2019/10/15(火) 22:13
ブレイクスルー
2019/10/14(月) 21:04
 We make circumstances.
2019/10/13(日) 10:46
2浪
2019/10/11(金) 22:05
映画のある生活
2019/10/07(月) 00:00
やりたいことリスト
2019/10/03(木) 15:10
「心を整える。」
2019/10/02(水) 22:57
そういうとこやぞ

アーカイブ

ブログ最新記事